2017オールカマー予想&神戸新聞杯予想。レイデオロ始動!

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は2戦2的中と嬉しい結果で終わりましたが、

日曜日は重要な一戦、

オールカマーと神戸新聞杯の両GⅡが控えています。

 

オールカマーは実績ある古馬の対決が見所で、

神戸新聞杯はダービー馬レイデオロの始動が注目を集めています。

秋のGⅠ戦線に向けて、

各馬好スタートを切りたいところでしょう。

 

それでは早速ですが、

はしくれのオールカマーの予想をお伝えしたいと思います。

出馬表と予想は、以下の通りです。

 

 

<2017 オールカマー予想 印&買い目>

◎タンタアレグリア

○ステファノス

▲ブラックバゴ

☆カフジプリンス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬にしました。

オールカマーの傾向を探ると、

例年4コーナーを4番手以内で回れる馬が強い傾向が有りますが、

同馬はその傾向に合致したまくりタイプの馬です。

 

今回のメンバー構成では、

マイネルミラノが居る為にスローにはなりにくそうで、

ミドルペースでまくっていっても一脚使える同馬は魅力です。

 

更に今回は人気各馬に距離実績が乏しいことも懸念材料であり、

その点、同馬は2勝しており距離には信頼が置けます。

中々順調に使えないため一戦一戦が勝負なだけに、

ここも積極的な競馬をしてくれるでしょう。

 

対抗○にはステファノスです。

同馬は今回1番人気に推されていますが、

それもそのはず、

大阪杯ではキタサンブラックに詰め寄る2着と、

大健闘の走りをしました。

 

前走で安田記念を使った事がどう出るか分かりませんが、

1番人気は10年で8回の馬券圏内と安定した走りを見せています。

ただ、本命に推せなかったのは、

距離実績、休養明け実績に乏しく、

中山でも勝ち星が無い為です。

 

今回の4枠も過去10年で3着以内馬が一頭だけと、

枠順もデータ的には不利です。

これを跳ね返すだけの走りが求められます。

 

▲はブラックバゴです。

同馬は前走、準オープンを勝ったばかりの存在ですが、

3歳時はオープンで活躍するなど、

昇級は形だけです。

 

大型馬の割りにきっちりとお腹周りが絞れるタイプですが、

ここに来て馬体に芯が入ってきた印象もあり、

末脚にも磨きがかかって成長を感じられます。

 

好位から速い上がりを使えるのが理想的で、

今の同馬なら理想的な走りに近づけられるでしょう。

内で脚を為ながらの抜け出しに期待です。

 

最後☆はカフジプリンスです。

今回のペースの読みは先述の通りミドル予想ですが、

同馬は近4走全てミドルペースで走っています。

 

一口にミドルと言ってもその中身は様々ですが、

強敵相手に3番手から粘り抜いた前走の3着は見事でした。

その新潟記念は直線も長く、

同馬の夏の成長を感じられます。

 

まだ4歳と馬が若く、

中山は1戦1勝。

距離も1-0-1-1と好相性で、

3着以内の粘り込みに今回も期待です。

 

買い目は◎の単勝と、人気が割れているためワイドの流しで的中を狙います。




それでは次に阪神で行われる、

神戸新聞杯の予想

に参りたいと思います。

 

出馬表とはしくれの予想は、

以下の通りです。

 

 

<2017 神戸新聞杯予想 印&買い目>

◎レイデオロ

○サトノアーサー

▲キセキ

☆カデナ

買い目・・・単勝○100円、馬連流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

本命◎はこの馬にしました。

やはり神戸新聞杯と言えばダービー組みの始動の舞台ですが、

この馬も例外なくここを選んで来ました。

 

当レースの傾向として最も特徴的なのは、

上がり最速馬が過去10年で全馬券圏内という事実です。

これを考えると浮上するのは何頭かに絞られますが、

恐らく1~2を争う末脚の破壊力を、同馬は秘めているでしょう。

 

鞍上は過去5年で2戦全勝と得意なコースで、

外回りで直線も長く、

差し不発は考えにくいと思います。

 

対抗○はサトノアーサーです。

先述の通り、当レースの傾向としては上がり最速馬が強いですが、

◎との差し比べでも同馬は遜色ない脚を持ちます。

 

特に阪神コースでは2-1-0-0と全連対で、

上がりは出遅れて32秒7計時を含む、

3戦連続上がり最速を記録しています。

 

ダービーでは極端なスローに泣きましたが、

今回は調教の動きからも仕上がりは良さそうで、

一気の末脚でまとめて差し切るシーンも有り得そうです。

 

▲はキセキです。

くどいようですが当レースは上がり勝負の傾向があり、

同馬が前走、新潟でマークした32秒9の末脚は大きな武器です。

 

実績的には大舞台の経験がなく、

他馬に譲るところはありますが、

古馬を相手にレース上がりを1秒5も上回る走りは圧巻でした。

 

春先は個人的にパドックで常に注目しながら、

中々勝ち切れずに居る事が不思議だった逸材です。

中身が伴って成長してきた今なら、

大駆けも有り得るでしょう。

 

最後に☆はカデナです。

同馬は弥生賞を勝つところまでは順調だったのですが、

皐月賞では流れに乗れず9着、

ダービーでも超スローのほぼ最後方という競馬で、

11着と着順を落としてしまいました。

 

ですが、同馬の末脚が鈍ったわけではありませんし、

皐月賞のような速い流れも想定されない今回なら、

上昇があって然るべきです。

 

手綱もここまで替わらず福永騎手が取っているのも魅力で、

休み明けにも実績が有り、侮れない一頭です。

 

買い目は逆転を考慮して、配当的に○の単勝と、

◎から馬連で流して勝負したいと思います。

 

さて、

9月も終わりに差し掛かり、

暑さも和らいで来ました。

有力馬が始動し、

秋本番の様相ですね。

秋を盛り上げる馬たちの活躍に、

注目したいです。

 

今週の予想は以上になりますが、

皆さんが更なる馬券の収支改善を果たされます事を、

はしくれは心から願っています・・・☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です