2017新潟2歳ステークス結果&キーンランドカップ結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日、日曜日は2重賞

新潟2歳ステークスとキーンランドカップが開催されました。

回収率100%に迫るはしくれ、

果たして結果を上げる事はできたのでしょうか・・・。

 

それでは早速、新潟競馬場で開催された

新潟2歳ステークスの結果をお伝えいたします。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 新潟2歳ステークス予想 印&買い目>

◎プレトリア

○ムスコローソ

▲グランデウィーク

☆オーデットエール

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

結果は以下の通りです。

 

 

はしくれ・・・・・・惨敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

これは、もう・・・

如何ともしがたい敗戦を喫してしまいました。

その主たる要因は超スローペースにあるわけですが・・・。

早速結果を回顧していきましょう。

 

まず、スタートでは特に大きな不利も無く・・・。

各馬団子状態のスローペースで進みます。

ここまでは予期していた事ですが、

それにしてもスロー。

超スローペースとなります。

 

逃げ馬が散見されたので、

ここまでのスロー展開は予想していませんでしたが・・・。

前を行く各馬はきちんと内目を開けてコーナーを回りました。

 

さすがに1000m通過が1分1秒6という時計では・・・。

前に居ないと話にならなかったですね。

新潟の馬場を考えれば、これは長距離戦でもかなりのスローです。

これをマイル重賞で記録するとは驚きました。

 

先行各馬は余力十分、

このペースでのヨーイドンでは、

ポジションがモノを言います。

芝の良いところを先行して抜け出した

フロンティアの快勝でした。

 

 

最後内に寄っていますが、

馬場の4分どころを真っ直ぐ走ったフロンティアの操縦性は、

高く評価できます。

 

こうして見ると

新潟外回りマイルという条件を、各騎手が意識しすぎた

という結果になりました。

ここまでの超スローをはっきり意識できたかどうか

が予想の分かれ目でしたね。

 

ただ、はしくれの本命◎プレトリアに関しては、

悲観する内容ではありませんでした。

馬場の良くないインを進んで、

最後も直線で外に出せない苦しい競馬で7着。

まだ見限れない敗戦でした。

 

相手に選んだ馬たちもこのペースに翻弄されており、

今回の着順を悲観する必要は無さそうです。

ともかく今回の反省点は、

後半勝負に意識が集中しすぎて、超スローになる事を読みきれなかった事

です。

この点は他のレースでも注意したい事柄です。




それでは次に、札幌競馬場で行われた

キーンランドカップの結果をお伝えしたいと思います。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 キーンランドカップ予想 印&買い目>

◎モンドキャンノ

○ソルヴェイグ

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連&ワイド各100円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、重ねてお詫び申し上げます、

申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎モンドキャンノは6着・・・。

早速回顧をして参りましょう。

 

まず、大きな出遅れも無くスタートしたレースですが・・・。

前はナックビーナスがハナを奪って進みます。

インを攻める同馬の横に○ソルヴェイグが良い形で先行します。

◎モンドキャンノはポジションが定まりません・・・。

 

4コーナーを回ると各馬が内外にバラけます。

ナックヴィーナスが粘り、

馬場の良いところを通った○ソルヴェイグが襲い掛かりますが・・・。

なんと、

2頭の間に後方から割って入ったのは、

12番人気の洋芝巧者・エポワスとルメール騎手でした。

 

 

これにはしまった、と思いました。

前日土曜日にはメインレースで本命に推していた

◎エトルディーニュとルメール騎手ですが、

馬場を読んだ対処ができていないと感じた為に

エポワスを軽視してしまいました。

 

やはりこれが一流騎手の実力です。

はしくれの予想の限界を思い知らされた瞬間でした。

○ソルヴェイグの単勝に望みを繋いでいましたが、

結果はご覧のとおりでした。

 

現在の札幌競馬場が、

インがまだ伸びる状態であることは間違いありませんでしたが、

土・日ともに枠順と脚質の判断が甘かったです。

申し訳ございません。

この点は必ず修正したいと思います。

 

さて、今週は2重賞ともに外してしまいました。

回収率も少しずつ上昇していただけに、非常に残念です。

ただ、掛け金を落としていますので、

その点が救いでした。

やはり、

勝てているときとそうでない時は、抑揚が必要

です。

 

夏競馬も残すところ、あと一週間となりました。

来週こそはプラスで折り返したいと思います。

来週は枠順と脚質により気をつけて予想に臨みますので、

ぜひまたご覧下さいます様、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは今週もご精読下さいまして、

誠にありがとうございました。

 

*勝利されたフロンティア及びエポワスの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




2017新潟2歳ステークス予想&キーンランドカップ予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の土曜日もプラスで折り返したはしくれですが、

