本命党?それとも穴党?どっちが勝てる?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、競馬をやっているとよく聞かれる

本命党か、穴党か

という議論についてのお話をしたいと思います。




まず、結論から言いまして、

はしくれは何党でもありません。

 

本命党といえば、

軸馬は人気筋から入るものであり、

穴党といえば、

軸馬を穴にするか、高配当を狙った馬券の組み立て方をするものです。

 

本命党か、穴党か、という議論は昔から有り、

どちらが良いか話し合われることもしばしばです。

 

同じような実力を持った馬が多ければ、

穴を狙った方がオイシイ気がしますし、

的中を増やしたければ、

人気馬から行くのが筋のような気がします。

 

ですが、これらははっきり言って

邪道な考え

と言わざるを得ません。

というのも、

どちらかに思考の性質がシフトした時点で、予想の純粋性が失われる

からです。

 

 

競馬が難しいものであるのは、百も承知ですが、

だからと言って安易に穴を狙うのは考えものです。

そもそも、

穴が開くレースは、穴党でも買わないような馬が入ったり、

条件次第では堅く収まってしまう事も多々あるからです。

 

確率で言えば

圧倒的に人気馬で決まりやすいのが競馬

ですが、

それでは本命党の方が勝ち目が有るかというと、

これもそうでは有りません。

 

当然ですが、

人気馬同士の決着は配当が低い

ですから、

余程馬券を絞らなければ利益を出すのは難しいでしょう。

 

特に地方競馬などでは、

馬連にあたる馬複でも100円台とか、

馬単でも100円台の低配当はしばしばあります。

その代わり人気が飛んだときの配当が凄かったりもしますが、

とにかく本命党を掲げて臨むのもあまりお勧めできません。

 

人間の脳みそがすぐサボろうとするものだとは、

脳科学者の苫米地英人さんが仰っていたと思いますが、

人間は思考を止めたいがために、偏った思考になりがちです。

 

こうなると、

自分の都合の良い解釈で予想をするようになり、

馬券を的中するための障害になります。

これは、

はしくれの20年の競馬歴の中で、とりわけ実感した事実です。

 

 

人間は、自分が見たいように現実を見る

というのも、精神を研究する人の世界では常識ですし、

競馬の結果が自分の見たいような結果にならない

事については、

これも良くある事です。

 

では、何党でもないのなら、どのような考えに依るべきなのでしょうか。

それは、

まずはそのレースの傾向を探り、先入観を持たずに分析する

という、予想の軸を持つ事で解決できます。

 

人気馬があまりにも飛びやすい函館記念のようなレースもあれば、

人気馬が堅いダービーのようなレースもあります。

これらはもちろん傾向に過ぎませんが、

人気も一つの要素として、

変動する馬場状態のように、

一つの傾向として分析し、対応する事が大切です。

 

はしくれもかつては、本命党だったり、

穴党だったりする時期がありました。

そして、そうした決め付けの結果、散々な思いをしたものです。

 

剣術の柳生新陰流には、

無形の位(むぎょうのくらい)

というものがあります。

これは、型(かた)をとらない形という意味の、剣術の極意です。

型にとらわれない事で、自在に対応する姿勢を貫くための極意ですね。

これは、競馬予想にも通じるものがあると思います。

 

当ブログのコラムの趣旨は、

馬券の収支改善にあります。

どちらにも依らない、という思考は

初めのうちは難しいかもしれませんが、

ぜひ、

そのレース毎に対応していく楽しさを感じながら

徐々にこの姿勢を身に付けて頂ければ幸いです。

 

そして、

自分だけの予想法や眼力を鍛え上げて、

皆さんが馬券の収支改善の解決策を導き出されます事を、

心から願っています。




パドック速報を配信した結果・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、2017年8月19日土曜日に配信した、

ツイッターでのパドック速報の結果

についてお伝えしたいと思います。




実は、ツイッターにもアカウントを持っているはしくれ・・・。

当ブログでかねてから実施したかった、

「パドック速報」をついに生配信致しました。

 

普段ツイッターから当ブログにお越し頂いている皆さんには

届いた情報かと思いますが、

ブログのみの閲覧の方には配信できなかった情報なので、

今日はこの場を借りて報告させて頂きたいと思います。

 

まず、はしくれが配信した小倉8レースですが・・・。

このような内容で配信させて頂きました。

 

