ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想・本命はレッドアンシェル

 

トリッキーなコース形態。

中山マイルの舞台といえば

ここが予想の出発点です。

 

特にこのダービー卿チャレンジトロフィー

ハンデ戦である事からも

より予想の難度が高い一戦と言えましょう。

 

そんな中今回の本命は

レッドアンシェルに決まりましたが

その根拠は予想印と

買い目の後に発表致します。

 

<ダービー卿チャレンジトロフィー2018予想・印&買い目>

本命◎レッドアンシェル

対抗○ヒーズインラブ

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、ワイド◎ー○100円、計500円。

 

本命◎はレッドアンシェルです。

今回のダービー卿チャレンジトロフィーは

逃げ・先行馬が揃ったことが

第一のポイントです。

 

スタートからコーナーまでの

距離が短い中山マイルで

先行馬が多く揃えば

序盤はペースが上がりそうです。

 

その後もこのコースでは

下り勾配が続く事もあり

簡単にはペースを落として

競馬をすることはできないでしょう。

 

また

今週からBコース使用で

傷んだ内目がカバーされます。

こうなるとインで我慢して一脚使えるタイプが魅力で

本命のレッドアンシェルは

まさにぴったりのタイプです。

 

中山コースは今回が初めてとなりますが

直線の急坂は問題にはなりません。

戸崎騎手とも手が合いそうで

ここは期待の一鞍です。

 

対抗○にはヒーズインラブです。

同馬は今回オープン昇級初戦がこの重賞ですが

本命馬のレッドアンシェルに無い強みを持っています。

 

それが同馬の中山実績2-1-1-1の成績で

一度だけある4着も休み明けの一戦でした。

中山での経験は全て

当該コースのマイルの舞台で

特にこの3~4月は2勝という成績です。

 

ハンデの面でも前走からは2kg減という恵量で

他馬と比べても軽い点は有利に映ります。

展開的にも中を割って差すのに適度な9番枠で

持ちタイムも速いですから下地は十分有ると見ます。

 

520kgを超える馬格も持て余してはいませんし

鞍上の藤岡康太騎手は同馬の主戦です。

乗り替わりとなりますが

むしろ勝負だと思います。

 

フルゲート16頭が顔を揃えた

ダービー卿チャレンジトロフィー2018。

3月最後の重賞となる今回の一戦でも

「パドックロード」で直前の速報を配信します。

4月からの会員も随時募集中ですので

ぜひ詳細を下記のリンクからご覧になってみて下さい。





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です