2017安田記念結果・波乱の結末を制したのは・・・

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は東京競馬場で

GⅠ安田記念が開催されました。

 

好天と好メンバーに恵まれて、

沢山のお客さんが観戦に詰め掛けましたが、

果たしてルメール騎手のGⅠ4連勝は成ったのか?

はしくれの予想結果は?

まずははしくれの予想から復習して参りましょう。

 

<2017 安田記念予想 印&買い目>

◎クラレント(好枠10番の先行馬、コース・距離実績が有り、好調)

○イスラボニータ(マイル実績と自在性、ルメール騎手の偉業警戒)

▲エアスピネル(イスラボニータより前目の競馬、好枠で瞬発力有り)

△ヤングマンパワー(はしくれの大好きな馬。ごめんなさいロマンです。)

買い目・・・◎単複各100円、△複勝100円、ワイド◎○▲ボックス各100円、計600円。

 

それでは、全着順に参りましょう・・・こちらです!

 

<2017 安田記念結果 全着順>

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎クラレントは9着・・・。無念の敗戦です。

終わってみても難しい結果だったと思いますが、

復習のし甲斐が有ります。

ここは冷静になって、次に繋げたいところです。

それでは気を取り直して、復習に参りましょう。

 

まず、最初に注目したいのは、ペースです。

先行したいけど、逃げたくない・・・

そんな馬が多かった中で、

2着馬ロゴタイプは果敢にハナを切りました。

 

 

これですね。

後ろがごちゃつく先行争いですが、

田辺騎手の思い切りの良さには、脱帽でした。

この思い切りの良さと高速馬場が影響し、

前が早めで流れた事が着順に大きな影響を及ぼします。

 

各馬ポジション取りに苦労する中で、

前年同様逃げでポジションを取りに行ったロゴタイプ。

これ以外の馬達は、かなり中途半端な競馬を強いられました。

また、はしくれのペースの読みが、

道中完全に外れた事を思い知らされます。

 

1ハロン12秒を切る快ラップで飛ばし続けるロゴタイプ。

内目一頭分のわずかな良馬場をラチを頼って、必死に逃げ込みを図ります。

 

 

赤丸ははしくれの本命クラレントです。

最内が伸びる事を考慮して、岩田騎手が追い出しましたが、

一瞬、見せ場を作ってすぐに、

馬群に呑まれてしまいました。

一方ロゴタイプは素晴らしい粘りを発揮しています。

 

先行馬が総崩れする中で、唯一頭執拗に粘るロゴタイプ。

そこを、外から一気に勝ち馬サトノアラジンが猛追、

まさに勝利をもぎ取った、という一戦でありました。

 

 

3着には、差し脚鋭いレッドファルクスが入りました。

この結果を受けて、はしくれがまず思ったのは、

騎手の思い切りが反映したレースだった

という事です。

 

戦前、はしくれはペース予想に戸惑いました。

はっきりと先手を主張する馬が読めなかったためです。

前年、スローで逃げたロゴタイプが、

飛ばして行くという確証が持てませんでした。

しかし、外枠の影響も有ってか

はっきりと先手を主張しました。

これは田辺騎手や陣営の好判断だと思います。

 

通常、このような好判断を下した騎手は、

勝利する事が多いのですが、

同じように好判断を下した騎手が他にもいました。

それが勝ったサトノアラジンの、川田騎手です。

 

 

「好枠から、手応え良く、差し届くと思いました」

レースの回顧を訊ねられ、川田騎手がこう発言しました。

つまりは、川田騎手は最初から

追い込みに賭ける競馬

を狙っていたというわけです。

 

田辺騎手が逃げを選択した中で、

川田騎手は追い込み。

実際、4コーナーでのサトノアラジンはほぼ最後方

まるでサンドイッチのような競馬で、

腹を括ったジョッキーの凄み

を見せ付けられたレースでした。

まさにプロフェッショナルの競馬、

痺れる結果でした。

 

結果的にペースが差し馬に向いたために

川田騎手に軍配が上がりましたが、

田辺騎手は続く最終レースを勝利、

研ぎ澄まされているなあ

と感じずにはいられませんでした。

 

ペース判断に迷ったはしくれとは、

根本的に引き合わなかったようです・・・。

残念ですが、これは反省しなくてはなりません。

また、ルメール騎手も思うような動きができず、

苦しい展開だったと思います。

 

それでは一旦、ここで払戻金をお伝えしましょう。

<2017 安田記念 払戻金>

 

