回収率を上げるために

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬ファンならば誰しも気になる回収率ですが、

回収率を上げるためには、まず何をすべきでしょうか。

予想の技術の向上でしょうか、

それとも、馬券の技術の向上でしょうか・・・?

 

これらはもちろん大事なのですが、

はしくれの持論を述べれば、

回収率を上げるために一番大事だと思うのは、

モチベーションの向上です。

 

これは口で言うのは簡単ですが、

実際には明確な回収率向上の理由や、

それを達成する為の忍耐が必要になります。

 

皆さんは、回収率を向上して何がしたいですか?

 

そこで、

今回ははしくれの回収率向上のための理由と、

実際にそれを達成するとどんな結果が待っているのか

について、お伝えしたいと思います。

 

まず、はしくれが回収率を上げるモチベーションにしているのは・・・。

 

馬券代を浮かせて、家族旅行に行きたい

という理由です。

 

以前からお伝えしている通り、

はしくれはお小遣いで競馬をやっている身でして、

プロの競馬ライターといえど、

自由に競馬でお金を使える訳ではありません。

 

ごく僅かなライター収入では減らす訳には行きませんし、

実際に予想したレースを自身で買っている事からも、

常に負けられない戦いになっているのが事実です。

 

ですが、そういったしがらみよりも、

「お金があったらこれをしたい!」

とプラスに考えられる動機の方が、

モチベーションを向上できます。

 

「使わなかったお金で何ができるか」

これを真剣に考えられるようになれば、

回収率を上げる事に意義を見出せるようになります。

 

 

因みに、

はしくれが妻から許されている1ヶ月の競馬代は、

1万円です。

これは恐らく競馬をする人間としては、

かなり少ない部類に入ると思います。

 

昼食代などの生活費は別計算でありますが、

当ブログが少点数、的中重視の買い方なのが、

この事からもご納得頂けると思います。

 

さて、こうして日々競馬生活を繰り返していると・・・。

段々と自身の回収率が正確に判明してきます。

はしくれの例で言えば、

昨年2016年は85%ほどありました。

 

月の平均が5,230円のマイナスという結果でしたが、

これは的中した分をまた賭け金に回しているので、

回収率としてはこうなる訳です。

 

年間で62,770円のマイナスでしたが、

逆に言えば残りの57,230円が確実に浮いています。

予算を立てて回収率を上げる事ができれば、

この浮いたお金で十分、旅行の予算が組めるのです。

 

そして、

実際に浮いたお金でどんな旅行ができたのか

というと・・・。

 

 

旅館で部屋出しの懐石料理を食べる事ができました(*:ー;*)

うう・・・嬉しいものですね・・・。

念願叶ってとは正にこの事、

はしくれ人生最大の至福のひとときでありました・・・(グスン)

 

温泉にもたっぷり浸かれましたし、

温泉まんじゅうや温泉カステラも満喫致しました・・・。

ホテルの方もレビュー通りに皆さん親切で癒されました・・・。

はしくれが泊まった「ホテル南風荘」本当に良いお宿でした。

 

 

競馬予想をしていると、

ついあれこれと手を広げたり、

思わずお金を使ってしまいがちです。

以前のはしくれもそうでした。

 

ですが、競馬は本質的にはギャンブルです。

失ったお金で何ができたかを考える必要があると思います。

適正な予算を決めて、回収率を上げる事ができれば、

また新しい視点で競馬予想に取り組む事ができます。

 

そういう新鮮な気持ちと余裕が、

次の勝利を引き寄せるのです。

ぜひ皆さんにも、

回収率を上げるためのモチベーションを、

しっかりとイメージして頂きたいと思います。

 

そして一歩一歩、

競馬の収支改善を果たして行きましょう。

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「回収率を上げるために」への2件のフィードバック

  1. ん?ん?ん?
    箱根?
    箱根に行ったですか?
    今、気持ちよさそうですよねぇ。
    空気も涼しいだろうし、
    いいなぁ・・・
    早く、バイクを復活させたいなぁ・・・
    がんばろ~!

    1. はい、箱根に行ってきました(*^^*)
      とても快適に過ごす事ができ、
      帰ってきたばかりなのに、もう旅行に行きたいです。
      昨年頑張って回収率を上げられて、良かったなあ・・・
      としみじみ思います。
      バイクの復活、陰ながらお祈りしています(*^^*)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です