2017佐渡ステークス予想&TVh賞予想




皆さんこんにちは、はしくれです。

29日土曜日は、新潟競馬場で佐渡ステークスが、

札幌競馬場ではTVh賞が行われます。

どちらも準オープンでレベルの高いメンバー構成で、

夏の上がり馬の誕生に期待したい一戦です。

 

それでは早速今回は、

佐渡ステークスの予想から参りたいと思います。

まずは出走馬をご覧頂き、予想へと参りましょう。

 

 

<2017 佐渡ステークス予想 印&買い目>

◎ケンホファヴァルト

○マローブルー

▲ロイカバード

☆レッドルーファス

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

まず、今回の本命◎ですが、

ペースを味方につけられそうなこの馬にしました。

土曜日の新潟競馬場は、

開幕馬場で芝の生育も良く、

持ちタイムも必要とされそうですが、

それ以上に週中の雨と当日の雨の影響が気がかりです。

 

馬場は傷んでいないので、

走りづらい馬場にはならなそうですが、

ただでさえスローペース濃厚な上に、

この影響を考えると・・・。

展開的に有利なこの馬を一番手としました。

 

次に○マローブルーは、

いつでも現級を卒業できる実績を持っている上、

夏場も得意な牝馬であり、

且つ、優れた馬体の持ち主でもあります。

堀調教師の管理馬で休み明けも問題なく、

リフレッシュした今回は狙い目の一頭です。

 

▲ロイカバードは、

トップハンデの57.5kgが課題ですが、

重賞ではきさらぎ賞、京都新聞杯を3着した実績があり、

元町ステークスで現級勝ちの実績もあります。

ここのところ不振ですが、

休み明けは1-0-1-0と得意にしており、

新馬戦ではサトノダイヤモンドの2着と、

あっさりがあってもおかしくない存在です。

 

☆レッドルーファスは、

8ヶ月の休養後が4→3着と好走中で、

叩き3戦目の今回はかなり力が入る一戦です。

前走ではスローペースを3番手追走から0秒1差の3着で、

クラス卒業の目途は立っていると言えます。

また、この時の先行策が良績を呼び寄せそうです。

 

買い目はハンデ戦で最後乱戦模様になると踏んで、

馬連のボックスにしました。

 





それでは次に、TVh賞の予想に参りましょう。

出馬表と予想はこちらです。

 

 

<2017 TVh賞予想 印&買い目>

◎テオドール

○ジョルジュサンク

▲ヒーズインラブ

☆ゲッカコウ

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

TVh賞の本命◎は、この馬にしました。

開催初日の札幌競馬場の天気は晴れ予報で、

芝の生育もよく、

週中に雨が振りましたが、

メインレースまでには馬場はかなり乾くと思います。

今年は函館が超高速馬場で開幕した経緯もあり、

札幌も開幕週は時計の出る状態と推理しています。

 

そうなると、前走の馬場で良績を上げた◎には、

走りやすい馬場となりそうです。

鞍上も魅力で、ここは期待の一戦です。

 

次に○ジョルジュサンクは、

前走の1000万下戦を快勝、

降級初戦を勝ち上がっての勢い有る一戦です。

メンバーを見渡す限り、同馬の単騎逃げが濃厚で、

展開の恩恵を受けてあっさりまでありそうです。

前が止まらない馬場だからこそ、怖い一頭です。

 

▲ヒーズインラブ

同馬は現級勝ち馬であり、

実力的には抜けています。

今回は休養明けですが、

1-1-0-0の実績が物語るとおり、

休養明けは得意です。

差し脚鋭く、ここ4戦で最速上がり3回、

スローペースでも差し切りを決めるなど、

決め手もあります。

トップハンデですが、

印ほど差はありません。

 

☆ゲッカコウは、

スローペースを得意とする差し馬です。

差し馬と言っても末脚が強力なタイプではなく、

立ち回りの上手いタイプで、

それがスローでの良績に繋がっていると思います。

ハンデ53kgで、一発がある丹内騎手が騎乗、

前走が降級戦を勝利で、

ここは形だけの昇級戦です。

同馬も差は無いと思います。

 

買い目は実力拮抗と見て、

馬連ボックスを選択しました。

 

さて、いよいよ夏本番となり、

夏競馬も札幌・新潟・小倉とローカル開催になりました。

この時期の競馬は秋を知る上で重要です。

 

幸い、各競馬場ともに馬場コンディションは良さそうで、

開催が始まったばかりの内は早い時計も出そうです。

馬場の状態を見守りながら、熱戦を期待したいですね。

 

はしくれは皆さんのお役に立てるよう、

祈りながら観戦したいと思います。

それでは、熱中症にはお気をつけて。

グッドラック!

 




相馬眼を効率的に鍛えて収支改善する方法

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、先週コラムでお話した

ノーザンファームを収支改善に活かすための具体的な方法

について、お話したいと思います。

 




 

突然ですが、皆さんは

夏競馬

と聞いて何を思い浮かべますか?

