ファルコンステークス2018結果・優勝はミスターメロディ

 

初芝で重賞勝利。

GⅢファルコンステークス2018の結果

ダートで実績を上げてきた

ミスターメロディが優勝しました。

 

ダートとはいえ新馬戦から

レコード勝ちを見せていた同馬。

そのスピードを存分に生かして

芝の実績馬を撃破しました。

 

そんな一戦となった

今年のファルコンステークスを

まずは予想から振り返って

参りたいと思います。

 

<ファルコンステークス2018予想>

本命◎ダノンスマッシュ

対抗○ミスターメロディ

買い目・・・単勝&複勝各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<ファルコンステークス2018結果>

優勝馬・・・○ミスターメロディ

2着馬・・・アサクサゲンキ

3着馬・・・フロンティア

(◎ダノンスマッシュ7着)

払戻金・・・単勝820円&複勝350円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの◎ダノンスマッシュは7着でしたが・・・

早速レースを回顧していきましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大体各馬揃った飛び出しになります。

ここから次のコーナーまでは

長い直線になりますが

各馬自分のポジションを取りに動き出します。

 

まず先頭を切ったのは

モズスーパーフレアでしたが

同馬がやや後ろを離して

先頭を走ります。

 

 

優勝馬ミスターメロディは5番手のこの位置。

ダートとはいえ中京1400m戦は

芝スタートでもありますから

テンに置かれるような事は特にありませんでした。

 

最初の600m通過は34秒8の時計で

ハイペースになりましたが

そこまで速いとも言えません。

平均的に淀みのない流れといった感じです。

 

 

4コーナーを回ってすぐの

急坂に差し掛かります。

先頭はモズスーパーフレアでしたが

ここからはスタミナが問われました。

 

坂を上りきって今度は

2番手以下が台頭すると

中から抜け出たミスターメロディが

真っ直ぐゴールを目指します。

アサクサゲンキら好位陣も競りかけますが・・・

 

 

最後まで1馬身のリードを保ってゴール。

2着には武豊騎手のアサクサゲンキが粘りこみ

3着にはフロンティアが外から伸びてきました。

 

今回はミスターメロディの初芝を狙いましたが

やはり新馬戦で対戦した

リョーノテソーロとの比較から言っても

スピードでは見劣りしないと踏んだのは正解でした。

 

このあたりは

簡単に穴馬を狙う方法

でもお伝えしていますが

特にダートから芝に変わるときは

狙い目になると思います。

 

そして◎の1番人気ダノンスマッシュですが・・・

今日は仕上がりもあと少しで

且つ左回りの影響もあったかも知れません。

右回りよりややスムーズさを欠く走りでした。

 

そしてパドックロードの印は・・・

 

 

☆1着→○2着→▲7着→◎8着でした。

 

まず、◎のテンクウですが・・・

この馬は最も仕上がりが良かったと思います。

馬体はやや小柄ですが

まとまりがよく柔軟性もあり

後方からの競馬でなければ

もっとやれたと思います。

 

○の2着アサクサゲンキ

マイルまでならこなせそうな

体型に注目しました。

絞り切れてはいませんでしたが

バランスが良く動きも滑らかで

「武騎手に乗ってもらうんだから」

という気概を感じました。

 

▲ダノンスマッシュ

ブログ予想より印を下げました。

体型自体はできていますが

緩さがあってツヤも一息で

走れる体つきでしたが

まだ7~8分の仕上がりでした。

ただこのレースは特筆すべき馬が見当たらない一戦で

その中ではやはり素質は上位だと感じました。

 

☆ミスターメロディ

とにかくトモが半端じゃないです。

ここだけ見れば◎でもおかしくないほどでしたが

肩の筋肉が追いついておらず

バランス的に☆としました。

こういうタイプは一か八かな事も多いので

そういう点では優勝まで突き抜けたのも頷けます。

ダッシュ力はトモを見れば一目で納得です。

 

という事で今回は

初芝のミスターメロディが勝ちましたが

特に同馬がダート体型とは

見ていて感じませんでした。

どちらも走れる万能タイプで

距離の壁はありそうですが

コースの壁は無さそうです。

 

これは見立て通りでもあり

正直ほっとしています。

マイルはかなり際どいですが

いかにもアメリカ産馬の

肉厚な馬体をしており

次走も楽しみな逸材です。

 

そして3着のフロンティア

中山向きの馬体でした。

もしコースが中山だったら

印を回せていたかもしれません。

急坂のあるコースは得意にできそうですし

この点は覚えておいて

特に中山に出てきたら要注意でしょう。

距離は1800mあたりを得意にできそうです。

 

さて

クラシック戦線が盛り上がりを見せていますが

マイル路線も新星誕生

新たな展開を見せています。

この路線を走る馬たちにも

ぜひ注目して行きましょう。

 

そして予想技術を磨いて

競馬をもっと楽しみましょう☆

 

*はしくれの相馬眼を体験するなら

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

会員数増加中です(*^^*)



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です