馬体重に左右されないたった一つの方法

皆さんこんにちは、はしくれです。

新聞や各種データを使って、

必至に予想して組み上げた馬券ですが・・・。

いざ、買ってから馬体重の発表を聞くと、

不安になる事ってありますよね。

 

これで行ける!と思っていた予想ですが、

前走からプラス10kgとか、

マイナス10kgとか言われると・・・。

 

まして10kgくらいならまだしも、

これを超える上限というのも、

ままあるのが競馬です。

 

そこで今回は、

馬体重を気にしなくて良いたった一つの方法

を、実践を交えてお話しましょう。

 

馬体重を気にしなくて良い、

たった一つの方法とは・・・?

 

それは・・・・・・

相馬眼を鍛える事

です!




当ブログでは何度となく、

この事実に触れていますが、

皆さん実際にパドックを見て勉強して下さっていますか?

 

はしくれは本当に役に立つと思えばこそ、

パドックの見方、お教えします!

極意を公開しているのですが・・・。

 

開催場所にもよりますが、

はしくれは当該馬が、

大体何kgプラスかマイナスか、

この目で見て判断できます。

 

その実践として、先日の小倉9レースで、

実際に本命にした馬の画像をご覧頂きましょう。

 

 

この馬は画像の通り、

1番人気でプラス14kgという馬体重での出走でした。

これを見て皆さんは、

どう思いますか?

 

プラスでしょうか、

それとも、マイナスに見えるくらいでしょうか・・・??

 

はしくれの判断としては、

「ベスト体重~プラス2kg」

でした。

 

果たして結果は・・・。

 

 

・・・2着でした。

と、いう事は・・・

プラス2kgが正しかった

ようですね。

 

実際、同馬は枠入れの際、

若干発汗も見られましたので・・・。

因みに成績表は以下の通りになります。

 

 

1番人気が2頭いますね。

そしてこの時の、はしくれの馬券ですが・・・。

 

 

このような形です。

的中していますね。

1着馬の画像を保存しておらず、誠に申し訳ございません。

 

因みにこの時の1着、ブライトムーンですが、

馬体のつくりはほぼ完璧でしたが、やや緩さが残っていたため、

本命にはしませんでした。

結果論ですが、

同馬の方がムダが無かった分、走りましたね。

 

印の数や買い目の数も、

当ブログでお伝えしている通りの内容で投票しているのが、

画像からもお分かり頂けると思います。

 

印に関しては予想印が競馬スタイルを決める!で、

買い目に関しては買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

で既にお伝えしていますので、

そちらもぜひ参考になさってみて下さい。

 

という事で今回は、

馬体重に左右されないたった一つの方法とは、相馬眼を鍛えること

という事実を、

改めてお伝えさせて頂きました。

その実際のサンプルとして以上の画像を上げておきますので、

時々参考に眺めて下されば幸いです。

 

また、パドックに集中していると、

馬券の買い目を考える時間が極端に短くなります。

ですので、

あまり点数が多くなりやすい三連系馬券は避け、

単複を基本とする馬券術を、併せておすすめしたい

と思います。

 

当ブログの基本理念は、

ご覧下さっている皆さんの、競馬の収支改善

にあります。

相馬眼上達の道のりは平易ではありませんが、

絶対にやるだけの価値はあります。

ぜひとも皆さんも楽しんで、

上達を目指して下さい。

 

それでは、今回はこの辺で。

今回もご精読下さいまして、誠にありがとうございました。




 

競馬予想が当たらない!そんな時は・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

皆さんは、

競馬予想が当たらなくて、

競馬場や、テレビの前で嘆いたこと

はありませんか?

