2017京王杯2歳ステークス予想・本命はタワーオブロンドン

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は東京競馬場で、

GⅡ京王杯2歳ステークスが開催されます。

 

昨年はモンドキャンノが優勝した当レースですが、

2着馬レーヌミノルが今年の桜花賞馬となり、

5年前にもラブリーデイが2着するなど、

今後を占う重要な一戦です。

 

その一戦で、

はしくれの本命◎はタワーオブロンドンに献上。

好馬体を誇る同馬に将来性を感じています。

 

先週の極悪馬場からの回復が気になる東京競馬場ですが、

良馬場に回復してもきれいな馬場とは行かない見込みで、

この点も考慮して予想に臨みました。

 

それでは早速、出馬表からご覧頂き、

予想の発表へと参りましょう。

こちらです。

 

 

<2017 京王杯2歳ステークス予想 印&買い目>

◎タワーオブロンドン

○カシアス

▲エントシャイデン

☆ピースユニヴァース

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。




本命◎はタワーオブロンドンです。

今回の京王杯2歳ステークスの予想の重点は、

やはり先週まで荒れていた馬場の見極めにあります。

 

正直この点に関しては走ってみないと分かりませんし、

先週のように内を開けた競馬になるかも疑問です。

また、最内枠を引いた同馬は先行も可能ですが、

抜け出すと甘くなるのでおそらく控えて行くでしょう。

 

こうなると最後外に持ち出すロスも懸念されますが、

今回は11頭立ての少頭数なのがポイントです。

頭数が少なければ自然と前はばらけますし、

函館・小倉両2歳ステークスの優勝馬の参戦で、

ペースもそんなに落ち着かずに差し台頭が有り得ます。

 

また、同馬は札幌で2戦を消化している事から、

多少時計がかかる馬場でもすんなり対応できそうです。

前走も強い勝ち方でしたし、

その好馬体にも期待です。

 

対抗○はカシアスです。

同馬は今年の函館2歳ステークスを優勝しました。

その後は休養に充てられて、

今回は3ヶ月半振りの実戦です。

 

今回は距離延長と輸送も課題になりますが、

調教では動いていますし、

自在性有る脚質からも距離はもつと思います。

 

主戦の鞍上・浜中騎手は当レース過去5年で1勝2着1回と相性も良いですし、

洋芝適性が高い事から荒れ馬場も歓迎でしょう。

 

▲はエントシャイデンです。

同馬は前走・新潟の新馬戦で出遅れながら快勝しました。

その時は稍重馬場で上がり最速を記録しており、

一旦中団まで押し上げての一脚だけに価値があります。

 

馬場状態が良くない中ではスタミナが重要ですが、

同馬は稍重馬場のマイル勝利と、この点不安はありません。

今回はこのスタミナが有利に働くと思います。

 

更にコース形態としても新潟マイルは直線が長く、

コーナーも広いコースです。

左回りの共通点も有り、

姉にブランボヌールが居る血統的にも、

この時期の短距離戦なら上昇も可能でしょう。

 

最後に☆はピースユニヴァースです。

同馬は今年3月にデビューし、3戦を消化しました。

面白いのは3戦全てで違う距離を使われており、

1800mのデビュー戦から毎回1ハロンずつ距離短縮して、

前走ついに未勝利戦を突破してきました。

 

それが今回と同じ東京1400mの舞台で、

他に経験があるマイティーワークス、トキノメガミより、

時計面でも内容面でもこちらが上と判断しました。

 

その前走では好位から上がり最速の33秒6、

走破時計も1分22秒0と中々の好時計で、

今回で4戦連続内田騎手騎乗も好感です。

地の利が見込める関東馬ですし、

父ロジユニヴァースの血統からも、この馬場はチャンスでしょう。

 

買い目は人気が割れそうなため、ワイドボックスで狙います。

 

さて、ようやく晴天が戻ってきそうな週末の東京競馬場ですが、

これからの後半戦に向けて、馬場の推移を見守りたいです。

まずは将来性のある2歳馬達の活躍に期待しながら、

はしくれも現地の芝を確かめたいと思います。

 

それでは3日間開催の中日の競馬観戦も、

存分に楽しみながら注目していきましょう。

明日はGⅡアルゼンチン共和国杯の予想と、

GⅢみやこステークスの予想をお送りする予定です。

そちらもどうぞお楽しみに。

 

それでは、グッドラック☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です