パドックの見方、お教えします!

 

「パドックの見方が分からない」

「どこから見れば良いの?」

 

雨の日も風の日も

そして雷の日も

パドックに明け暮れてきたはしくれ

 

今でこそパドックのプロとして

予想を配信するはしくれも

以前はパドックで見抜くことなど

これっぽっちもできませんでした。

 

「どの馬も同じに見える」

と言えば笑われていたくらいですが

見方のコツを習得するには

やはり時間がかかりました。

 

独学で学ぼうと思っても

本には詳しく載っていないばかりか

パドックだけで勝つことを前提に

書かれたものもありませんでした。

 

「パドックの見方を学びたい」

「パドックだけで勝てるようになりたい―」

 

勝てるようになった今でも

その気持ちは忘れません。

 

そこでここでははしくれのように

パドックで勝ちたいあなたのために

はしくれ流パドック術の極意

を公開致します☆

 

プロとして実績を蓄積し

予想を配信するはしくれが

パドックで当てる為のヒント

を詰め込んで参ります。

 

ぜひ

じっくりご覧になっていただければ幸い

です。

 

それでは早速、参りましょう!

 

ポイント①

最重要なのは馬の「バランス」

 

 

パドックの見方を語る上で

絶対に不可欠な要素・・・

それは「馬体のバランス」です。

 

パドックでは

馬体の総合力

が常に問われていますが

まず最も気をつけるべき要素は

「馬体のバランス」

これに尽きます。

 

実は

はしくれのパドックの師匠は

恥ずかしながら妻なのですが

その師匠である妻も一番に

「馬体のバランス」

を上げていますし

 

独自の視点で見られるようになった

現在のはしくれもやはり

「馬体のバランス」こそが最重要

だと確信しています。

 

この説は

今最も勢いのある馬主の一人でもある

元メジャーリーガーの佐々木主浩氏

も支持している事実ですが

 

数ある競走馬の中で特に

このバランスに秀でていたのが

2018年引退の

画像のサトノダイヤモンド(馬主は里見治氏)

です。

 

 

同馬を初めて見たはしくれは

大きな衝撃を受けました。

 

この体型こそはまさに

究極のサラブレッドの体型そのもの

だと思ったからです。

 

このサトノダイヤモンドのように

地面と馬体が平行な事と

全体に均整が取れている事が

バランスが良い

と言える所以です。

 

繰り返しますがこの項目は

最重要項目

です。

 

時にはバランスが今一の馬が

勝つことも有りますが

常勝を狙うのであれば

まずはここがスタート

です。

 

ここを押さえたら

次に重要なポイント

を押さえて参りますので

「バランス」

を踏まえながら二番目の

要素を確認して参りましょう。

 

ポイント②

馬体の「厚み」

 

 

「競馬はブラッドスポーツである」

と言われて久しいですが

競走馬は改良されるにつれ

ある要素

が少しずつ増してきました。

 

それは・・・

馬体の「厚み」

です。

 

これは横浜の根岸に在る

競馬博物館に行けば分かる事ですが

競走馬はスピードを増す度に

馬体の厚みも増してきた

のです。

 

ただし馬体の厚みさえあれば

なんでも良いというわけではなく

あくまで

馬体のメリハリがある

ということが重要です。

 

これを頭に入れておかないと

選び抜く事はできません。

 

そこでもう一度下の画像を

じっくりとご覧ください。

 

 

どうでしょう。

 

お腹がきっちり絞れた上で

肩と尻が張り出している

事がお分かりいただけると思います。

 

これこそが

馬体の「厚み」

を見る時に重要なのです。

 

これは人間に例えるなら

スーパーモデルの体型

とでも言いましょうか。

 

このように

ボン、キュッ、ボンと張り出していて

厚みのある体型が理想的

なのです。

 

ポイント③

「胴体を中心に、無心で見る」

 

 

そして次の項目ですが

これは馬体の良し悪しではなく

見るときの注意点

です。

 