 

今でこそプロの競馬予想家として活動しているはしくれですが、

「競馬は難しいよ。」

の記事でもお伝えしたとおり、

以前のはしくれは当たらないことを、競馬場で嘆いていました。

 

もちろん、

当ブログの週末競馬予想でも、

実際に何度か連敗を喫していて、

そういう時はやっぱり落ち込み、嘆きたくなる

事もあります。

 

それでも何とか予想をお伝えしていけるのには、

はしくれ流の

「前向きになれる方法」

が存在しているからに他なりません。

 

そこで今日は皆さんに、

はしくれ流の「前向きになれる方法」について、

お伝えしたいと思います。




早速ですが、はしくれが

馬券が当たらなくて落ち込んだときに、前を向く方法

とは・・・。

 

ずばり、

「時間をかける事」

です。

 

・・・それだけ??

と思われた方が多いかと思いますが、

実際にこれだけです。

 

というのも、

技術的な事はさておき、

当たらない事を嘆きたくなるような時は、

どれだけ競馬の回数を重ねても、

やはりこの方法しか実際に立ち直る術が無いからなんです。

 

だって、考えても見て下さい。

外れて落ち込んで最悪な気分の時に、

すぐさま前を向けますか?

 

本当の心の強さというのは、

そういう揺れる自分の心を、ごまかさずに受け止められる事

だとはしくれは思います。

 

ですから、

意地を張ったり無茶をしたりして、

自身に負荷をかけるよりも、

まずはしっかり落ち込んで、

それから前を向くのが自然な事だと思います。

 

それで、

実際競馬をやっていると、

どういう風になるかと言いますと・・・。

 

はしくれの例えで言えば、

勝負レースで外した後は、

落ち込むのに時間を使って、

次のレースがやれなかったり、

ひどい時は

その後のレースを全て放棄して帰ったりします。

 

 

これが実況や解説の仕事を請け負っている方ならともかく、

一個人として競馬を楽しむのであれば、

全くしてはいけない事ではありません。

 

そして、帰りの電車やバスの中で

散々負けの記憶を繰り返すのです。

ああでもなかった、こうでもなかった、と・・・。

 

競馬は、確かに馬券を手にするたびに

戦場にいるような気分

になる事がありますが、

落ち込んでいるからといって、

敵に槍で刺されたり、馬に蹴られる

という事はありません。

 

もちろん予想家としては、

厳しいお言葉を頂戴することもありますが、

それでもまずは一個人として、

ただ落ち込むことを否定されることは無い

のです。

 

ですから、

まずは落ち込んでしまえば良いです。

そうすると、

「何でおれってこうなんだろう・・・」

とか

「何でこんな事になったんだろう・・・」

とか、そういう思いが浮かんでくるものです。

 

これって、

心に少し余裕が出てきた証拠

なんですね。

だって、

ついさっきまでの瞬間には、

敗因を考えるなんて、思いもよらなかったんですから。

 

そうやって、

人には負けを受け止める為の時間があって然るべきです。

ですから、

前を向くためにすぐさまできる事は、

「時間をかける事」

まずこれしかないと思います。

 

競馬を長く続けていれば、

誰でもスランプや長いトンネルを経験する事があります。

そして、それは決して間違いではありません。

問題はそういうときに、

無理をして追い上げたり、当り散らしたりする事です。

 

ですから、

外れた時、落ち込んだ時は初めから、

「時間をかける」と決めておく。

たったこれだけの事で、随分気持ちが楽になります。

 

あとは、ひたすら復習です。

思考が感情に引っ張られる限り、

真実は見えてきません。

まずは冷静な状態を作ってから、

結果を回顧されることを、

ここで強くおすすめしたいと思います。

 

それでは、

少しでも当ブログが役に立ち、

皆さんの馬券の収支改善が果たされる事を願って・・・。

今回はこの辺で。

失礼致します。




2017BSN賞結果&WASJ第2戦結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に行われたメインレースの内、

新潟競馬場と札幌競馬場で行われた

BSN賞の結果とWASJ第2戦の結果についてお伝えいたします。

 