まだあと少し回収率100%には足りない状況。

日曜日の2重賞で、

なんとかこの線を突破したいところです。

 

それでは早速ですが、

新潟競馬場で行われる重賞、

GⅢ新潟2歳ステークスの予想に参りましょう。

出馬表とはしくれの予想は以下の通りです。

 

 

<2017 新潟2歳ステークス予想 印&買い目>

最強競馬ブログランキングにて発表

○ムスコローソ

▲グランデウィーク

☆オーデットエール

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬にしました。

現在の新潟競馬場の芝コースは、

中ほどが一番伸びる馬場で、

このレースが追い込み馬にも分がある事を考慮しました。

 

1番人気のムスコローソと同じ東京デビューですが、

タイムはこちらの方が上で、

出遅れて上がり最速記録と伸びしろがありそうです。

厩舎も課題を乗り越えながらこのレースに辿りついたようで、

それだけにこの一戦に懸ける思いは強いでしょう。

 

対抗○はムスコローソです。

デビュー戦ではふらふらしながら優勝しましたが、

終わってみれば4馬身の着差をつけ、

中団から上がり最速と瞬発力はお墨つきです。

 

やはり新潟芝マイルは上がり勝負の舞台なので、

この点を重視されての1番人気は妥当でしょう。

鞍上の大野騎手との相性がどう出るかですが、

最内枠も好枠で、

瞬発力勝負に期待です。

 

▲はグランデウィークです。

当レースはデータ的に、

上がり最速で新馬勝ちした馬が強い傾向がありますが、

同馬は新馬勝ちこそしても、

上がりは2位でした。

 

ですが、

その内容は出遅れた上に道中で不利もあり、

それでいて勝ち馬から上がりもコンマ1秒差なら、

実質最速上がりはこの馬と見る事もできます。

距離短縮もはまりそうで、

差しが得意な柴山騎手。

一発があって不思議ありません。

 

☆はオーデットエール

同馬は唯一の、当該コースでの新馬戦勝ち馬です。

やはり一度経験がある上、

この時も外を通って上がり最速を記録。

ジャスタウェイを排出したハーツクライ産駒で、

コース適性は相当高いと思います。

 

新潟得意な柴田善臣騎手が騎乗で、

最後の末脚に磨きがかかりそうです。

スタートが五分に決まれば、

タイムも更に詰められるでしょう。

 

買い目は単勝とワイドの流しで点数を抑えます。




それでは次に、札幌競馬場で開催される

GⅢキーンランドカップの予想に参ります。

出馬表とはしくれの予想は以下の通りです。

 

 

<2017 キーンランドカップ予想 印&買い目>

人気ブログランキングにて発表

○ソルヴェイグ

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連&ワイド各100円、計400円。

 

本命◎はこの馬です。

現在の札幌競馬場の芝状態は、

コーナーに傷みこそあるものの概ね良好で、

直線も決してインが死んだわけではありません。

 

ただ、

馬場の良い所を通って好位で折り合えるのが理想で、

軽ハンデも相まって、

この馬には理想的な展開となりそうです。

 

元々馬体も筋肉質で、

かなり短距離志向な体つき

久々のこの距離での躍進がありそうです。

騎手・厩舎力ともに期待の大きい一戦でしょう。

 

対抗○はソルヴェイグです。

今回、外枠から逃げることになりそうですが、

幸いなことに隣枠のシュウジは、

陣営が控えていくという宣言を出しています。

 

とはいえ、

シュウジは騎手の思惑通りに中々走らない馬ですから、

出方次第で調整していく必要はあるでしょう。

その点、前年で好位から競馬ができた事も同馬にとっては強みで、

鞍上も川田騎手の連続騎乗と頼もしい限りです。

 

休養明けは経験が少ないですが、

好調が伝えられています。

前走からの距離短縮も吉と出そうです。

 

買い目は絞って、◎・○両方の単勝と、馬連&ワイドの本線のみで勝負します。

 

それでは、2重賞に期待をしつつ・・・

日曜日も楽しみましょう☆




2017BSN賞予想&WASJ第2戦予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は新潟競馬場でBSN賞が、

札幌競馬場ではワールドオールスタージョッキーズの第2戦が、

メインレースとして組まれています。

 

小倉競馬場でも開催がありますが、

回収率を重視して今回は2本立てと致しました。

それでは早速ですがこの2つのメインレースの内、

新潟競馬場で開催される

BSN賞の予想から参りたいと思います。

 

出馬表と予想は以下の通りです。

 

 