「パドックの見方」

のタイトル通り

ここが見方の核心

になりますが

作業としてはこれが一番、難しい作業

になります。

 

首や脚には気を払わずに

「無心で胴体を中心に見る」

のです。

 

これは普段左脳派の方には

非常に難しい問題

と言え

完全に右脳に頼る作業

を遂行せねばなりません。

 

そういう意味でははしくれの妻は

女性であるが故に最初から

パドックで的中を連発していた

のかも知れません。

 

無心で全頭をひたすらに

見続けることができなければ

「パドックでの成功」

はおぼつきません。

 

この見方を習得するのに

はしくれは年月を重ねましたが

近年ようやくこの域に入り

成績が伸びるようになりました。

 

馬を見るときに論理で入ると

大抵はロクな結果になりません。

無心を貫きましょう。

 

そして最後に

第4のポイント

を紹介致します。

 

ポイント④

「ツヤ」

 

 

これには色々とあるのですが

ぱっと見て馬の毛がぴかぴかと

光を反射していれば合格点

と考えて良いでしょう。

 

というのも大抵の馬はそもそも

毛ヅヤの良いものなので

余程ツヤがなかったり

逆に他馬にも増して光っていれば

それが判断基準に成り得ます。

 

ポイント①~③を通して

何頭かで迷った場合は

この

「ツヤを決め手」

にするのが良い方法です。

 

以上が

はしくれ流パドック術の基本であり極意

です。

まとめるとこうです。

 

1.馬体のバランスを最重視する。

(地面と平行かどうか、全体に均整が取れているか。)

2.馬体の厚みを重視する。

(幅が有って、モデル体型。)

3.無心で馬体を見る。

(右脳を使う意識で。)

4.迷ったら、ツヤで決める。

(最後の決め手に。)

 

という具合です。

 

特に

①、②、④が揃っていれば

馬体が仕上がっている

と言えますし

③の部分は自分自身との戦い

です。

 

またはしくれは

これ以外の要素は

枝葉末節に過ぎない

と思っています。

 

パドックの見方については諸説

あるのも当然とは思いますが

そんなものは混乱を招くだけで

この極意の習得の邪魔になるだけ

です。

 

まずは分かるようになる。

そこからがスタートだと思います。

 

この極意は迷いが生じたとき

いつもはしくれを支えてくれます。

それだけに極意でもあり基本で

着実な推進力になっています。

 

パドックはレース開始直前の

最も生きた、生の情報

です。

パドックを研究すれば

必ず競馬の収支改善が図れます。

 

データ予想が向いていない方

ただ馬だけを見て勝ちたい方・・・

動機はそれぞれかと思いますが

是非、パドックをご覧になる際は

この考え方をお役立て下さい。

 

繰り返しますが

今回紹介した内容は

はしくれ流パドック術の基本であり極意

です。

 

本当は教えたくない内容でしたが

それだけに

本当に価値の有る情報

だと自負しています。

 

これからも当ブログは

競馬の収支改善

に役立つよう努めます。

どうぞ末永くお付き合い下さいます様

よろしくお願い申し上げます。

 

また

更に詳しくパドックの見方を知りたい

というあなたのために

当ブログでは以下のようなコラムも

複数用意しています。

 

そのリンクと内容の紹介文を

一緒に掲載しておきますので

知りたいことや見返したいことがあれば

いつ何度でもご覧ください。

 

またこのページを見返す際に

お手数を減らせますので

ブックマークしてお使いいただくことを

お薦めしたいと思います。

 

①パドックを学ぶときの注意は

競馬に勝ちたい

検証がおろそかな他の理論と

実績あるはしくれは違います。

浅薄な論理に惑わされぬよう

ご一読いただきたい内容です。

 

②パドックの弱点については

パドックでは分からない3つのこと

パドックには利点が多いですが

予測ができないこともあります。

弱点を知ることで更にパドックの

技術の向上を果たしましょう。

 

③雨の日の注意点は

雨の日のパドック―こんなところに注意

雨の日のパドックではトラブルが

普段より多く見られます。

その中で冷静に臨むためにも

覚えておきたい事柄です。

 

④馬体から距離適性を見抜く方法は

距離適性とは?見極め方法を伝授します!