 

荒れる重賞の予感でしょうか、

それとも3歳馬と古馬の激突・・・

もしくは真っ青な空と緑のターフでしょうか。

 

様々なご意見があるかと思いますが、

はしくれは夏競馬と言えばまず

新馬戦

を思い浮かべます。

 

この新馬戦が、

パドックを鍛えるのに最適

であることは、以前こちらの

新馬戦は、パドックで。

でもお話しましたが、

今日はそこから更に突っ込んだ、

具体的な馬券の収支改善の方法

についてお話したいと思います。

 

それではまず、新馬戦を見るにあたって注意したい事は・・・。

 

出走馬の生産牧場を確かめる事

です。

 

これがなぜ重要なのかというと、

生産界の巨人・ノーザンファームの良質な馬を、この目で確かめるチャンスだから

です。

 

先日もお話したとおり、

殆どのビッグレースを勝つのはノーザンファームの生産馬です。

これはもう何年も変わらない事実であり、

カリスマ予想家・清水成駿さんをして

「社台が読めれば馬券は当たる」

と言わしめたほど、影響力がある事実です。

 

ですから新馬戦を見に行く前に、

JRAのホームページから出馬表をクリックし、

出走馬の生産牧場を確認しておきましょう。

 

こうする事で、

質の高い新馬を目の当たりにする事が出来る

のです。

 

 

この方法の凄いところは、

将来GⅠで活躍するような名馬に、いち早く出会える

というメリットがある事です。

 

やはり一競馬ファンとしては、

今後育っていく馬を最初から応援できる

事は、何ものにも替え難い財産になります。

 

その上、

ただ応援していけば、馬券が当たりやすくなる

というおまけまで付くのです。

これをしない手はありません。

 

これだけ話すと、

今一馬券が当たるような感じがしないかもしれませんが、

この方法にはきちんとした

収支改善の根拠

があります。

 

それは第一に、

ノーザンファームの馬産は、バランス重視の馬体作りをしているから

という理由が挙げられます。

 

以前からパドックでは

バランスが最重要

と言い続けているはしくれですが、

ノーザンファームの生産馬というのは、

総じて馬体のバランスが良い

のです。

 

それは育成施設での調教も影響してはいますが、

基本的に走る馬作りを考えれば、そうならざるを得ない

のです。

 

はしくれはパドックで馬を見るとき、

大抵、知らなくてもノーザンファームの馬を見分けられます。

こう言うと大げさかもしれませんが、

良い馬を選ぼうとすると、大抵ノーザンファームの馬に行き着いてしまう

のです。

 

血のにじむようなパドック練習

の末に相馬眼を獲得してきたはしくれですが、

途中からこの事に気付き、

今ではこれを逆手に取って、レース数を減らしています。

 

つまり、

先にノーザンファームの生産馬が居るレースに絞れば、勝負レースが絞りやすい

のです。

 

それくらい、

ノーザンファームと他場の馬質は違う

と思います。

 

 

また、この方法を特に新馬戦で推奨する理由としては、

新馬戦が、比較的空いている午後一番前後の開催が多い

という事情もあります。

 

メインレースだと混雑している事も多いので、

せっかくなら見やすい環境で見たほうが、

気持ちも良いし、集中できますからね。

 

そして、買い目はできるだけ

応援馬券

を選ぶのがポイントです。

 

一頭を集中して選ぶクセを付けたほうが、

成績は安定します。

これで的中したらしめたもので、

その馬が勝ち上がっていく度に応援していくだけで、

その度に利益が出ます。

 

応援馬券を買っているときは、

他馬に浮気しづらい=余計な馬券を買わずに済む

事も収支改善に好影響です。

出費を抑えて利益を上げるのは、

ビジネスの基本ですね。

 

すこし話が逸れてしまいましたが、

今回お話したかったのは

ノーザンファームの馬が一番勝ち数が多いのだから、

的中を目指すならそこを狙えば良い

という事です。

 

この方法は必ず皆さんのお役に立つと思います。

まずは、ノーザンファームの馬から、学ばせてもらいましょう。

そして馬券の収支改善を果たして、

この夏を更に楽しんで行きましょう。

 

まだまだ夏は始まったばかりです。

この夏に一皮むけて、秋のGⅠ戦線に備えたいですね。




2017桶狭間ステークス結果&函館日刊スポーツ杯結果




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、先週土曜日に行われた

桶狭間ステークスの結果と、

函館日刊スポーツ杯の結果

についてお伝えしたいと思います。

 

それではまず、桶狭間ステークスの

はしくれの予想から参りましょう。

 

<2017 桶狭間ステークス予想 印&買い目>

◎ダノンフェイス

○サトノファンタシー

▲ワンダーリーデル

☆コアレスキング

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

それでは、結果です。

 

 

・・・・・・はしくれ、外れです!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><)

 

このところ好調の1600万下条件戦だったのですが・・・。

やはり、競馬は難しいです。

しっかりと復習をして、次に繋げたいです。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大方の予想通り、ウインムートが行きました。

外からはグラスエトワール

これは読み通りでしたね。

ペースもそこそこハイペースになり、

各馬の動き出しも早くなりましたが、

如何せん馬場が乾ききっていました。

 

