競馬が当たる人のマインド

 

こんにちは、はしくれです。

 

今日は

競馬が当たる人のマインド

についてお話したいと思います。

 

当ブログはこれまでも

様々なコラムを公開してきましたが

そのコラムは競馬の収支改善を軸にして

できるだけ具体的な方法や考え方を示してきました。

 

これらのコラムを書きたいと思ったのは

はしくれ自身が元々競馬がとても下手くそで

独学で競馬を知るのに大変な労力を費やしたからです。

 

今でも外れると絶望的に

「下手くそだなあ・・・」

と落ち込む事もありますが

それでも着実に収支は改善されており

当ブログでもそこそこの回収率を保っています。

 

そこで今回は方法論や考え方についてではなく

当たるようになったとき、どのようなマインドを持つようになったのか

という

収支改善と共に訪れた、マインドの変化

体験談についてお話をしていきたいと思います。

 

それでは早速、参りましょう。

 

はしくれが当たるようになって訪れた

最大のマインドの変化とは・・・。

 

「結果から学ぶようになった」

という事です。

 

これは出来る方にとっては至極簡単な事なのでしょうが

はしくれにとっては、とても難しい事でした。

 

具体的な話をすると

パドックで

「この馬が大きくて強そう」

と思ったのに

小柄で目立たない馬が勝った時

「なんであんな馬が勝ったの?」

と思ったり

 

新聞で予想をすれば

「この馬はGⅠ馬だから強い」

と思ったのに

最低人気の馬に負けたりして

「なんでこんな馬にこの馬が負けたの」

と思ったりして

疑問と怒りで混乱していました。

 

今になればこの考えは

「実に馬鹿げた考え」

だと分かるのですが

当時のはしくれには気付くべくもない事でもありました。

 

それはなぜか。

それは

「強い」の概念が間違っていたから

に他なりません。

 

あなたは「強い馬」というと

どんな馬を想像するでしょうか。

GⅠを勝つ馬でしょうか。

それとも顕彰馬になる馬でしょうか。

それとも1勝以上できる馬でしょうか。

 

色んな考えがあると思いますが

以前のはしくれは何にせよ

自分が強いと判断した馬こそが一番強い

という考えを持っていました。

 

ですが

これは驕りでしかありません。

これではどんな結果が出ても

何の足しにもなりません。

 

せっかく結果が考えの間違いを指摘してくれていても

謙虚にそれを吸収できないばかりか

自分の間違った考えを増長させる

事にもなります。

 

一度この考えに捉われると

負けた原因を自身の予想技術ではなく

騎手の判断に求めたり

運のせいにしやすくなります。

 

もちろん

騎手の操縦ミスは往々にしてありますし

運が味方してくれない事もあるでしょう。

ですが、それが競馬です。

 

どんなに戦前の人気があろうが

どれだけ予想に自信があろうが

そんな事は全く関係ありません。

 

強いか弱いかと言うのなら

「強い馬が勝つんじゃない、勝った馬が強いんだ」

と言うだけです。

 

 

また、よくはしくれが目にする光景に

あの強い馬が負けちゃったけど、勝ち馬も大した事ないよね

というような

勝ち馬に対するバッシングのようなものが有ります。

 

ですが当然、これも完全に的外れな考えです。

そもそも

強いと思っていた馬を負かした馬がいたのなら

それは相当強い馬だと褒められて然るべき

です。

 

「メンバーが低レベル」とか

「重要な一戦じゃない」とかも

そんなものは、やってみなくては分かりません。

実際、そういうレースから出世する馬は沢山いるのです。

 

こういうもの言いをするのは概して

負けている人のマインドです。

競馬を知らない人の発言

と言って良いかも知れません。

 

これは大変恥ずかしい事であり

勝利を遠ざける行為です。

こういうマインドを持たないよう

結果を大事にしていきましょう。

 

はしくれが当たるようになるまでに

沢山の障害を通りました。

ですが一番大きな壁は

この「結果から学ぶ姿勢を持つ事」でした。

 

