はしくれのパドック実績

 

一目競走馬を見るために詰め掛ける人達。

はしくれもこの人混みの中でいつも競走馬を待っています。

もちろん

ホームグラウンドである府中開催であれば尚更ですが

現地観戦がままならない時でも

モニターを通じてパドックに入ってくる馬達を待っています。

 

既に何度もお伝えしてきましたが

はしくれは20歳を過ぎてからの15年間の週末を

殆ど全てこのパドックという場所に立つ事に捧げて来ました。

 

そうして獲得した相馬眼を生かし

個人的な競馬の収支改善を果たしては来ましたが

相馬眼が上達すればするほど考える事が増えました。

それは、これを必要とする多くの競馬ファンにとって

今自分が持っている情報こそが本当に役立つものではないかと。

 

パドックに一人身を置いていると色々な声が聞こえてきますが

その中には仕上がりの悪い馬に投資する声も聞こえてきます。

はしくれはこのような声に対して何かできる訳ではありませんし

事実今まで何かした事も一度もありませんでした。

 

ですが

当ブログを開設し、想像以上に読者の方が居て下さる事に驚き

同時に、ブログ上でお伝えしたデータ予想を上回る精度の

パドック予想を披露する事が叶わない日々に苦悶しました。

 

沢山の方がはしくれの予想に期待して下さっている

それは嬉しいですし予想家としての誇りも感じます。

そしてせっかく予想を上げるからには精度の高いものを上げたい。

それは予想家なら誰もが思うところです。

 

この自身の胸の内にある想いを実現させるために

有効な方法を今までいくつか試して参りました。

そして、ブログ開設から8ヶ月が立った11月上旬

ついにメルマガ「はしくれのパドック」の試験運用が始まりました。

 

 

この「はしくれのパドック」では、様々な実験を試みました。

買い目を入れてみたり、入れなかったり

点数を増やしてみたり、不正ができないかチェックしたり・・・。

そして本番の配信に向けての動作チェックも逐一実施しました。

 

そして最も自身が配信する上で納得のいく答えが出たのが

現在配信に踏み切ったはしくれの「パドックロード」でした。

既に数名の読者の方が登録なさって下さいましたが

実績を知りたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は今までに配信してきた結果から

実際に配信されたメールを公開したいと思います。

 

☆2ヶ月半のメルマガ配信で、重賞での3着独占が既に4回。

 

テストメルマガ「はしくれのパドック」は11月2日に配信開始

これはGⅡアルゼンチン共和国杯が開催された週でした。

このアルゼンチン共和国杯のパドックでは

はしくれは以下の予想で配信を実施しています。

 

 

結果は◎1着→☆2着→○3着→▲4着で、4着を独占しました。

次に4着を独占したのが、キタサンブラックが引退の花道を飾ったGⅠ有馬記念でした。

 

 

結果は▲1着→☆2着→○3着→◎4着で、◎こそ4着に敗れてしまいましたが

4頭で4着以内を独占という中々の結果でした。

そして年明けのGⅢ京都金杯では・・・。

 

 

☆1着→○2着→◎3着→▲4着で、やはり4頭が4着を独占しています。

この時は自信度というものを配信に盛り込んでテストしましたが、思うより好結果でしたね。

この3レースがテスト配信「はしくれのパドック」内での独占実績となりました。

 

そしてこの「はしくれのパドック」ですが

様々なテストを行いましたが

同一レースの複数予想というのは、印の選定においてはただの一度も行っておりません。

そこはやはり実戦を見据えたテストとして配信した事と

不正な配信結果を掲示できないようにするためです。

 

事実当ブログのレース回顧では馬体診断を実施しており

この印を通して復習をするためにも必要な事でした。

そして次の「パドックロード」にたすきを繋ぐ2ヶ月間で

実践した重賞22レース中3レースで4着以内独占という結果を残す事ができました。

 

また、この他にも印を絞った朝日杯などもありましたし

印をつけた4頭の内から優勝馬が多々出ています。

印は◎○▲☆の4頭までという約束も、当ブログ予想となんら変わりありません。

 

そして、2018年1月13日に創刊した本配信「パドックロード」ですが・・・

先日のGⅡアメリカジョッキークラブカップにて、以下のような結果を残す事ができました。

 

 

◎1着→○2着→▲3着→☆8着で、上位3頭の3着以内パーフェクトに成功しました!

これは本当に嬉しかったです。

この週は新たに2名の方が新規にメルマガを購入くださり

はしくれはとても嬉しく奮起してこの一戦に臨みました(*^^*)

予想がお役に立てていればこれ以上ない幸いです。

 

と、いう事で・・・。

「パドックロード」ではまだ重賞は4戦という成績ですが

既に一度の3着以内パーフェクトを達成しています。

そしてもう一つの事実を挙げると

こんな実績があります。

 

GⅢ京成杯の予想は

▲1着→○2着→☆5着→◎13着で1~2着的中。

 

GⅡ日経新春杯の予想は

▲1着→○4着→☆7着→◎11着で1着的中。

 

GⅡ東海ステークスでは

◎1着→▲9着→○13着→☆15着ですが、やっぱり1着を的中。

 

こうしてみると先述のGⅡアメリカジョッキークラブカップを含め

配信スタートから重賞4レースで、全て勝ち馬を見抜いていますね。

実は記事にしようとするまで、自分でも気が付かなかった事実で

これはとても嬉しい事だと一人で喜んでいます。

 

今週も重賞レースの配信を予定しておりますので

本当に仕上がりが良い馬を知りたいと思われる方は

ぜひ一度「パドックロード」をお試し頂きたいと思います。

 

 

それでは、はしくれの個人メルマガ「パドックロード」でお会いしましょう。

 

**はしくれのパドック速報「パドックロード」の詳細はこちら**

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「はしくれのパドック実績」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です