桜花賞2018結果・優勝馬はアーモンドアイ

 

驚愕の優勝。

そう形容するに相応しい

アーモンドアイのレコード圧勝劇でした。

 

道中は後方2番手からの競馬となりましたが

レース上がりを1秒2も上回る

33秒2の末脚を繰り出して

断然1番人気に推された

ラッキーライラックを差し切りました。

 

当ブログ予想でも

「スタミナがあるので外を回しても大丈夫」

という主旨の短評を記しましたが

馬体からもその点は

はっきりと確認できました。

 

歴史に名を刻んだアーモンドアイの圧勝劇。

そのレースを早速回顧して参りたいと思います。

それではまずははしくれの予想から

どうぞご覧ください。

 

<桜花賞2018予想・印&買い目>

本命◎リリーノーブル

対抗○ラッキーライラック

単穴▲アーモンドアイ

買い目・・・単勝&複勝◎各100円、馬連ボックス各100円、計500円。

 

それでは結果です。

 

<桜花賞2018結果>

優勝馬・・・▲アーモンドアイ

2着馬・・・○ラッキーライラック

3着馬・・・◎リリーノーブル

払戻金・・・複勝140円&馬連480円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの◎リリーノーブルは3着・・・。

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

赤丸で囲ったアーモンドアイは

スタートが今一でした。

更に後ろにプリモシーンが

一頭出遅れています。

対して最内枠が心配された

ラッキーライラックは好スタートを決めました。

 

 

最初の600m通過は34秒5

全体的にはミドルペースで競馬が進んでいきます。

赤丸で囲ったアーモンドアイは後方2番手。

対してラッキーライラックは

進路が取れそうな最内の3番手辺りを進みます。

 

 

最後の直線に入ると

ラッキーライラックが抜け出しを図ります。

外からはリリーノーブルで

2頭ともとても良い感じでした。

ですが・・・

更に大外から一気にアーモンドアイが迫ります。

距離ロスもなんのその

豪脚一閃、鬼脚炸裂でした。

 

 

あまりにも強い競馬を見せたアーモンドアイ。

優勝タイムは桜花賞レコードで

上がりタイムも2位を1秒も引き離す完勝です。

人気のラッキーライラックが2着で

紙吹雪が舞っていますね・・・。

 

そして今回のパドックロードの印ですが・・・。

 

 

▲1着→◎2着→○3着→☆15着でした。

大阪杯に引き続き、3着独占の結果です(*^^*)!

 

今回の桜花賞2018は

データ予想でもパドック予想でも的中

という結果でしたが

それだけ上位の馬たちは

中身が濃いという事です。

 

優勝馬アーモンドアイ

前走時も好仕上がりで

さして上昇した感じもなく

その為▲評価としました。

ルメール騎手もインタビューで

「3冠も狙える」

と発言していますが

これははしくれも同感です。

やはり絞れてスタミナのある馬体で

柔軟性も高く跳びの大きい馬です。

コースは広い方が更に良いと思いますし

距離は2400mまでなら

守備範囲だと思います。

 

2着馬ラッキーライラック

今まで同馬を見てきた中でも

一番の仕上がりでした。

それでもまだきっちりと

絞り切る余地が有りそうですが

好スタートを決められたことも

納得の仕上がりでした。

まだ上積みが見込めそうなので

オークスでの逆転も十分考えられます。

この馬も距離は持つと思います。

 

3着馬リリーノーブルも好仕上がりでした。

この上位3頭はとにかくすぐに決まりましたが

やはり4着以下を離しているのは納得です。

馬体的にはこの馬は

マイル~中距離が合いそうな筋肉質で

オークスは適性的にぎりぎりと言えそうです。

ただとてもバランスが良く

仕上がりも9分でしたから

完璧に仕上がってくれば善戦は可能でしょう。

 

そして☆に推したレッドレグナントですが

こちらも筋肉質でいかにも

マイルが向いた馬体に映りました。

バランスも良く好仕上がりで

今回こそ残念でしたが

まだまだ全然見限れない一頭でしょう。

 

その他にもこの世代には

好馬体の馬が多く

優勝馬を決めなければいけない事に

胸が痛みました。

牡馬も良い馬が揃っていますし

皐月賞も非常に楽しみです。

 

さて今回の桜花賞は

上位人気馬が強い競馬を見せてくれました。

来週の皐月賞でも

未完の大器・ダノンプレミアムの馬体を見るのが楽しみです。

どんな仕上がりを見せてくれるのか

心待ちにしています。

※ダノンプレミアムは挫跖のため出走回避となりました。(4月10日修正)

 

そんなはしくれのパドックでの最終予想印は

「パドックロード」で配信致しますので

こちらもぜひご覧ください。

パドックロード(2018)4月度会員募集中!

 

それでは最後に桜花賞2018の結果を

記しておきたいと思います。

 

桜花賞2018データ

・馬場状態:良。前日降雨も回復。(週中芝刈り)

・走破タイム:1分33秒1(レースレコード)

・600m通過:34秒5

・ペース:ミドル

・レース上がり3F:34秒4=優勝馬33秒2(最速)

(冒頭画像:JRA)




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「桜花賞2018結果・優勝馬はアーモンドアイ」への3件のフィードバック

    1. コンドウさん、ご指摘下さり誠にありがとうございます(>_<)只今記事の修正を行いました。 このようなビッグレースでありながら情報が遅く、お恥ずかしい限りです。 今後はより情報の正確性に努めて参りますので、どうぞこれからも当ブログを、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です