天皇賞秋2018結果・優勝馬はレイデオロ

 

黄金の王。

 

天皇賞秋2018の

勝者に輝いたレイデオロですが

その名の通りの強さを見せて

中団から一気の差し切り。

 

1週前の調教では

一頓挫が報じられましたが

陣営のコメント通りに

問題のない仕上がりでした。

 

名伯楽・藤沢調教師も

仕上げやすかったという今回

一戦叩いた上積みを確かに

感じられる仕上がりでした。

 

それではそんな王者の威厳を

見せつけた天皇賞秋を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<天皇賞秋2018予想・印&買い目>

◎レイデオロ

〇サングレーザー

▲スワーヴリチャード

☆ステファノス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー〇▲☆各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<天皇賞秋2018結果>

優勝馬・・・レイデオロ(◎)

2着馬・・・サングレーザー(〇)

3着馬・・・キセキ

(▲10着、☆9着)

払戻金・・・単勝310円、ワイド640円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎レイデオロが優勝・・・

 

それでは早速この一戦を

回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

なんといきなり1番人気の

スワーヴリチャードが最後方に。

これには近くにいたファンからも

落胆の声が漏れます。

 

ざわめく場内の雰囲気をよそに

各馬がポジションを取りに行きますが

明確な逃げ馬が居ない

戦前からのスロー予想です。

 

序盤は非常に注目されましたが

外の10番キセキがきっちり

先頭を主張しました。

 

 

このキセキが坦々と逃げて

1000m通過は59秒4。

この時点で「ミドルだー!」と叫んだ

おじさんがいましたがスローペースです。

(赤丸は優勝馬レイデオロの位置取り)

 

この日の馬場は高速馬場で

前後2秒差のラップ差。

終わってみればスローな流れを

川田騎手が見事に作り出しました。

 

 

このため最後の直線になっても

キセキの末脚は中々止まらず

2番手から追いかけてきた

アルアインも捉えきれません。

 

そうこうする内赤丸で囲った

レイデオロのエンジンが点火し

それを目がけて目一杯溜めた

サングレーザーも追いかけてきます。

 

粘るキセキが頑張り切るのか

それとも差し脚が届くのか・・・

緊張の瞬間でしたが

レイデオロが差し切りました。

 

 

走破タイムはレコードに迫る

1分56秒8。

金曜~土曜の降雨もまるで

影響はありませんでした。

 

最後の1ハロンが12秒0で

進出のタイミングが鍵でしたが

やはりルメール騎手の手綱は

冴え渡っていたと思います。

 

 

優勝後のインタビューでは

最終レースも「頑張らなきゃ」と答えていましたが

ルメール騎手は連勝を果たし

2着もまたモレイラ騎手でした・・・

 

また

後方からの競馬になった

スワーヴリチャードには苦しい流れでした。

 

今回の決め手は「対応力」だと

天皇賞秋2018予想・本命はレイデオロ

でもお伝えした通りですが

上位に選んだ2頭がそのまま

ワンツーという結果でした。

 

やはりスワーヴリチャードの臨戦過程は

少し厳しいように見えました。

モーリスが当レースを制した時も

札幌記念を使っていますし・・・

 

前がそんなに流れないメンバーで

中距離戦でもありますから

マイルの安田記念からの影響も

少なからずあったと思います。

 

そして恒例の馬体診断ですが・・・

パドックロードの印

以下の通りでした。

 

 

〇1着→☆4着→▲9着→◎10着です。

 

パドックでの本命◎は

スワーヴリチャードを選んだはしくれ・・・。

かなり迷ったところでしたが

その理由も後述して参りましょう。

 

 

まずは優勝馬レイデオロです。

 

同馬は見るからに柔軟性に富み

ツヤもピカピカで好調でしたが

何分2人引きで胸前が

確認しづらいのがネックでした。

 

それ以外はほぼ万全と言える

状態だと判断しましたが

休み明けのスワーヴリチャードの方も

十分な仕上がりに見えました。

 

現場の比較では甲乙つけ難く

悩み抜いて印を打ちましたが

スワーヴリチャードの大敗には

さすがに驚きを隠せませんでした。

 

レイデオロは藤沢厩舎らしく

ふわふわ感たっぷりでまぶしかったです。

天皇賞秋6勝目という

師の腕には感服致しました。

 

同馬の母父シンボリクリスエスも

仕上がっていたレースでしたね。

 

 

そして2着馬サングレーザーです。

 

同馬は当ブログ予想では

対抗〇の評価でしたが

パドックでは良く見えずに印を

他の馬に回しました。

 

前回・札幌記念で完璧に

仕上がっていたことからも

今回の仕上げでは厳しい

個人的にはジャッジしました。

 

少しやせたように見えましたし

ツヤも前走ほどは良くなく

これで走るの?