それでは、まずは新潟競馬場で行われた

BSN賞のはしくれの予想をご覧ください。

 

<2017 BSN賞予想 印&買い目>

◎マスクゾロ

○センチュリオン

▲トップディーヴォ

☆スズカリバー

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎マスクゾロは2着・・・。

それでは復習に参りましょう。

まず、スタートですが・・・。

いきなりラインハートが落馬します。

 

驚きのスタートでしたが、

各馬冷静にポジションを取りに行きます。

久々の◎マスクゾロも、

2番手のポジションを取れました。

先頭を切ったのは☆スズカリバーでした。

 

レースはミドルスローのペースで進み、

最後の直線では上記の2頭が抜け出します。

◎マスクゾロが☆スズカリバーを振り切り、

勝負あったかと思いきや・・・。

 

 

来ました!横山典弘騎手の▲トップディーヴォです!

道中はずっとインで我慢して、

最後は外に持ち出した好騎乗・・・。

さすがの手綱捌きで優勝しました。

 

更に、予想時にもお伝えしていたとおり、

同馬は重馬場で連対を外した事がありませんでしたが、

その実績どおりの走りを披露してくれました。

やはり馬場を読めていたこと、

差し馬が多く、

ペースがあまり上がらない展開を予想できた事が大きいです。

 

○センチュリオンはスタートで隣枠の馬が落馬しているので、

少し驚いてしまったかも知れません。

中団から脚を使っていましたが、6着止まりでした。

メンバーにもよりますが、

次は巻き返せると思います。

 

それにしても今回の◎マスクゾロは、

復帰戦として上々の滑り出しだったと思います。

重賞ウィナーですからやはり力がありました。

最後は少し息切れした感じでしたが、

この辺り次走で変わってきそうです。




それでは次に札幌競馬場で行われた、

WASJ第2戦の結果についてお伝えしたいと思います。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 WASJ第2戦予想 印&買い目>

◎エトルディーニュ

○ゲッカコウ

▲クロコスミア

☆ウインフェニックス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎エトルディーニュは6着・・・。

それでは早速、レースを振り返って参りましょう。

まずはスタートですが・・・。

大きな出遅れもなく、ほぼ揃ったスタートでした。

 

▲クロコスミアが逃げましたね。

同馬がインにぴたりと張り付き、レースを引っ張ります。

○ゲッカコウもインの3番手の絶好の位置取り。

◎エトルディーニュはと言うと・・・。

最後巻かれるのを嫌って、終始馬場の中よりを追走しました。

 

 

レースは結局殆ど動かず、

インを回って逃げた▲クロコスミアが優勝

地力の違いを見せ付けました。

そして2着に○ゲッカコウですね。

 

やはり、インで脚を溜めるのが正解

という馬場の読みは正しかったのですが・・・。

◎エトルディーニュが外を回ってしまったのが残念です。

ただ、同馬の隣枠が○ゲッカコウだったため、

インに入れずらかったのは仕方ないかと思います。

この辺り、もう少し枠の影響を考えられていれば、

結果も違ったところですね。

 

あとは買い目です。

ワイドの流しよりも、印を絞ってボックス

という選択肢もあっただけに、

この点は悔やまれます。

やはり競馬は予想印と買い目の両方が大事ですね。

 

ただ☆ウインフェニックスも4着

際どい競馬でしたから、

やはり本命馬選びが課題です。

札幌は相手ばかりが上位に食い込み、非常に残念でした。

 

さて、今週で8月も終わり、

来週でついに夏競馬も最終週となりました。

皆さんは、どんな夏競馬をお過ごしになりましたか。

 

これから競走馬はいよいよ充実の秋を迎えます。

はしくれも、更なる的中を目指して行きたいと思いますので、

どうぞこれからも当ブログをご覧くださいますよう、

心よりお願い申し上げます。

 

*勝利されたトップディーヴォ及びクロコスミアの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、 心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。