クロコスミア対抗!京都記念2018予想

 

☆クロコスミア対抗!京都記念2018予想

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今回の京都記念の目玉は4頭のGⅠ馬ですが、

この中でも最有力と目されるのがレイデオロです。

昨年のダービーを制し、ジャパンカップでも2着。

キタサンブラックを交わし去っての連対は鮮烈でした。

 

その他の3頭アルアイン、

モズカッチャンにディアドラと、

若き4歳馬が人気の中心になるのは間違いないでしょう。

 

ですがそんな中、本命はおいておくとして、

対抗にはクロコスミアを抜擢。

その理由は印の発表後にお話致しましょう。

 

<京都記念2018予想>

◎レイデオロ

○クロコスミア

買い目・・・◎・○単勝各100円、複勝○100円、馬連◎ー○100円、計400円。




本命◎はレイデオロです。

これは先ほどもお伝えしたとおり、

世代の頂点を極めた馬です。

 

土曜は雨予報の京都競馬場ですが、

日曜は晴れて馬場は回復してくる見込みで、

天気の心配はあまりなさそうです。

 

ただ、馬場が心配で、

荒れ馬場の今の京都の芝ではただでさえ良と言い難い上、

切れ味を殺がれる心配は正直拭えません。

 

このレイデオロはその点を踏まえても、

新馬戦で重馬場を快勝、馬場の心配が要らない事が頼もしい限りです。

操縦性の高い馬でダービーも強い走りでしたし、

バルジュー騎手とのコンビでも大丈夫だと思います。

 

そして対抗○のクロコスミアです。

同馬がGⅠ馬4頭にない点で有利な武器と言えるのは、

5歳を迎えた経験と、今の馬場状態です。

 

同馬はデビュー時400kgに満たない小さな馬でしたが、

昨年来急成長して430kgまでになりました。

ステイゴールド産駒らしく晩成傾向も見られますし、

未発達の状態から、

自己条件を徐々に慣らしてここまで来たのが好感です。

 

年齢的にも吸収してきた経験が多いですし、

ここにきて中距離での才能が一気に開花しました。

展開的にもスローペースを前目で追走できそうですし、

今の京都は内に入るとしつこく粘れる状況です。

鞍上の岩田騎手とも重賞勝ちが光りますし、

同騎手がこの状況を見逃すはずはありません。

 

更に最後に付け加えるなら、

同馬は「稍重以下の馬場で、1800m以上のレース」では

2-1-1-0と複勝圏100%です。

馬場の回復が早まればこの点有利とは言えませんが、

それでも洋芝も得意にしていて、今の馬場は合うと思います。

 

さて、豪華メンバーが集結した京都記念2018。

予想は本命レイデオロ、対抗クロコスミアとなりました。

果たしてどんなレースを各馬が見せてくれるでしょうか。

パドック予想はパドックロードで配信予定です。

 

*共同通信杯2018の予想は、こちらからご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「クロコスミア対抗!京都記念2018予想」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です