<2017 BSN賞予想 印&買い目>

◎マスクゾロ

○センチュリオン

▲トップディーヴォ

☆スズカリバー

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬にしました。

土曜日の新潟地方は晴れ予報ですが、

週中の雨で馬場は重馬場になりそうで、

差し馬が多いメンバー構成からも、

先行馬有利と判断しました。

 

かなり水を含んだ馬場で、

時計も速くなりそうですが、

同馬には持ち時計も重馬場実績もあります。

臨戦過程が鍵になりますが休養明けも得意ですし、

ここでは力上位をはっきり示して欲しいものです。

 

対抗○にはセンチュリオンです。

同馬はとにかく安定感が素晴らしく、

オープン入り後の4戦も、

全て3着以内でまとめています。

中団から鋭く脚を伸ばすタイプで、

レースが上手なので大崩れは考えにくいです。

 

その代わりこういうタイプにありがちな、

善戦マンなのも事実で、

今回もペースが落ちそうな事から、

差し切りまでは難しいかと思います。

ただ実力は間違いないので、

2番手評価としました。

 

単穴▲はトップディーヴォです。

この馬の強みは3つありまして、

1つ目は鞍上が横山典弘騎手と言うことです。

2つ目の強みは重馬場適性で、

3つ目にはローテーションが好感です。

 

テン乗りが上手い横山典弘騎手で、

3-2-0-0と同馬大得意の重馬場なら、

叩き3戦目のローテーションと共に上昇して驚けません。

最内枠も先行する同馬にとっては追い風になりそうです。

 

そして☆にはスズカリバーです。

同馬は前走、マリーンステークスを3着と好走しました。

にも関わらずハンデは据え置きの53kgと軽量で、

復帰してから思い切りの良い騎乗を見せている、

三浦皇成騎手が騎乗です。

 

準オープンを勝ったばかりの馬や、

前走で先着している馬よりも軽ハンデである以上、

これはかなり恵まれたハンデと言えそうです。

先行馬も数が少なく、

スローペースを味方にできそうなのも魅力です。

 

買い目は好調の単勝と、点数を絞ってワイドにします。

 

続いて、札幌競馬場で開催される

WASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)第2戦の予想です。

出馬表と予想は以下の通りです。

 

 

<2017 WASJ第2戦予想 印&買い目>

◎エトルディーニュ

○ゲッカコウ

▲クロコスミア

☆ウインフェニックス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬です。

 

同馬は洋芝で好走歴があり、

枠も不利がなさそうな事から、

本命に指名しました。

 

土曜日の札幌地方の天気は晴れ予報ですが、

馬場も乾いて良になりそうで、

重馬場経験がない同馬でも走りやすい馬場になりそうです。

ただJRAの発表によると、内目の芝が傷んできているという情報もあり、

最後外に持ち出せるかがレースの鍵になるかと思います。

 

そこで思い出すのは先週、

同コースを使用した札幌記念ですが、

このレースを考えると、

最初はインをロスなく進んで、

3~4コーナーで外に進路をとるのがセオリーとなりそうです。

 

枠と脚質、そして今年の札幌記念を経験した騎手とのコンビで、

同馬にはかなり分があると判断しました。

 

対抗○はゲッカコウです。

同馬は3ヶ月の休養明けから、

1000万下を優勝→同級を4着と、

ここにきてかなり好調をアピールしている一頭です。

 

特に前走は出遅れましたが巻き返しており、

今回は叩き3戦目で更なる前進が狙えます。

枠も2番枠でインで脚を溜められますし、

前で競馬をする有力各馬を見る形なのも理想的です。

モデルのオファーもあったという美人ジョッキー、

ケイトリン・マリヨン騎手の騎乗です。

 

単穴▲はクロコスミアです。

同馬を選んだ最大の理由は、

重賞でも好走している実績です。

前走のクイーンカップ4着もそうですが、

2走前の降級戦もすぐさま優勝したのは見事でした。

 

今回は現級での一戦となりますが、

臨戦過程からあっさりがあってもおかしくありません。

戸崎騎手は同馬に騎乗経験がありますし、

その点でも有利な一頭と言えるでしょう。

 

最後☆はウインフェニックスです。

同馬は前年のこのレースの2着馬ですが、

とにかく勝ち切れないが大負けもしないというタイプです。

札幌芝は2-1-0-0と巧者であり、

2000mも0-1-1-0とここは得意のコースです。

 

8ヶ月の休み明けが気になりますが、

休み明けも0-2-1-0と安定感があり、

斤量も苦にしない事から、

馬券圏内突入には警戒が必要でしょう。

センス溢れる騎乗を見せる、田辺騎手が騎乗です。

 

買い目は、回収率を重視して単勝&ワイドにしました。

 

それでは皆さんの土曜日が、

楽しい一日でありますように・・・☆