2017富士ステークス結果・優勝馬はエアスピネル

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に開催された重賞

GⅢ富士ステークスの結果

についてお伝えしたいと思います。

 

さて、台風が発達して秋雨前線を刺激する中、

雨で不良馬場となった東京競馬場の芝コース。

時計のかかる馬場へと変貌しましたが、

終わってみれば総合力の勝負

という印象が強いレースでした。

 

まずは、はしくれの予想からご覧頂き、

結果を振り返って参りましょう。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 富士ステークス予想 印&買い目>

◎ペルシアンナイト

○グランシルク

▲イスラボニータ

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連◎ー○100円、ワイド◎~▲各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ペルシアンナイトは5着・・・。

早速回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大体揃ったスタートになりました。

さすがは歴戦の古馬が集うマイル重賞、

スムーズな飛び出しです。

 

不良馬場で各馬探りを入れた動きとなりますが、

◎ペルシアンナイトは中団の内につけ、

スタート後は折り合いに専念したいところでした。

 

先手を切ったのは2番のレッドアンシェルでしたが、

スローで団子状態となります。

ここではしくれが最も恐れていた事態、

◎ペルシアンナイトがインベタに入ってしまいます・・・。

 

これだけは避けたいところでしたが、

デムーロ騎手ですら折り合いに苦労するひしめき方で、

正直致し方ないところでした。

こうなると腹を括って最後の爆発に期待するしかありません。

 

 

4コーナーに向かう途中ですが、

この時までにとにかく絶好のポジションで折り合っていたのが、

6番のエアスピネルです。

 

馬群の中ほどで気持ち良さそうに落ち着いており、

武騎手も長手綱でリラックスして走っています。

まるで無重力という感じで、

不良馬場も全く気にしていないかのような動きでした。

 

 

4コーナーを回った直後の直線の状況ですが、

赤丸で囲った◎ペルシアンナイトは、最後までインを狙いました。

コーナーも傷んでいたので、

この判断は驚きましたが、

進路のロスを考えての事だと思います。

 

先頭で逃げ粘るレッドアンシェルを、

外から余裕たっぷりに追いかけてきたのがエアスピネルです。

正直、この時誰の目にも、

同馬の勝利が映った事でしょう。

 

 

これまでの惜敗の鬱憤を晴らすかのような、

圧倒的なゴール。

マイル路線にエアスピネルあり、

を存分にアピールした一戦でした。

 

2着には差してきた▲イスラボニータ、

3着には更に後方から追い込んだクルーガーが入りました。

ここまで何か足りない走りが続いていたエアスピネルですが、

不良馬場を味方に付けてあっさり勝利をものにしました。

 

今回の反省点は、

ペルシアンナイトのデムーロ騎手が、

インベタを避けるであろうと判断したのが一番の反省点です。

 

やはり枠順を考えると、

隣のエアスピネルの方が、

ペルシアンナイトの出方を見られる上、

馬場の悪い内側を通る危険性は少ない訳で、

この点、かなり中団が混み入る事を、

軽視してしまったと思います。

 

どんな名手でもこの形では、

競馬は難しかったでしょう。

対して無重力走法ができた、武豊騎手はお見事でした。

 

折り合いに苦労しているペルシアンナイトとは違って、

涼しい顔で走っているエアスピネルには驚きました。

道中から「やられた」という感じでしたが、

直線では差が開く一方、

仕上がりも良かったですが、

人馬共に良かったです。

 

走破タイムは1分34秒8で、

スローと不良馬場を考えれば、そこそこタイムも伸びました。

重馬場ではスタミナが要求されやすいですが、

菊花賞3着のエアスピネルには、

スタミナ切れはありませんでした。

 

この点、札幌記念からの短縮ローテだった事も、

良い方に出たと思います。

これからはこの点、注意していきます。

 

さて、

最後にはしくれの相馬眼を活かしたパドック診断に参りますが、

まず第1位はエアスピネルでした。

 

 

正直、はしくれはパドック時から

「やられる」

との思いが強く、

その為道中では更にその思いが強くなってしまいました。

 

点数にして95点。

相当仕上がっていたと思います。

雨の中でもはっきり分かるくらい、出来は良かったです。

 

次に良く見えたのが、

▲イスラボニータです。

 

 

点数にして90点。

東スポの厩舎コメントでは仕上がっているとありましたが、

正にその通りに出来ていて、

引き締まった好馬体でした。

あとは全身にもっと厚みがあれば100点でしょうから、

一叩きされて更に上昇しそうな予感です。

 

3番手はペルシアンナイトでした。

 

 

点数にして88点。

この馬はまだ、

トモの筋肉が発達途上ではありますが、

馬体自体はかなり良いものを持っている馬だと思います。

さすがは皐月賞2着馬。

世代のレベルが疑問視されていますが、

この先も十分楽しみな存在です。

 

あとは同じ3歳世代のレッドアンシェルも、

88点で並びます。

 

 

この馬もかなり成長が感じられ、

今回の4着はフロックではありません。

これからも期待が持てます。

 

3着のクルーガーも80点くらいの出来にはありましたが、

休養明けが疑問だったので驚きました。

馬体が大きく、

いかにもマイラーといったタイプです。

 

あとは、人気で沈んだ○グランシルクですが、

こちらも80点くらいでしょうか。

 

今回はやや太かったですね。

筋肉の付きは良いのですが、

ボリュームがありすぎました。

引き締まった上で厚みがある、

というのがやはり基本です。

ただ馬体は充実期を感じさせるものでしたから、

次走、一変があっても驚けないところです。

 

さて、

今回の一戦も、ハイレベルなメンバーだけに、

馬体も好仕上がりの馬が多かった一戦でした。

特に上位2頭に関しては、

本番も更に期待できそうです。

 

データ予想の技術を上げて、

相馬眼も身につければ、

競馬予想は飛躍的に結果が向上します。

ぜひ、上記の事も参考に、

馬券の収支改善を図って頂きたいと思います。

 

次回の的中を目指して、はしくれ自身も精進して参りますので、

これからも当ブログをよろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたエアスピネルの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017富士ステークス結果・優勝馬はエアスピネル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です