未知の距離の適性の見極めに

パドックは役に立ちます。

はしくれ自身は見方を鍛えて

データは気にならなくなりました。

 

⑤「トモ」の見方については

トモの張りから分かること

競走馬の推進力を担っている

「トモ」の張りや見方について

実際の画像を交えながら

詳細を解説します。

バランスを大事にした上で

確認したい事柄です。

 

⑥「ガレ気味」の状態については

「ガレ気味」の仕上げについて

細化した仕上がりは危険です。

うっかり手を出さないように

実際の仕上がりから学びましょう。

ギリギリのラインを見極めるために

ご覧いただきたいコラムです。

 

⑦良好な「気合乗り」については

ツル頸(くび)は好調のサイン!?

枝葉末節ではありますが

+αをもたらす「気合い」

中でもはしくれが役立てている

「ツル頸」についてのコラムです。

 

⑧「入れ込み」の実際とポイント

入れ込みがキツイと競馬にならない?

パドックの見方と言えば

必ず取り沙汰される「入れ込み」ですが

はしくれはこの点について

あまり重視していません。

なぜそのような思考になるのか

論拠を掘り下げて参ります。

 

⑨当たらないときに振り返るべきこと

パドック予想が当たらない―修正は必要?

見る目が無いから外れたのか

それとも別の要因があるのか。

技術を確立する段階では

試行錯誤はつきものです。

パドックの見方を修正する前に

見直したい事柄です。

 

⑩相馬眼の上達を効率化するには

相馬眼を効率的に鍛えて収支改善する方法

日本競馬の現状に合わせて

相馬眼を鍛える方法を紹介します。

昔からこれを知っていたらなあ・・・

と思いながら書いたコラムです。

 

⑪相馬眼を上達するのに役立つツールは

パドックを見たい方、鍛えたい方の強い味方

平日でもパドックが見られる。

しかも無料で!?

発見した時は衝撃を受けた

大手無料動画サイトの紹介です。

 

⑫そもそもパドックが初めてという方は

パドック初心者のために

競馬場に訪れてみて

まずはパドックを見てみようという時

どんな風にアプローチすべきか

はしくれからの提案です。

 

⑬簡単で楽しいパドックの見方は

分かりやすいパドックでの勝負気配

これなら初心者でも簡単!

というコラムを用意しました。

馬ではなく人を見て当てるという

別の角度からのアプローチです。

 

⑭競走馬の色々な毛色については

競馬における「毛色の違い」とは

今更聞けない毛色の常識。

知れば話題が増えるかも・・・??

パドックでのひとときを楽しく。

 

⑮パドックの声・・・そこにあるドラマ

パドックってどんなところ?

はしくれは今に至るまで

実に様々な「声」を聞いてきました。

そこには数々のドラマがあり

競馬に華を添えてくれました。

そんなはしくれの大好きな場所

パドックの紹介です。

 

⑯馬体の殿堂

アーモンドアイ―馬体の殿堂(9)

名馬というより名仕上がり。

様々な条件で活躍した競走馬の

好仕上がり時の画像を掲載しました。

「こういう馬が走るのか」

という見本としてお使いください。

プロとして偽りない実績を開示する

はしくれだからできるコンテンツです。

 

⑰はしくれの実績は

パドックだけで勝つ

2018年秋競馬重賞で

パドック本命馬が8連勝。

はしくれのパドックの見方を駆使して

挙げた実績を掲載しています。

2018年末までの

計39レースが対象です。

 

⑱パドックを極める

パドックを極める

パドックを極めることは可能か

プロとしてパドックに立ち続ける

はしくれが感じている事実を

伝えるためのコラムです。

 