 

「いいね」をつけて下さった方、ありがとうございます。

以上の通り、印は2頭に絞り

買い目は書かずに予想印のみを配信致しました。

 

因みに、はしくれの予想ですが・・・。

◎ゼンノワスレガタミ

○ドライバーズハイ

自身の買い目は→◎単勝100円、馬連&ワイド各100円、計300円。

でした。

 

結果は・・・。

 

 

以上の通りです。

単勝、ワイドのダブル的中、

クビ差の馬連が、惜しかったですね。

証明にこちらの画像も添付致します。

 

 

 

なぜ今回、このような報告をさせて頂いたのかというと・・・。

以前からはしくれがお伝えしている、

パドック記事の信憑性を証明したかったからに他なりません。

 

今まで何度も当ブログでお伝えしてきた通り、

はしくれは何万回というパドックを経験し、

自身の相馬眼を鍛え抜いてきました。

そして、得られたその極意

パドックの見方、お教えします!

で既にお伝えしています。

 

なぜ、はしくれがここまでパドックに拘るのかというと、

パドックが当たらないものだと思われているのが、我慢ならないから

です。

 

パドックを軽視したり、

不要とまで仰る方が居るのには、本当に我慢がなりません

発走直前の生の情報がそこにあるのに、

なぜ軽視ができるのでしょう??

こういう方たちは相馬眼がありもしないのに、

分かったように言い放つのです。

これは全く意味が分かりません

 

そして、はしくれはこの事をとても憂慮しています。

なぜなら、事あるごとにパドック不要説が出ては、

TV番組などは、パドックを取り上げなくなってしまう恐れがあるからです。

事実民放のパドック中継などは、

馬体を正面から映していませんし、

あれでは全く無意味です。

 

ですから、

本当にパドックが予想の役に立つ事を踏まえて、

当ブログを閲覧下さる皆さんには、

馬体を正面から見る事を心がけて頂きたいです。

 

因みに、このような配信は後にも先にもこの一回限りです。

なぜなら、オッズの低下を本気で恐れたからです。

事実、ゼンノワスレガタミは1番人気から4番人気に直前で人気を落としていますが、

はしくれはむしろこの状況を歓迎していました。

「いいね」をして下さった方の、お役に立てていれば嬉しいのですが・・・。

 

 

また、これまでも当ブログでお伝えしてきた通り、

本当に仕上がっている馬は、運も味方します

となれば、それを選んだ私たちにも、同じことが言えるはずです。

(因みにゼンノワスレガタミは道中落鉄していたそうです。仕上がりがモノを言いましたね。)

 

せっかくパドックは競馬を外から眺められる、

ファンだけの特権です。

ぜひともこの文化を絶やさぬように、一緒に盛り上げて行きましょう。

 

それでは、当ブログがお役に立ち、

皆さんの更なる馬券の収支改善が果たされる事を願って・・・。

今回はこの辺で。

失礼致します。




 

2017日本海ステークス結果、札幌日刊スポーツ杯&TVQ杯結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に開催された3場のメインレース、

日本海ステークス・札幌日刊ステークス・TVQ杯の結果

についてお伝えしたいと思います。

先週好調だったはしくれ、

今週も的中なったでしょうか。

 

それでは早速、新潟で行われた

日本海ステークスの結果についてお伝えします。

はしくれの予想は以下の通りでした。




<2017 日本海ステークス予想 印&買い目>

◎グランアルマダ

○グランドサッシュ

買い目・・・◎単勝100円、◎ー○ワイド100円、計200円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)!

 

はしくれの◎グランアルマダが、

見事に逃げ切り勝利を飾ってくれました☆

これは読みどおりの展開で、かなり嬉しい的中となりました。

それでは、ざっと振り返っていきましょう。

 

まず、大きな出遅れもなく、

レースはスローペースで進みます。

◎グランアルマダが後続を引っ張りますが、

4コーナーでは馬群が凝縮、

ここから二の脚が使えるかが鍵でしたが・・・。

 

 

見事、粘りを発揮しての優勝、

やはり最内をずっと進んだのが良かったですね。

馬場が読めていたので、この結果は嬉しいです。

 

○のグランドサッシュは、

後ろから競馬をしましたが、エンジンがかかりませんでした。

2着のゼウスバローズは、上がり最速の脚を繰り出しましたが、

前が序盤流れた為に、そこまで極端な末脚勝負にもならず・・・。

それでも、馬群が凝縮してからの一脚は見事でした。

3着に内を狙ったトレジャーマップが入りました。

 