自分の馬が負けようが

予期せぬ馬が勝とうが

とにかく結果が全てなのです。

 

そもそも

競馬が当たる人達は、騎手に文句を言いません。

もちろん馬にも。

 

それよりも

どうしてこの馬が勝ったのか

「勝った馬から学ぼう」

というマインドで学習し続けることが重要です。

 

はしくれはプロの予想家ですが

完成品ではありません。

いつでもこのマインドと共に

日々学習し続けています。

ぜひ、あなたもご一緒に

学習して下さる事を祈っています。

 

それではこれからも

結果から学ぶマインドを持って

競馬の収支改善を果たして参りましょう☆

 

*ある一頭の馬の物語

運命を信じますか

8 COMMENTS

冴木隆

マインドって大切ですよねぇ。
マインドの持ち方で、
その人の程度も判っちゃうんですよねぇ。

勝った馬が強いって、
確かに!
どんな事にも言えますよね。
勝つって大切だよなー(о´∀`о)

返信する
はしくれ

冴木さん!(*^^*)
いつも本当にありがとうございます☆
はい、ちょっと冴木さんを意識してタイトル付けてみました!・・・って、バレバレですかね(^^;)
冴木さんの文章力には及びませんが、想いが伝われば光栄です。

はい、やっぱり勝ちを目指さないと、収支改善は成されないので・・・。
自分を甘やかしちゃうと、次に繋がらないですからね(^^)

返信する
気まぐれ

競馬歴4ヶ月です。
パドックで見ていた部位が「とも」と呼ぶ事を知りました。ありがとう御座います勉強に成りました。
ただ…?
勝った馬が強い!に異論は有りませんが、強い馬が勝つ!。も正しいと考えています。
レース後に録画を見直します。
勝った馬が強い!のだから…走る前からその馬は他の馬より強く見えるはず!
そう…?見方が悪いだけ!

パドックの見る目を修正すれば常勝、負け無し!のはず。

競馬は女性向き(パドック予想)と思います。(*⌒▽⌒*)女の感。
些細な変化に気付く能力。

とも 知りませんでした(>_<)
競馬の事を勉強した方が良いのかと思いましたが独学が向いて居るようです。
数あるサイトの中で1番参考に成りました。
HIT 率 秘密
回収率 ナイショ
世間様に公表出来る数字では無いので。
質問には解答出来ません。なにせ、初心者🔰なので。

返信する
はしくれ

気まぐれさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

「トモ」を覚えられたのですね!それはとても素晴らしいことです。それも、はしくれに感謝のお言葉までいただき、ありがとうございました(^^)
また、数ある競馬ブログの中からお選びいただき嬉しいです。

気まぐれさんの仰る通り、強い馬が勝つというのも異存ありません。コラムの中で伝えたかったことは、強い馬と思われる馬が負けてしまったときに、野次を飛ばすような方に向けての気づきとして書かせていただきました。気まぐれさんのように、双方向から捉えられるのがベストだと思います。

また、パドックは素晴らしい予想法であるのは間違いがないのですが、常勝を狙うなら展開や枠順の良し悪しもぜひ学ばれてみて下さい。より予想に深みが生まれます(はしくれは結構この作業も好きです)。

はしくれも独学でやってきたので上達は十分可能ですし、ぜひ楽しく競馬に親しまれることをお祈り申し上げます。

また、個人的な的中率や回収率などのプライベートな部分は、それぞれの予想家が個人的に把握していれば良いのではとはしくれは思います。
プロとして意見したり、ノウハウを語ったり予想を公開しているという方、また他の予想家を批評する場合などは、根拠の開示は責任と言えますが、個人的なことは個々の自由だと、はしくれは考えています。

競馬予想は力技ではないので、女性も男性も等しく楽しめます。しかもパドックは全体が大事なのでぜひ、持てる強みを発揮されて下さい。
幸運をお祈りしております。

返信する

1998年毎日王冠での騎手の選択 | 競馬で生活する僕は へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です