金鯱賞2018結果&フィリーズレビュー2018結果

 

2強対決。

そう目された金鯱賞2018でしたが

優勝したのは明け4歳馬の

スワーヴリチャードでした。

 

サトノノブレスが刻むスローペースを読んで

鞍上のM.デムーロ騎手が

巧みに捌いた一戦でした。

 

各馬の仕上がりも含めて

今後の大阪杯を占う意味でも

重要な一戦となった今回の金鯱賞。

まずは予想からご覧頂き

結果を振り返って参りましょう。

 

<金鯱賞2018予想 印&買い目>

◎サトノダイヤモンド

買い目・・・単勝&複勝各200円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<金鯱賞2018結果>

優勝馬・・・スワーヴリチャード

2着馬・・・サトノノブレス

3着馬・・・◎サトノダイヤモンド

払戻金・・・複勝140円×2=280円

 

はしくれ・・・的中です!

応援して下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの◎サトノダイヤモンドは3着。

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

アクションスターがやや後手を踏みますが

他の各馬は5分のスタートでした。

少頭数でどの馬が先手を切るかというところ・・・

幸騎手騎乗のサトノノブレスが行きました。

 

各馬このサトノノブレスに続いて

団子状態で隊列を形成します。

2番手にはダッシングブレイズ

3番手にはヤマカツエースが控えます。

 

 

最初の1000m通過は63秒0。

少し後続を離すサトノノブレスがこのタイムですから

後続はさらにペースがスローになっています。

これを見たM.デムーロ騎手は

すかさずポジションを押し上げました。

 

4コーナーに入るとこの動きが明暗を分けました。

逃げ粘るサトノノブレスがインで執拗に食い下がりますが

早めにポジションを確保したスワーヴリチャードがそれを捉えます。

この2頭が後続を離して体勢決したかに見えましたが

外を回ってサトノダイヤモンドが猛追してきます。

見る見る差が縮まりましたが・・・。

 

 

前に行った2頭が結局ワンツーフィニッシュしました。

ですがサトノダイヤモンドもよく頑張ってくれました。

 

今回は反省点は特にありません。

予想時にお伝えしたとおり

ひたすらサトノダイヤモンドを応援した一戦でした。

それに応えてくれた3着で

十分な結果でした。

 

もし回顧として次に繋げるなら

少頭数で瞬発力温存の競馬になるため

今回のようにペースメーカーになる

サトノノブレスは要注意でした。

 

そもそも同馬は中京が得意ですし

フランスでは馬場が合わなかっただけに過ぎません。

ただ、馬体の方は正直及第点ぎりぎりでした。

パドックロードの印はこちらです。

 

 

◎1着→▲3着→☆5着→○8着でした。

 

◎はスワーヴリチャードでした。

同馬は今回+10kgで出走してきましたが

全く太め残りはなく

有馬記念時よりも更にパワーアップしていました。

ツヤもよく柔軟性があり

すぐに本命は決まりました。

成長力のある馬で今後も期待できるでしょう。

 

○のメートルダールは案外な結果でしたが

位置取りが良くなかったのは間違いないと思います。

でもそれは騎手のせいというよりも

出走馬の質が高かったから

簡単に動き出せなかったのは仕方ないところです。

仕上がりに関しては間違いなく2番手でした。

 

▲はサトノダイヤモンドです。

この馬ははしくれが現役で最も好きな競走馬です。

そしてパドック解説の見本にもなってもらっています。

それだけ素晴らしい馬体を持っている同馬ですが

さすがに今回は仕上げが8分

今まででも最も馬体が緩く感じられました。

それでもバランスは維持しており

やはりただ者ではありません。

あの張り詰めた筋肉が大阪杯で戻ってきたら

無敵の強さを発揮してくれると信じています。

 

☆はダッシングブレイズでした。

今回はスタミナが要求される一戦で

距離が持ちませんでした。

ぎりぎり2000mはこなせると思いましたが

やや重馬場だった事もあり

最後の伸びを欠きました。

でも、無駄の無い体つきで

仕上がりは良好でした。

 

今回の金鯱賞は少頭数ではありましたが

間違いなくハイレベルな一戦だったと思います。

特に成長を見せてくれたスワーヴリチャードと

8分の仕上げで猛追してきたサトノダイヤモンドは抜けています。

2着に入ったサトノノブレスも

仕上がりは7~8分でしたから

今回のような展開なら

次も走っておかしくないです。

この点は要注意でしょう。

 