道中では砂煙をもうもうと上げて各馬が走って行き、

かなり力の要る馬場で、

経済コースをひた走ったウインムートには、

それなりの恩恵がありました。

 

 

ゴールシーンです。

ウインムートが初ダートをこなし、まんまと逃げ切り。

はしくれのダノンフェイスは4着が精一杯でした。

 

今回最大の敗戦理由は、

このウインムートの取捨を誤ったことにあります。

 

同馬は既に同級を勝利しており、

その際は力の要る芝の重馬場での優勝でした。

血統的にも兄にドリームバレンチノを持ち、

ダートでの活躍は可能性がかなりありました。

 

経済コースを通ったとは言え、

ハイペースを押し切った強い競馬。

やはり現級実績と脚質から、ダートでは侮れなかった

という事でしょう。

 

本命◎の4着ダノンフェイス、

2着○サトノファンタシー

3着▲ワンダーリーデルらは、

大体思った通りの競馬をしてくれました。

このダート1400mという条件では、

再び好走可能だと思います。

☆コアレスキングには、やや距離的に忙しい印象でした。




次に函館で行われた

函館日刊スポーツ杯の結果に参りましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 函館日刊スポーツ杯予想 印&買い目>

◎タマモブリリアン

○モズハツコイ

▲ラズールリッキー

☆ウエスタンユーノー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは、結果に参りましょう。

 

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)!

 

本命の◎タマモブリリアンが3着に入り、

ワイドボックスを選択した事から、相手が選べていれば・・・

という内容でしたが、

この点、反省が必要です。

それでは早速復習して参りましょう。

 

まずは、スタートですが・・・

 

 

ダート戦を主戦場にしてきた、

プレシャスエースがハナを切ります。

ハナを期待した☆ウエスタンユーノーは、

ここで遅れてしまい、2番手になります。

▲ラズールリッキーは逆に、

思った以上に前に出て行きました。

 

道中は殆ど順列も変わらず、

4コーナーでは▲ラズールリッキーが良い感じに上がってきます。

ですが・・・。

 

 

残り200mを過ぎた辺りから、

一気に前に行く馬が後続に飲み込まれます。

◎タマモブリリアンは進路に確保に手間取りましたが、

中団から良く伸びて3着。

勝ったのは内で脚を溜め、

最後中を割って出てきたティータン騎手のアドマイヤゴッドでした。

桶狭間ステークスでもホワイト騎手が優勝しましたが、

ここでも外人騎手が強かったです。

 

2着には大外強襲のアルマエルナトが最後突っ込み

馬連は万馬券と、波乱の決着になりました。

これはかなり難しい一戦でしたが、

大川慶次郎の予想は、またしても三連単12万馬券を的中させています。

(*「大川の予想」に興味がおありでしたら こちら から。レビューは こちら から。)

 

最内枠も上手に捌いていたこのティータン騎手、

騎乗機会は少ないですが、腕は確かなようです。

27歳と若いですし、これからの活躍に期待ですね。

 

また、○モズハツコイですが・・・。

最後追い上げてきたものの、時既に遅し。

力のあるところは見せましたが、

位置取りが後ろ過ぎましたね。

仕方の無い敗戦です。

 

今回、相手に選らんだ馬たちが残念ながら馬券圏外でしたが・・・

最内枠のアドマイヤゴッドよりも、

実はアルマエルナトが買えたかも・・・、と悔やんでいます。

 

というのも、

同馬は前走のTVH杯で、上がり最速の33秒0を記録。

このレースの再戦ムードが高かった今回の一戦で、

差しが更に利く馬場になっていただけに、

不思議無い好走でした。

 

予想の段階では候補の一頭に残っていたのですが、

☆ウエスタンユーノーの厩舎コメントで、

重馬場歓迎というのを重視しすぎてしまった感があります。

ウエスタンユーノーには、重馬場実績がありませんので、

このコメントを無暗に信じたのはまずかったと反省しています。

 

予想としてはこういう場合、

アルマエルナトが前走で記録した時計

の方を重視すべきでした。

同馬は函館で好走実績もありますし、

外枠で狙いやすかった一戦だと思います。

 

これまではしくれは好調の土曜日でしたが、

今回は連敗を喫してしまいました。

非常に残念です。

 

ところで、皆さんの週末はいかがでしたか。

福島・中京・函館開催が終わり、

来週からはいよいよ夏本番の

新潟・小倉・札幌になります。

夏のビッグレース札幌記念に向けて、

更に熱い戦いが繰り広げられますね。

 

今回は敗戦を喫してしまいましたが、

これからも皆さんのお役に立てるよう、精進して参ります。

どうぞこれからもお付き合い下さいますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

*27日木曜日に行われる、門別の重賞・王冠賞の本命最強競馬ブログランキングで、26日水曜日に大井で行われる重賞・サンタアニタトロフィーの本命人気ブログランキングで発表しています。ぜひご覧下さい。(無料公開です)

*また、勝利されたウインムート及びアドマイヤゴッドの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。