東京新聞杯2019結果・優勝馬はインディチャンプ

 

強い世代。

 

連勝により注目された

1番人気のインディチャンプが

勢いそのままに弾けて見せた

東京新聞杯2019。

 

明け4歳馬の活躍が目立つなか

徐々に力を蓄えてきた

新たな注目4歳牡馬による

重賞初戴冠劇でした。

 

出遅れスタートになったことで

序盤は後ろからになりましたが

福永騎手が慌てず捌いて

巻き返しに見事成功。

 

そんな一戦となった今回の

東京新聞杯2019の結果

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<東京新聞杯2019予想・印&買い目>

◎ロジクライ

〇インディチャンプ

▲タワーオブロンドン

☆レッドオルガ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

<東京新聞杯2019結果>

優勝馬・・・インディチャンプ(〇)

2着馬・・・レッドオルガ(☆)

3着馬・・・サトノアレス

(◎9着、▲5着)

払戻金・・・ワイド630円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆様、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ロジクライは9着でしたが・・・

 

それでは今回の一戦を

振り返って参りましょう。

 

まずスタートですが・・・

 

 

内で人気のインディチャンプと

外でレイエンダがやや立ち遅れます。

少しバラッとした飛び出しで

各馬ポジションを取りに行きます。

 

まず先手を奪っていったのは

予想通りショウナンアンセムで

これにロジクライが続いて

ヤングマンパワーも前につけました。

 

 

前半の800M通過は

45秒7というラップで

予想を覆す速い流れで

ミドルハイペースになりました。

 

このあと直線を迎えるまで

脚を溜めていたロジクライでしたが

思いの外速くなったペースに

スタミナを削がれてしまいました。

 

 

直線では一旦抜け出した

本命◎ロジクライでしたが

インディチャンプ(矢印)が中を割って

一気に抜け出しを図ります。

 

そうして前が入れ替わると外から

レッドオルガが鋭く差し込み

最内からは昨年2着の

サトノアレスも強襲しますが・・・

 

 

最後まで脚を余すことなく

伸びきったインディチャンプが優勝。

初重賞制覇を3連勝で

鮮やかに飾りました。

 

それにしても強かったです。

 

初の東京競馬場で

速い時計での走破でしたし

出遅れながら立て直されての

見事なレース運びでした。

 

ラップも緩みが全く見られず

1秒2もレース上がりを上回って

決め手も一枚上に感じる

33秒5の上がりでした。

 

今回はペースが読み切れずに

走破タイムも速かったですが

インディチャンプの適応力には

感心しきりの一戦でした。

 

また買い目は先週の敗戦から

ワイドボックスを選びましたが

軸を立てにくい一戦でもあり

これが功を奏しました。

 

思ったよりレッドオルガの人気が

あったなあとは思いましたが

ワイドですし配当としましては

納得のはしくれでした。

 

それではここからは当ブログ名物

馬体診断に参りましょう。

パドック速報「パドックロード」の

印は以下の通りでした。

 

 

◎3着→▲5着→〇8着→☆9着でした。

 

それでは早速上位入線の

各馬の馬体を見ていきましょう。

 

 

まず優勝馬インディチャンプです。

 

今回最大に驚いたことは

同馬のスピードの持続力で

パドックでは全く見抜けないまま

無印にしてしまいました。

 

◎を打ったサトノアレスの

後ろでこじんまりと歩いており

筋肉の張りも良くは思えず

「これはないな」と思っていました。

 

同馬はパドックでも好走時は

いつも良く見せるタイプですので

尚更今回の見た目では

手が出せないところでした。

 

ですが「もしかすると?」

と感じられたのは

福永騎手が跨ったときに

はにかんだような笑顔を見せて

背中が良いと伝わったことです。

 

こういう経験は普段少なく

実績も持ち合わせていないため

正確に見極められていれば

あるいは・・・

というところでした。

 

 

2着馬はレッドオルガです。

 

同馬はやや冬毛気味とはいえ

筋肉の量は申し分なく

もう少し張りが冴えていたなら

印を回せるところでした。

 

相変わらずバランスに優れていて

落ち着きもあり闘志を秘めており

このメンバーの中にあっても

気後れは感じられませんでした。

 

相対評価ではしくれとしては

他馬を上位にとりましたが

特段何か悪いところがあって

印を下げたのではありません。

 

いつもお腹周りが絞れていて

瞬発力のある馬体をしています。

東京マイルの舞台設定も

この馬にはピタリという感じです。

 

 

最後3着馬はサトノアレスです。

 

同馬は昨年の当レースで

2着と実績を残していますが

やはり東京マイルの舞台は

得意だなと感じています。

 

今回は昨年の仕上がりよりも

更に良化してボリュームアップし

毛づやもピカピカで1頭だけ

特に輝いて見えました。

 

レースではあまり近年来ていない

最内枠からということもあり

インを突いて内ラチ沿いから

一気の追い込みを狙いました。

 

もう少し適度な中枠で

流れに乗れれば最高でしたが

好仕上がりに違わぬ走りで

3着を確保してくれました。

 

衰えは全く見られませんし

冬場も得意にできる馬です。

これからも特にこのコースでは

注目したい1頭です。

 

ということで・・・

 

当ブログ予想は3週連続

不的中を重ねていましたが

この東京新聞杯2019は

的中という結果でした。

 

またパドック予想は本命に推した

サトノアレスが3着とはいえ

相手が選び切れなかったのが

残念なところでした。

 

データ、パドック予想共に

更に上達を目指しますので

当ブログ予想をこれからも引き続き

よろしくお願い申し上げます。

 

それではまた来週の無料予想も

お楽しみになさって下さい。

的中に向かいこれからも真摯に

予想に取り組みたいと思います。

 

*波乱のきさらぎ賞2019◎1着→☆2着でワンツー。

はしくれの速報「パドックロード」

パドックロード(2019)2月度会員募集中!

をご覧下さい。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です