クイーンカップ2018予想・本命はツヅミモン

 

☆クイーンカップ2018予想・本命はツヅミモン

 

スローペース。

隊列がばらけずに塊になりやすい流れですが、

これを嫌って動き出すには騎手の判断が求められます。

欧州で競馬を繰り返してきた騎手に共通する点は、

こういう競馬に乗り慣れているという点が挙げられますが・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

 

今回クイーンカップの本命はツヅミモンに決まりましたが、

スローペースが濃厚となり、

騎手のペース判断に比重がかかるのを重視しました。

 

M.デムーロ騎手騎乗でこの点、強みのツヅミモンですが、

予想の詳細は印の後にお伝えすると致しましょう。

 

<クイーンカップ2018予想>

◎ツヅミモン

○マウレア

▲フィニフティ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス各100円。計400円。




本命◎はツヅミモンです。

同馬は前走・シンザン記念で2着と好走していますが、

勝ったアーモンドアイがあまりにも鮮やか過ぎて、

印象としては地味なものでした。

 

ですがこの時期の牝馬が、

シンザン記念で2着するのは能力の高い証拠でもあり、

540kgの馬体どおりに大きな器かもしれません。

 

この大きな馬体の割には馬体を持て余す事もなく、

前走でもすっきりと仕上がっていたのが好印象です。

今回は輸送があるのですこし余裕は持たせるでしょうが、

母カタマチボタンと同じく仕上がり早で心配ないと思います。

 

展開的には内目の芝が生きている東京コースで、

かなりのスローも予想されるため粘り込みも有りそうです。

いかに東京の直線が長く我慢が必要になるとは言えど、

後方からの競馬を得意とする馬が多すぎます。

 

M.デムーロ騎手はスローの競馬の判断が得意ですし、

先行する分、芝が傷んでいないところを選べそうです。

時計に関して強調材料がないところはネックですが、

ペースと馬場を考えると優勝も十分有り得るでしょう。

 

対抗○はマウレアです。

同馬は無敗馬対決となった前走・阪神JFで、

強敵ラッキーライラックからコンマ2秒差の3着でした。

 

このレースはメンバーレベルがかなり高い一戦でしたし、

牝馬同士の一戦ならば上位は間違いありません。

そもそも関東所属馬ですから今回は地の利もありますし、

ここで賞金を加算しておき、ローテに余裕を持ちたいはずです。

 

となればそこそこ仕上げて臨む一戦となりそうですし、

中を割って伸びる競馬が今の東京のポイントです。

中枠の5枠10番ですからマークも厳しくなりそうですが、

地力の高さでねじ伏せてしまうシーンも想定しておきたいです。

 

最後▲はフィニフティです。

この馬の良いところは、前走の勝ちっぷりです。

テン良し、中良し、終い良しを地で行くような走りを見せ、

人気を背負って2着以下を約2馬身離して完封しました。

 

芦毛馬は馬体の良さが目立ちにくいのが特徴ですが、

この馬は伸びやかさがあり、小柄でも目を引きます。

展開的にも1枠2番で先行できる強みがあるため、

スローペースに乗じてしつこく粘る事も考えられます。

 

藤原厩舎所属馬と言えば一戦毎に勝負仕上げで、

今後を見据えてきっちり馬体を作ってくると思います。

この馬は未知の部分が大きい馬では有りますが、

一票を投じたくなるレースセンスを評価です。

 

このレースも「パドックロード」で配信を予定しています。

仕上がりが気になる方はぜひご利用下さい☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「クイーンカップ2018予想・本命はツヅミモン」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です