正直不安になるくらいに見えました。

 

結果的にこれで良かったと

いうことになりましたが

同馬は常に良く見せるので

今回は本当に意外でした。

 

まだまだ相馬の高みがあるなと

感じている次第です。

 

 

3着馬はキセキです。

 

同馬は前走時よりもお腹が

きっちり絞れて良くなりました。

柔軟性も感じられましたし

東京向きの胴長体型でした。

 

アルアインの筋肉の張りを

上位にとって5番手でしたが

スタミナを活かす先行策で

結果を出したのも納得です。

 

川田騎手の好騎乗も

後押ししたこともありますが

まだ良くなり切っていないことから

更に上昇も有り得るでしょう。

 

それから今回は最後にひとつ

パドックの講義をひとつ・・・

 

 

画像は放馬で除外になった

ダンビュライトのパドックです。

 

同馬はパドックの周回時はまだ

そこまで異常がなかったのですが

最終周にかけて明らかに

馬場入りを嫌がる素振り

を見せました。

 

時々こういうシーンが見られるのも

パドックの特徴ですが

馬体も7~8割程度の仕上げで

屈強なメンバーが揃った今回。

 

何かを感じ取るようなしぐさや

表情が目につきました。

怪我をしなければ良いなと思っていたら

放馬したという放送が。

 

恐らくダンビュライトとしては

何か意味があったのでしょう。

重賞を勝てる名馬ですから

賢さも一倍です。

 

こういう動きはパドックを見る人の

特権でもありますから

見られる限りは最終周まで

確認するのをお勧めします。

 

馬券に反映させる情報は

ゴールに近いほど価値があるので。

 

ということで・・・

 

今回は見事的中で

終えることができましたが

パドックでは少々残念な結果と

言わざるを得ませんでした。

 

ただ土曜日のGⅡスワンステークスでは

◎1着→〇2着→▲3着→☆10着

本線パーフェクト予想でしたし

GⅢアルテミスステークスでも

〇1着→◎3着→☆4着→▲11着

馬券圏内に2頭入着しています。

 

11月度の配信予定は今週

公開したいと思います。

 

それでは

優勝馬レイデオロの

更なる活躍を祈りつつ

今後も当ブログをお楽しみいただけますよう

よろしくお願い申し上げます☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「天皇賞秋2018結果・優勝馬はレイデオロ」への4件のフィードバック

  1. スワーヴ、残念でしたね。

    スタート時にマカヒキが斜めに飛び出て、スワーヴと接触しそうになってるように見えたので、あれが無ければ、もっと好位置を取れたんじゃないかなと勝手に思ってます。

    1. ポン太さん、ありがとうございます(^^)
      はい、はしくれもあのスタートが痛かったと思います。
      かなり斜めでしたもんね(^^;)
      競馬の怖さを感じました。
      次は何事もないことを祈ります(>_<)ゞ

  2. パドック映像を見てスワーブ軸で間違いないと思いました…
    サングレーザーとのワイドを本線で買ってたので悔やまれます…
    あのようなタックルをくらってしまって次走以降気持ちが切れてしまわないか心配です。
    はしくれさんは現地で見られていたのですか?
    G1週は激混みですから大変ですよね(*_*)

    1. ろーえんぐりんさん、ありがとうございます(^^)

      はい、はしくれは現地で観戦していました。
      仰る通り激混みですが、パドックでは死んだように静かにその時を待っています(^^;)
      すごく精神力と体力を使いますが、やはり幸せな瞬間ですのでなんとか頑張っています☆
      お気遣い下さりありがとうございます(*^^*)

      スワーヴリチャードはツヤもよく、バランスも一番よく見えました。
      スタートは非常に残念でしたね・・・
      ただ、賢い馬ですし、いまだに旬の馬体でしたから
      次走も状態が良いと見れば迷わず印を打つと思います。
      レイデオロも凄く仕上がっていて、2頭は凄く迷いました。

      ワイド惜しかったですね・・・(><;)
      でも、ろーえんぐりんさんもワイドお好きなようで嬉しいです。
      今週はJBCもありますし、アルゼンチン共和国杯もあります。
      土曜日も重賞があり目白押しですから挽回したいですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です