今回は馬場と展開がしっかり読めていたのが良かったですが、

思ったよりも○グランドサッシュが後方から展開しました。

2番手以下が離れた団子状態であるなら、

末脚自慢のゼウスバローズを上に取るべきだったな、

と反省しています。

ただ、単勝が獲れたのは良かったです。

買い目は正解でしたね。

 

それでは次に、札幌日刊スポーツ杯の結果に参りましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 札幌日刊スポーツ杯予想 印&買い目>

◎ウインヴォラーレ

○マイネルヴンシュ

▲アドマイヤウイナー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計300円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*><*)

 

◎ウインヴォラーレは2着・・・。

単勝では狙いづらいと判断したため、

相手を選んでワイドにしましたが、

これが功を奏しました。

それでは、レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

▲のアドマイヤウイナーが出遅れましたね。

モレイラ騎手はこの日3勝2着3回と相変わらず絶好調でしたが・・・。

ただ、流れには乗って、最後は上手く追い込んできました。

 

 

こちらですね。

それでも▲アドマイヤウイナーは3着、

◎ウインヴォラーレがソツのない騎乗で2着。

ですが、その隣から更に勢いに乗って追い上げた

蛯名騎手のリッジマンが抜け出して快勝しました。

 

ハンデ差もありましたが、

この馬は仕上がりも良く、

競馬が上手な馬だなという印象を受けました。

 

◎ウインヴォラーレ、▲アドマイヤウイナーは次走も期待できそうですし、

○マイネルヴンシュも自身の競馬はできたと思います。

マイネルヴンシュも次走以降、

クラス慣れが見込めるため、上昇が望めそうです。

 

そして、馬場状態はCコースの影響で、

やはり内目が伸びて来ました。

上位の馬が全て内を通っていることからも明らかですが、

こういうコース変わりには、やはり気をつけねばなりません。




それでは最後に、小倉で行われた

TVQ杯の結果に参りましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 TVQ杯予想 印&買い目>

◎タガノグルナ

○ビスカリア

買い目・・・◎単勝100円、◎ー○馬連・ワイド各100円、計300円。

 

それでは、結果です。

 

 

はしくれ・・・・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

ここは◎タガノグルナに期待していましたが・・・。

予想通りの展開も、粘れず7着となりました。

早速、レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートでは大きな出遅れもなく、

道中も◎タガノグルナが先頭を走って、

良い感じで4コーナーを迎えます。

ずっと隣に、同じタガノの冠名を持つ、

タガノヴェローナがついてきましたが、

手ごたえはそんなに違い無いように見えました。

ですが・・・。

 

 

粘り切ったのは、このタガノヴェローナの方でした。

最後内からタイマツリが強襲しますが、

かなりの勝負根性を見せて同馬が粘り切ります。

そして3着に脚が一杯になった○ビスカリアで、

4着のトーコーグリーンも、最後は脚色が同じになっていましたね。

 

これを見ていると、序盤飛ばした影響からか、

最後は全馬脚色が鈍ったという展開でした。

また、勝ったタガノヴェローナは51kgの軽ハンデでもあり、

この微妙なハンデ差も影響したようです。

 

◎タガノグルナは少し発汗が目立ちましたので、

もしかするとこの暑さと、

それから小回りが向いていない可能性があります。

いずれにしても、これからの同馬にはこの点、注意が必要でしょう。

 

さて、夏競馬は札幌記念が終わり、

いよいよ秋競馬の足音が聞こえてきました。

東京では土曜日に19日間連続で降雨を観測しましたが、

その他の地域では晴れて暑い日が続いています。

本格的な秋はまだ先ですから、

皆さんもどうぞご自愛下さい。

 

それでは、今回もご精読下さり、ありがとうございました。

来週も的中を目指して頑張りますので、

どうぞご覧下さいますよう、よろしくお願いいたします。

それでは☆

 

*勝利されたグランアルマダ及びリッジマン、タガノヴェローナの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。

*8月23日に川崎で開催されるスパーキングサマーカップのはしくれの本命を、最強競馬ブログランキングにて公開中です(先週のダートグレードレースは全て馬券圏内確保)。どうぞご覧ください☆