金鯱賞データ

・馬場状態:やや重。開幕週のきれいな馬場。内有利。

・走破タイム:2分1秒6

・1000m通過:63秒0

・ペース:スローペース

・レース上がり3F:34秒2=優勝馬33秒8。




それでは次に阪神競馬場で開催された

GⅡフィリーズレビューの結果です。

まずは予想からご覧頂き

結果へと移って参りましょう。

 

<フィリーズレビュー予想 印&買い目>

◎モルトアレグロ

○ラブカンプー

買い目・・・単勝&複勝◎・○各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<フィリーズレビュー2018結果>

優勝馬・・・リバティハイツ

2着馬・・・アンコールプリュ

3着馬・・・デルニエオール

(◎モルトアレグロ10着、○ラブカンプー11着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎モルトアレグロは10着・・・。

それでは早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

優勝馬リバティハイツが好スタートを決めます。

対して2着馬アンコールプリュは立ち遅れ

更にスウォナーレも出遅れて

アマルフィコーストは浜中騎手が落馬してしまいます。

 

人気の一頭が居なくなり

場内もどよめきましたが

レースはラブカンプーが逃げて

淡々と進んでいきます。

 

 

最初の600m通過は33秒6というタイムで

これはさすがに速い序盤で

前の馬には苦しい流れでした。

赤丸で囲った優勝馬リバティハイツは

中団の馬群で脚を溜めています。

 

 

4コーナーを回ってしばらくは

前に行った馬が頑張りますが

脚色が鈍くなると後続が殺到します。

優勝馬リバティハイツはまだこの位置で

2着馬アンコールプリュが大外を追い込んできます。

 

まだまだ生きている阪神の芝は

やはり内目が有利です。

内からも殺到しますが

進路を見つけたリバティハイツが

外のアンコールプリュと共に猛然と追い上げます。

 

 

最後は各馬がなだれ込むように

一斉にゴール。

リバティハイツは好スタートの余力を

きっちり生かした一勝でした。

 

データ予想では全く歯が立たなかった

はしくれの予想ですが・・・

パドックロードでは次の通りでした。

 

 

◎2着→○4着→▲10着→☆14着でした。

 

◎のアンコールプリュが2着に入ってくれましたね。

そして○のアンヴァルがハナ差の4着でした。

このアンヴァルが3着だったら尚良かったのですが・・・。

残念なところです。

 

ただやはりデータ予想よりも

相馬眼を駆使した方が

良い競馬になるなあと実感しました。

 

優勝馬リバティハイツ

これといった特徴の無い馬で

高度な判断が必要でした。

結果論になってしまいますが

仕上がっていたのでしょう。

正直、見抜けませんでした。

難しいタイプですが

レース巧者で根性があり

強い競馬を見せてくれました。

 

2着馬アンコールプリュ

一目見て気に入りました。

すらっとした牝馬らしい体型

以前のデニムアンドルビーに良く似ています。

オーナーも一緒ですし

切れ味もあるタイプなので

先々が楽しみです。

 

3着馬デルニエオール

410kgの馬体通りに小さく見える体つきで

毛ヅヤも良くなく中々手が出るタイプではありませんでした。

ただ、バランスは良い馬ですし

柔軟性も見るべきものがあります。

最後も差し返していますから

根性も相当でしょう。

 

モルトアレグロは80点の仕上がりで

ラブカンプーはいつも良く見せますが

今回は今一でした。

よって印を下げたり、無印としました。

 

今回の反省点は

ハイペースが予想できた点にあります。

多少速くても馬場が回復して

前が押し切れるかもと思いましたが

それを上回るペースで流れてしまいました。

 

この辺り対抗はラブカンプーを指名しましたが

このコースで同タイムがある

リバティハイツを上にとる事は十分可能でした。

本命は変えられなかったと思いますが

この点悔いが残ります。

次は修正していきたいです。

 

フィリーズレビューデータ

・馬場状態:良。内が生きているきれいな馬場。

・走破タイム:1分21秒5

・600m通過:33秒6

・ペース:かなりのハイペース

・レース上がり3F:36秒1。優勝馬35秒3。

 

この日曜は天気も回復し

馬場状態も快方へ向かった一日でした。

皆さんの調子はいかがでしたか。

 

今週はきっちりと

プラスを計上する事ができませんでしたが

また次週は上昇できるよう

努めて参ります。

 

そして今週もご覧下さった皆さん

誠にありがとうございました。

変わらず精進致しますので

どうぞこれからも当ブログを

よろしくお願い申し上げます。

 

*パドックロードの実績は

パドックロード(2018)3月度会員募集中!

をご参照ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です