関屋記念2018結果・優勝馬はプリモシーン

 

3歳牝馬。

成長を感じさせる

プラス10Kgの馬体重で臨んだ

関屋記念2018の

優勝馬プリモシーン。

 

パドックでも目を引きましたが

直線でも外から追い込み

並み居る強豪古馬を相手に

鮮やかに駆け抜けました。

 

今後のマイル路線に新たな

風を吹き込んだ同馬ですが

その走りを回顧する前に

まずは予想から振り返りましょう。

 

<関屋記念2018予想・印&買い目>

◎エイシンティンクル

〇ヤングマンパワー

買い目・・・単勝◎・〇各100円、複勝◎200円、〇100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<関屋記念2018結果>

優勝馬・・・プリモシーン

2着馬・・・ワントゥワン

3着馬・・・エイシンティンクル(◎)

(〇ヤングマンパワー4着)

払戻金・・・複勝230円×2=460円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうごさいました(*^^*)

 

ガミッていますが回収率は

92パーセントを達成。

3着に粘ってくれた

エイシンティンクルに感謝です。

 

そして推し馬ヤングマンパワーの

4着にも声の出たはしくれ・・・

得意コースで復活の兆しを

見せてくれて嬉しかったです(T_T)

 

そんなはしくれ大興奮の

一戦となったこのレースですが

それでは早速その内容を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

中枠のチェッキーノが出遅れます。

対してエイシンティンクルが好スタートで

外枠のウインガニオンは3番手。

スターオブペルシャが2番手につけました。

 

控えることを公言していた

エイシンティンクル陣営ですが

この展開で図らずも

レースを引っ張る事となります。

 

 

最初の600M通過は

34秒2でしたが

このメンバーでこの馬場とはいえ

中々速い流れです。

全体的にはミドルペース

レースが進んで行きました。

(赤丸はプリモシーン)

 

相変わらずエイシンティンクルが

ハナに立って逃げていますが

手応えもよく直線どれだけ

我慢できるか注目でした。

 

 

馬群が4コーナーを回ると

後続も差を詰めてきますが

前で頑張るエイシンティンクルが

まだ軽快に飛ばしています。

 

そこにヤングマンパワーが並びかけ

ここではしくれは声が出ましたが

夢のゴールまでは外回りの

直線は長すぎました。

 

中へ向かって更に伸びてくる

プリモシーンが二頭を捉え

更に外からワントゥワンが

プリモシーンに襲いかかります。

必死に粘るエイシンティンクルと

ヤングマンパワーでしたが・・・

 

 

最後はきっちりクビ差抜け出した

プリモシーンが振り切って優勝。

2着には上がり最速の脚で

ワントゥワンが入りました。

 

このレースを予想したとき

ペースは落ちると踏んでいましたが

控える予定のエイシンティンクルが

好スタートで前に行きました。

 

これはさすがに予想するのが

難しいところでしたが

ペースが思ったより速くなり

決め手がものを言う結果でした。

 

それにしてもこれほど易々

古馬の壁を破ったのは驚きです。

ハンデ51Kgも十分

生かし切れたように思います。

 

3歳馬の優勝としては

22年ぶりの快挙でもあり

レコードともコンマ1秒差と

時計も優秀でした。

 

北村宏司騎手の談話では

「追い出しが早すぎたかな」

という思いもあったとのこと。

それでいて粘り切ったのは

同馬の実力の証明でしょう。

 

北村騎手はこれで関屋記念

4勝目となりました。

これは歴代最多タイです。

 

そしてこの一戦における

パドックロードの印ですが・・・

 

 

〇1着→▲3着→◎7着→☆11着でした。

 

今回はパドックの最中に

画像を撮影しなかったので

文章のみのパドック診断

実施したいと思います。

 

まず優勝馬プリモシーンですが

成長が見られました。

プラス10Kgは成長分と

捉えて問題ないと思います。

 

ハンデも確かに軽かったですが

夏場の充実ぶりが顕著です。

木村厩舎らしい仕上がりで

フックラとして好感が持てました。

 

2着馬はワントゥワンです。

この馬もかなり好調な

絞れた馬体をしていましたが

全体的な幅が足りているか

判断しきれませんでした。

 

その他の要素は合格点で

あと少しで選べそうでした。

自身の相馬眼の上達に

一役買ってくれそうです。

 

3着馬エイシンティンクル

▲の評価でした。

発汗は目立ちましたが

バランスの良い馬体が好感で

何より牝馬らしからぬ

豊富な筋肉が目立ちました。

 

今までマイル路線中心では

なかったことが不思議なくらいで

体型的には一目見たとき

マイルがベストだと思いました。

これからも期待しています。

 

それと◎に推して7着の

チェッキーノの仕上がりですが

本当に馬が良くなっていて

非常に好感が持てました。

 

今回は出遅れましたが

更に上昇気配があります。

馬体もしっかり絞れていたので

キープ出来れば楽しみです。

 

4着のヤングマンパワー

今日も中々良かったのですが

もう少し絞れていたら

3着もあったかもしれません。

 

ただプラス18kgでもそこまで

太くはありませんでした。

バランスの良い骨格が

変化に強い要因でしょう。

 

ということで・・・

 

関屋記念2018の結果は以上の通りでした。

因みに同日行われたGⅢ

エルムステークスの配信結果ですが・・・

 

 

〇1着→☆2着→▲5着→◎6着でした。

 

両GⅢで馬券圏内に

2頭が入着する結果となり

一先ずホッとしたというのが

偽らざる気持ちです。

 

パドックロードではこれからも

重賞レースを配信します。

次は札幌記念ですので

また頑張りたいと思います。

 

ここのところ猛暑や台風

雷雨などもありますので

ご覧下さる皆様はどうぞ

お体にはご自愛下さい。

 

それではまた週中のコラムと

週末の予想でお会いしましょう☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です