またこの他に当ブログでは

「パドックコラム」のカテゴリーも設置し

そちらからも様々なコラムを常時

ご覧いただく事ができます。

 

週末の重賞予想回顧時は

馬体診断も実施

しており

他の競馬ブログとは一線を画す内容

を心がけています。

 

楽しみも広がることと思いますので

ぜひご活用下さい。

 

パドックは競馬予想の武器です

 

あなたがパドックの見方を覚え

競馬の収支改善

が着実に果たされますよう―

はしくれは心より祈っています。

 

*はしくれの「パドックロード」詳細

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

お問い合わせをいただくことも増えた

はしくれの有料配信。

パドックの見方の極意を駆使した

はしくれの個人配信です。

おかげさまで好評配信中☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「パドックの見方、お教えします!」への54件のフィードバック

  1. いつもブログ楽しく拝見させていただいております、チェルシーと申します。

    1つご教授いただきたいのですが、私の嫁もパドックでバンバン穴馬を拾っています。
    どこを見ていると聞くと、やはり特にという部分はなく、なんとなく雰囲気だそうです。

    ただ1つだけ見る部分を絞れと言われれば、「パドックの外々を歩いているか」という答えでした。

    はしくれさんは「パドックの外々を歩いている馬」に関しては、どういった見解をお持ちでしょうか?

    差し支えなければ、是非ご意見を伺いたいと思い、コメントさせていただきました。

    長文失礼いたしました。

    1. チェルシーさん、いつもご覧下さいまして誠にありがとうございます(*^^*)

      奥様は優れた相馬眼をお持ちなのですね!羨ましい限りです。チェルシーさんとはしくれは似た境遇にある仲間ですねw

      はい、はしくれは昨年の京王杯スプリングカップ2018で、パドックの4番手に選んだムーンクエイクがこの大外を気持ち良く歩いていたことから的中させることができました。
      この結果の記事をご覧いただけると見解の詳細がお分かりいただけると思いますが、この時の結果から外を回る馬により注意を払うようになりました。

      ダート馬のサンライズソアなどは、パドックの内々をグルグル回る習性がありながら安定していますし、これだけで良し悪しを判断することははしくれにはあまりありません。

      ですが、おそらく奥様は要素として目立つ部分を仰ったのだと思いますし、それ以外の全体も捉えられて発言なさっているのだと思います。
      どうしても取り立ててどの要素かと問われると、そこにはそれぞれの方の嗜好が反映されてくるのがパドックです。
      はしくれはバランスと張り重視なのでそこを中心に気になる要素を判断しています。

      とっかかりさえ掴めていらっしゃるなら、目指すのは馬券的中のための馬選びですから、穴馬をバシバシ獲られている奥様一流の方法をぜひ尊重されて下さい(チェルシーさんなら既にそうされていることでしょうが…(^-^))

      面白く、とてもありがたい話題をいただき嬉しく思っています。他にもございましたらご遠慮なくご質問下されば幸いです。

      1. ご丁寧に返信してくださり、感激です!
        とても参考になるご意見、本当にありがとうございました!

        僕は主に血統を重視して予想しているのですが、この予想方法に馬体というファクターをミックスできないかと考えています。

        ちょうど園田競馬場の近くに住んでいますので、時間があるときは出向いて、馬体をたくさん見ることから始めたいと思います。

        今後も参考にさせてください!

        1. チェルシーさん、こちらこそありがとうございます(*^^*)!
          はしくれで良ければいつでもご質問下されば幸いです。答えられる範囲で答えさせていただきます。

          予想ファクターのミックスはとても難しい命題だと思いますが、困難を乗り越えてチェルシーさんが新しい地平を開かれることを祈ります。

          また、園田がお近くということで、楽しみの多いところだと思います。ダート馬が主流なので中央とは多少違いも感じるかもしれませんが、チェルシーさん一流の予想法を身につけて、より幸せに取り組まれて下さい。

          お心遣いいただきまして誠にありがとうございました(*^^*)

チェルシー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です