JBCクラシック2018結果・優勝馬はケイティブレイブ

 

制する力。

 

帝王賞優勝実績を持ち

昨年の当レースでも2着と

古馬の中でも安定していた

優勝馬ケイティブレイブ。

 

ですがその実績を紐解けば

中央重賞では未勝利と

意外な足跡を刻んできたのが

これまでの同馬でした。

 

長らく手綱を取り続けてきた

福永祐一騎手も嬉しい

古馬の力を存分に見せつける

貫禄の走りで優勝。

 

同騎手のインタビューも

パートナーに対する厚い信頼

勝利への手応えが確かに

感じ取れる内容でした。

 

そんな人馬の一体感で

幕を閉じたJBCクラシック2018を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<JBCクラシック2018予想・印&買い目>

◎オメガパフューム

〇サンライズソア

▲ケイティブレイブ

☆テーオーエナジー

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し各100円。計400円。

 

それでは結果です。

 

<JBCクラシック2018結果>

優勝馬・・・ケイティブレイブ(▲)

2着馬・・・オメガパフューム(◎)

3着馬・・・サンライズソア(〇)

(☆テーオーエナジー7着)

払戻金・・・ワイド340円、280円。

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎オメガパフュームは2着・・・

あと少しまで追い詰めましたが

勝ち馬が強かったです。

 

それでもしっかり的中したため

プラスを計上できた今回

同馬の走りに感謝しながら

振り返りたいと思います。

 

ではまずスタートですが・・・

 

 

大体揃った飛び出しになりました。

優勝馬ケイティブレイブは中々

好スタートを決めています。

 

ここから誰が逃げていくのか

注目が集まりましたが・・・

内からサンライズソアが主張し

テーオーエナジーらが続きました。

 

 

赤丸で囲ったケイティブレイブは

中団の外を回り

進路をきっちり確保しながら

道中で折り合っています。

 

各馬ポジションが落ち着いてきた

最初の1000Mの通過は

61秒0(推定)というタイムで

大体ミドルペースになりました。

 

中でも先頭を進んでいた

ルメール騎手のサンライズソアは

1番人気にも関わらず

果敢に先行して行きます。

 

 

最後の直線に入ってもなお

サンライズソアが粘りますが

4コーナーから外を捲ってきた

ケイティブレイブが並びかけます。

 

この直線の攻防では

まずサンライズソアを競り落としますが

すかさず今度はオメガパフュームが

大外を強襲しました。

 

内のケイティブレイブか

それとも外のオメガパフュームか

競り合うようにこの2頭が

ゴールに飛び込んで来ましたが・・・

 

 

最後はきっちり防ぎ切った

ケイティブレイブの勝利でした。

 

前走・日本テレビ盃では

58kgを背負って差し切り

ダート中距離にこの馬有りという

貫禄を見せましたが・・・

 

この一戦も更なる強豪相手に

素晴らしい勝利でした。

 

これで同馬は中央重賞

未勝利からの脱却を果たし

充実期をアピールするのに

充分な結果を残しました。

 

また

はしくれの「パドックロード」

印は以下の通りでした。

 

 

〇2着→▲3着→◎5着→☆12着です。

 

それでは早速馬体診断

行って参りましょう。

 

 

まず優勝馬ケイティブレイブですが・・・

 

はしくれは今回同馬を

無印にしてしまいました。

心なしかやや太いように

見えたのがその原因です。

 

同馬は馬体に厚みが有り

良質な筋肉を備えていますが

いつもはもっときっちりとした

仕上げが印象的な馬でした。

 

今回は特に柔軟性に

重きが置かれた仕上がりで

この部分をどう捉えるかで

非常に悩んだところでした。

 

結果として今まで以上に

走れる状態にあったということで

「旬を越えた旬」だったのだなと

今は解釈しています。

 

特に同馬はダート馬ですので

この変化には本当に驚きです。

硬いところが全くなく

学ばせられる仕上がりでした。

 

 

そして2着馬オメガパフュームです。

 

同馬は前走で既に馬体が

完璧に仕上がっていましたし

今回はそれが維持されているか

その点が注目でした。

 

結果として微妙に太く見え

2番手の印を打ちましたが

これだけのメンバー相手に

立派に戦ったと思います。

 

馬格はそれほどありませんが

せり出た筋肉が特徴的で

決してスケール感を見ても

劣るところはありません。

 

切れ味のあるタイプですから

あと少しが絞れれば尚良いです。

まだ3歳でもありますから

引き続き期待できる馬でしょう。

 

 

そして3着馬サンライズソアです。

 

同馬は予想時

JBCクラシック2018予想・本命はオメガパフューム

でもお伝えした通りですが

いつもパドックの内側を

うろうろしているのが特徴です。

 

毎回これで走りますから

馬体のつくりさえできていれば

特に問題はないと捉えて

パドックに臨みました。

 

良いときはツヤが眩しいくらいに

ピカピカになる同馬ですが

今回はそれほどではなかったので

3番手評価でした。

 

それでもきっちり3着に入り

馬券内には残りましたから

狙われる展開と合わせて

力のある証拠です。

 

これからも今回くらい

仕上がっていれば十分走るでしょう。

 

と、言うことで・・・

 

このJBCクラシックでは

データ予想が上でしたが

スプリントでは本線のワンツーで

勝負ありの一日となりました。

 

 

GⅠのファンファーレを聞くたびに

快感に浸る一日でしたが

個人的にはとても楽しく

感じられる一日となりました。

 

この先ダートは冬の本番へ

ビッグレースが目白押しですが

更に先を目指す各馬の

活躍に注目して行きましょう。

 

それでは☆

 

*ダートのメッカ

地方競馬ってなに?

という方に・・・

地方競馬は面白い!

どうぞご覧ください。

 

パドックロード(2018)11月度会員募集中!

はしくれのパドック予想をあなたに。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「JBCクラシック2018結果・優勝馬はケイティブレイブ」への2件のフィードバック

  1. パドック前の予想が
    ◎ケイティブレイブ
    ◯オメガパフューム
    だったのですが
    パドックを見てケイティブレイブはプラス10キロが示す通り腹ポテだなと感じて評価を落とし、デキのよさそうなオメガパフュームの単勝で勝負してしまいました…
    あの腹で勝ちきってしまう馬もいるのか…と自分の感覚の修正が必要なようです。
    2歳戦は調子が良いですが重賞も当てたいものです。
    頑張りましょう♪

    1. ろーえんぐりんさん、ありがとうございます(*^^*)
      はい!はしくれも同じくあのお腹には惑わされました・・・。
      オメガパフュームは安定して走りそうなので本命でも良かったのですが、
      サウンドトゥルーも勝負仕上げではしくれはそちらを上位に取りました。
      インを突いてきた鋭い脚は見ごたえがあったのですが(^^)
      はしくれも本当にびっくりしていて、相馬の奥深さを実感しています。
      特にケイティブレイブにはこれからも注意が必要ですね、お互い頑張りましょう☆

      そして、2歳戦好調ということでおめでとうございます(^^)
      今年も良い馬が一杯いますよね。
      明日公開のコラムでグランアレグリアにも注目しますので、ご覧いただければ幸いです☆
      ありがとうございます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です