函館スプリントステークス2018結果

 

復活。

前年1番人気で敗れた

GⅠ馬セイウンコウセイですが

今年は最内枠を味方に

見事優勝して見せました。

 

前年は超高速馬場で

驚かされた一戦でしたが

今年は週中の雨もあって

普通の開幕馬場となりました。

 

そんな開幕初週となった

函館スプリントステークス2018を

まずは予想から振り返り

回顧して参りましょう。

 

<函館スプリントステークス2018予想>

◎ナックビーナス

買い目・・・◎単勝100円、複勝400円。計500円。

 

それでは結果です。

 

<函館スプリントステークス2018結果>

優勝馬・・・セイウンコウセイ

2着馬・・・ヒルノデイバロー

3着馬・・・◎ナックビーナス

払戻金・・・複勝160円×4

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ナックビーナスは3着・・・

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

外枠のライトフェアリーに

中枠のワンスインナムーン

ナックビーナスの三頭が

好スタートを決めました。

 

赤丸で囲った優勝馬

セイウンコウセイもすぐに巻き返して

予想通り先頭に躍り出ました。

 

 

前半の600Mは33秒1のタイムで

開幕馬場の重賞らしい

速い流れになりました。

セイウンコウセイは最内を回り

最後の直線に備えています。

 

 

最終コーナーを回ると中から

ナックビーナスが並びかけますが

先頭を行くセイウンコウセイの

手応えは衰えません。

 

ワンスインナムーンが燃え尽き

この二頭で決着かと思われたところですが

ナックビーナスの直後で脚を溜めていた

ヒルノデイバローが追い上げてきます。

最後は馬体を併せての

追い比べとなりましたが・・・

 

 

結局ロスなく立ち回った

セイウンコウセイが凌いで優勝。

前年1番人気で敗れた

汚名を見事に返上しました。

 

今回は思ったとおり

ハイペースの高速馬場で

流れに乗れた内目の馬に

軍配が上がりました。

 

ナックビーナスも自身の競馬は

しっかりとしてくれましたが

距離のロスなく立ち回った

勝ち馬が鮮やかでした。

 

因みに今回のレースの

パドックロードの印ですが・・・

 

 

〇1着→◎3着→▲8着→☆9着でした。

 

優勝馬セイウンコウセイと

ナックビーナスで本命に迷いましたが・・・

まずは優勝馬セイウンコウセイの

馬体を回顧して参りましょう。

 

 

冒頭と同じ写真ですが

かなりの好仕上がりですね。

 

鋼のような筋肉といい

ツヤのある馬体といい

バランスの取れた体つきも

本命と迷うほどでした。

 

馬格的にナックビーナスより

一回り小さいですが

それでも十分馬格があるので

納得できる仕上がりでした。

 

同馬は2走前・高松宮記念でも

パドックロードで印を付けましたが

今回は更に上昇して

今まででも一番でした。

旬の仕上げにありましたから

今夏は特に楽しみです。

 

 

そして2着はヒルノデイバローです。

同馬は完全にノーマーク

飛んできたのには驚きました。

 

バランス的にやや前が弱く

これが気になり切ってしまいました。

腹目はかなり絞れていますが

予期できない激走でした。

 

暑い時期は好成績を

残している同馬ですが

これほど着順を上げてくるとは

本当に驚きでした。

夏場はまだこれからですし

警戒したい一頭です。

 

 

そして3着ナックビーナスです。

同馬は1周目の中継から

期待できると思いましたが

ツヤの面ではセイウンコウセイより

やや見劣る感じでした。

 

ただ馬格的に牝馬ながら

メンバー中随一のものがあり

絞れた無駄のない馬体も

とても好感が持てるものでした。

 

旬を迎えて充実しており

ツヤが更に良くなるようなら

まだ上昇できるはずです。

夏は牝馬の格言をまさに

体現する一頭でした。

 

ということで・・・

 

今回は複勝をメインに

ガミらず馬券でプラスも出ました。

データもパドックも研鑽を積んで

更に予想を良くしたいです。

 

まだ東京・阪神の2大場開催中ですが

夏の始まりを良い形で迎えられたと思います。

応援下さる皆さんとともに

更に楽しんでいけるよう

予想の精度向上に努めて参ります。

 

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます(*^^*)

 

函館スプリントステークス2018結果・データ

馬場状態:開幕週の高速馬場。週中まとまった降雨あり。

走破タイム:1分7秒6

600m通過:33秒1

ペース:ハイペース

レース上がり3F:34秒5=優勝馬同タイム。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「函館スプリントステークス2018結果」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です