2017天皇賞秋結果・優勝馬はキタサンブラック

歴史的名馬の誕生。

そう思わずには居られない結果となった、

今年の天皇賞秋。

 

はしくれは本命◎にサトノクラウンを選びました。

 

毎週の降雨により、

経験の無い馬場へと変貌した東京競馬場では、

人気馬2頭による壮絶な一騎打ちが繰り広げられました。

 

はしくれの脳裏に強く焼きついた今年の天皇賞秋。

その激戦の結果をここに記したいと思います。

 

因みにはしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<2017 天皇賞秋予想 印&買い目>

◎サトノクラウン

○サトノアラジン

▲ステファノス

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連◎ー○100円、ワイド◎~▲ボックス各100円、計600円。

 

続いて結果をお伝えします。

 

 

はしくれ・・・完敗です。

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

はしくれの本命◎サトノクラウンは2着・・・。

 

それでは歴史的な一戦となった今年の天皇賞秋を、

早速振り返って参りましょう。

 

まず、スタートから既にドラマが待ち受けていました。

 

 

なんと1番人気のキタサンブラックが、出遅れてしまいます。

スタートの良い同馬がいきなりの出遅れで、

これには正直はしくれも、目を逸らしてしまいました。

 

並みの騎手ならまず間違いなく慌てて仕掛けてしまうでしょうが、

武豊騎手は違いました。

落ち着いてゆっくりと走らせ、

徐々にポジションを上げて行く事にしたのです。

 

GⅠの大舞台で人気を背負った先行馬に乗りながら、

これほど胆の据わった騎乗は超一流にしかできないものです。

 

レースはそんなキタサンブラックを尻目に、

水の浮く不良馬場を、ミドルスローで流れていきます。

 

 

ロードヴァンドールが1000mを通過した時点で、

タイムは1分4秒2。

9Rでも時計は相当にかかっていましたが、

この豪華メンバーでもこれが精一杯の時計です。

 

各馬激しくスタミナを消耗する厳しい戦いとなる中で、

出遅れたキタサンブラックが内からポジションを押し上げます。

◎サトノクラウンも気が付けば2番手に。

○サトノアラジンは後方で、全く競馬になりませんでした。

 

 

4コーナーです。

馬場の悪化で馬群がばらけて各馬スパートに入りますが、

正直この時点で後方の馬にはノーチャンスな馬場でした。

赤丸で囲ったサトノクラウンが、手応え良く上がってきます。

 

早めにスパート態勢に入ったキタサンブラックが先頭に立ち、

外からはレインボーラインが末脚を伸ばしてきます。

 

各馬が不良馬場で伸びあぐねる中、

無尽蔵のスタミナを繰り出して後続を引き離しにかかるキタサンブラック。

そこにデムーロ騎手が進路をインに切り替えて、競り合いに持ち込みます。

 

 

これは好判断でした。

外側に徐々に膨れるよりも、

キタサンブラックを壁にした方が、ロスが少なく済みます。

やはりM.デムーロ騎手も超一流の名手です。

 

ここから人気2頭が馬体を併せて、

デッドヒートが繰り広げられました。

 

長い長い戦いでした。

最後の1ハロンのタイムは14秒を越えています。

まるで命の削り合い。

そんな勝負でした。

 

もう、どちらが勝っても構わない・・・

そんな極限の一騎打ちでした。

 

スタミナが尽きかけて、

それでも勝負を捨てないサトノクラウンと、

一度は完全に抜け出しながら、

武豊騎手の檄に応えて何とか粘り込もうとするキタサンブラック。

はしくれはもう涙目になりながら、

勝負の行く末を見守りました・・・。

そして、軍配は・・・

 

 

最後まで粘り抜いた、キタサンブラックと武豊騎手に挙がりました。

 

本当にこれ以上無い、壮絶な戦いでした。

勝ちタイム2分8秒3は天皇賞秋で最も遅いタイムで、

1984年に東京2000mになってからの、新記録となりました。

 

そして、この結果には武騎手の背中を押した、ある事件もあります。

それは、1991年10月27日、スタート直後の斜行で降着となった、

メジロマックイーンと走った際のレースです。

 

この時武豊騎手はGⅠ史上初めての、

1着馬での降着というショッキングな裁定を受けています。

それも被害馬を下回る最下位への降着処分で、

その後の騎乗停止や、同馬を取り巻く騒動など、

辛い思いをした事は容易に想像できます。

 

そして、現在から遡る事26年の不良馬場で、

一度は落としてしまった勝利を、今度こそは人馬一体で掴み取りました。

それも、スタートで出遅れながら。

 

2着に敗れたデムーロ騎手が、

言葉少なに引き上げたのも、分かるような気がします。

どちらの人馬も、素晴らしかった。

でも、キタサンブラックと武豊騎手には、どうしても及ばなかった。

これは言葉にできません。

 

でも、ベストライドでした。

デムーロ騎手を責める事は、誰にもできないと思います。

 

今回の天皇賞は、沢山の事を学びました。

清水調教師がキタサンブラックの仕上げについて、

「叩き台のつもりはない」とメディアに対して仰っていた事、

自身の予想で☆にしながら、馬券に加えられなかった事・・・。

 

予想家として自身に何が足りないのかを、

改めて突き付けられた一戦となりました。

 

また、こういう時計がかかる不良馬場の時というのはやはり、

スタミナの有る馬でしか勝負にならないと思いました。

同時に、4コーナーでのポジションは5番手以内が理想ですし、

逃げれば激しく消耗するので、控える器用さも必要だなと・・・。

 

記憶にも、記録にも残る天皇賞秋。

それが今年2017年の天皇賞秋でした。

この一戦を境目に、

はしくれ自身ももう一段、成長したいと思います。

 

馬券を参考にして下さった皆さんに、改めてお詫び申し上げます。

 

そして、キタサンブラックの関係者の皆様、及び馬券的中者の方々に、

心よりお祝い申し上げ、終わりの挨拶とさせて頂きます。

本日は本当に、おめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017天皇賞秋結果・優勝馬はキタサンブラック」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です