2017オールカマー結果&神戸新聞杯結果。レイデオロは!?

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、東西で2重賞、

GⅡオールカマーと神戸新聞杯

が中山と阪神競馬場で開催されました。

 

秋初戦を迎える実績馬たちの結果は如何に・・・。

先ずは中山で開催された、

オールカマーの結果

からお伝えしたいと思います。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 オールカマー予想 印&買い目>

◎タンタアレグリア

○ステファノス

▲ブラックバゴ

☆カフジプリンス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございます(*^^*)

 

はしくれの本命◎タンタアレグリアは3着・・・。

それでは早速、レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

▲ブラックバゴが出遅れます。

内ではグランアルマダも出遅れた印象で、

この2頭にはいきなり苦しい展開になりました。

 

道中は予想通りマイネルミラノが先頭を切って進みますが、

競りかける馬もなく、

道中はスローに落としてスタミナを温存します。

 

4コーナーに差し掛かるとマイネルミラノが一気に仕掛け、

後続を振り切りにかかります。

ここで人気各馬も動いていきますが、

内のルージュバックが外に斜行し、

◎タンタアレグリアは外側に振られます。

 

坂下では各馬必死の追い比べとなりますが、

坂を登り切る頃には、

インを突いたルージュバックが先頭を切ってゴール。

粘るマイネルミラノを交わして、中から○ステファノス、

外から◎タンタアレグリアが入り、決着となりました。

 

 

予想時にもお伝えしましたが、

やはり今回の上位2頭は、

位置取りが4コーナーで4番手以内の馬

という条件に合致しました。

 

正直ルージュバックに関して言えば、

北村宏司騎手と手が合わないのではと思いましたが、

斜行が有ったとはいえ優勝したのは見事でした。

(北村騎手は来週騎乗停止です。)

距離適性も不安がありましたが、克服しましたね。

 

2着ステファノスも休養明けながらしっかり連対を果たしましたし、

3着のタンタアレグリアも、不利がありながら見事な走りでした。

タンタアレグリアは位置取りがやや後ろでしたが、

最後間に合ったあたり、地力の高さが窺えました。

 

人気サイドではモンドインテロとアルバートが、

長距離戦からの参戦と、

後方の位置取りがやはり堪えたと思います。

☆カフジプリンスは外枠も良くなかったかなと思います。

 

因みに、今回の上がり最速計時は、

▲ブラックバゴでした。

出遅れてポジションが取れませんでしたが、

もう少し流れに乗れていれば、

見せ場は有ったと思います。

まだ見限れない存在でしょう。

 

今回は格がモノを言った一戦でしたが、

2~3着馬は休養明けで、不利を受けたりもしました。

上位3頭は特に強い走りを見せましたが、

その上更に上積みが見込めますね。

やはり、大きいところを狙う馬の強さを感じられました。

今後も楽しみです。




それでは次に阪神で開催された、

神戸新聞杯の結果

に参りたいと思います。

はしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<2017 神戸新聞杯予想 印&買い目>

◎レイデオロ

○サトノアーサー

▲キセキ

☆カデナ

買い目・・・単勝○100円、馬連流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

それでは、結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*><*)

 

はしくれの本命◎レイデオロが1着・・・。

それでは早速、結果を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

13番のタガノヤグラが出遅れます。

他馬は特に問題なくスタートを切り、

ダービー馬レイデオロの位置取りが注目されましたが・・・。

 

大体4番手の外に付けて落ち着かせます。

内で○サトノアーサーがかかり気味で宥められていました。

マイスタイルは逃げの手に出ず、

アダムバローズが逃げてスローに落とします。

 

ほぼ予想通りの展開で各馬スタミナを温存し、

いよいよ末脚勝負が濃厚になりました。

4コーナーで一気にペースが上がり、

人気各馬も進出を開始します。

 

直線に入ってまず目についたのが、

ルメール騎手が手綱を持ったままのレイデオロでした。

手ごたえ抜群で追い出しのタイミングを計り、

後続が詰め寄ってくるとすかさず手綱をしごきます。

 

直線はムチを2発入れただけで鋭く反応、

内から脚を伸ばした▲キセキを寄せ付けず、

あっさり優勝して見せました。

 

 

さすがダービー馬!という走りでした。

他馬とは一枚も二枚も格上の走りに、

次走以降の期待を抱かせてくれました。

スローな上に上手に立ち回り、

激しく追われたわけでもないので、

余力は十分残せたと思います。

 

そして2着の▲キセキですが、

今回の上がり最速は同馬が記録した33秒9でした。

素晴らしい切れ味を発揮してくれましたね。

やはり春先とは違い、

馬体に芯が入った印象で、

これからも上がり勝負では常に注目の存在です。

 

3着には○サトノアーサーでしたが、

こちらは折り合いが課題です。

菊花賞は距離が長いのでこのあたり不安ですが、

仕上がりは8分でしたので、

上積みは見込めます。

 

☆カデナは得意のスローの上がり勝負でしたが、

見せ場が作れませんでした。

太め残りも気になりましたし、

距離も長いのかもしれません。

ただ、ここで叩いての変わり身もありますので、

まだ見限れませんね。

 

今回の神戸新聞杯は傾向通りの決着となり、

上がり3位以内の馬が3着独占と、分かりやすい結果でした。

やはりこういうレースの際は、

無理な穴狙いは禁物です。

また、買い目も絞る必要があるでしょう。

 

さて、今週の当ブログは、

土・日で4戦4的中と嬉しい結果でした。

人気サイドの決着が多く利益を出すのは難しいですが、

まずは的中しない事には致し方ありません。

 

秋競馬が進んで来て、

実績ある人気馬の強さが目立ちますね。

傾向も顕著な例が多く見つかる季節でもあり、

GⅠシリーズも開幕して見所も盛り沢山です。

 

当ブログはこの秋も更に上昇して行けるよう、

精進して参ります。

引き続きご声援賜りますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたタンタアレグリア及びレイデオロの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心 よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です