今回は枠順的にも大外のロゴタイプが連対しましたし、

データ的には難しい一戦だったと思います。

しかし、昨年同様にインを突いて逃げたロゴタイプの走りを見ると、

これからの安田記念では「最内は走れるコース」

の認識に変わる可能性があります。

もし、ロゴタイプが最内枠に入っていたら、

勝者は違っていたかもしれません。

 

この点は、来年以降の安田記念でのポイントになりそうです。

 

ところで、皆さんの安田記念はいかがでしたか。

はしくれは残念な結果となりましたが、

プロの大仕事を見たようで、

思い出深い一戦となりました。

 

花形の東京開催も、残すところあと僅か。

春のGⅠ戦線は宝塚記念で終幕となりますが、

競馬は毎週訪れます。

これからも結果を上げて行けるよう精進致して参りますので、

どうぞ、当ブログにもぜひ、またお越しになってください。

 

それでは、ご精読下さいまして

ありがとうございました。

 

*勝利されたサトノアラジンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。おめでとうございました。また、好騎乗を見せてくれた、川田騎手・田辺騎手の両騎手に、心より感謝いたします。ありがとうございました。





2017安田記念予想・イスラボニータ、ルメール騎手の好騎乗炸裂か

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

東京の春のGⅠ5連戦もついに終幕、

日曜日はGⅠ安田記念が開催されます。

 

3週連続でGⅠを制するという

離れ業をやってのけたルメール騎手。

同騎手の相棒、イスラボニータが今回1番人気に推されています。

果たして偉業のGⅠ4連勝は達成されるのか?

はしくれの本命は?

 

まずはいつも通り、安田記念の傾向を探っていきましょう。

 

<2017 安田記念 人気>

 

今回の突出したデータは、人気です。

過去5年間で好走確率が最も高かったのは・・・

3勝2着1回の、1番人気ですね。

 

これは早くもイスラボニータとルメール騎手には追い風が吹いていますね。

馬場の悪化やペースの違いがあれど、

ここ4年連続での4連対はかなりの実績と言えます。

ただ気になるデータもありまして・・・

それがこちらになります。

 

<2017 安田記念 馬番成績>

 

上の画像をご覧下さい。

好走馬の馬番を見てみると、

14番枠以降の馬は、連対がゼロ

という数字が示されています。

 

今年のイスラボニータの馬番号は7枠の15番・・・。

正直、枠は外過ぎますね。

これはかなり厳しい枠に入ったと言わざるを得ないでしょう。

 

突出したデータとしてはこの2つが目立ちますが、

では、馬場状態と展開はどうなのか。

まずは、気になる馬場状態

についてお話しましょう。

 

現在の東京競馬場の馬場状態ですが、

見た目より内が伸びず、

完全に外差し馬場です。

これは先週のダービーと変わらない状態と言って良いでしょう。

高速馬場は維持されているようですが、

各馬外目を回りたいため、

タイムはそこまで伸びないと思われます。

 

こうなると馬場状態より気がかりなのが、展開です。

現在の馬場を考慮して、殆どの芝レースでは、

内目を開けた競馬がセオリーとなっています。

 

土曜日の最終レースで穴馬が最内を突く奇策で1着を取りましたが、

それもハンデの軽い馬で、着差は僅かと辛勝でした。

58kgの定量戦で、一流馬の揃うここでは、

このような奇襲は成功しづらいと思います。

 

そして、今回人気となるイスラボニータを巡って、

他のレースとは異なる展開が予想されます。

それは・・・

絶好調のルメール騎手に対する、マークが厳しくなる

という事です。

 

 

乗れているジョッキーなので、マークを苦にしない可能性はありますが、

巻かれてしまう可能性は否めません。

更に問題はそれ以外の差し馬にも波及します。

 

なぜなら、イスラボニータより後ろで進めば、

この馬を差し切らねばならないし、

外差しと言っても各馬が外を回るため、

実際には先行馬が有利な状況です。

こうなるとマークをするにせよしないにせよ、

後ろから来る馬には、前が常に気になって仕方がない展開

が予想されます。

 

こういう状況で騎手が自分の競馬に徹するには、

相当馬を信頼していなくてはなりませんし、

且つ、それに応える実力を持った馬でなければなりません。

イスラボニータは自在性が高い馬で、

同馬より上手く動ける馬が居るかとなると、

各馬には不安が残ります。

 

そこで、イスラボニータよりも前で競馬ができる馬

に出番がありそうですが、

今回は先行馬が乱立した上、

一流馬が揃うGⅠです。

逃げたくもなければ差すのも嫌・・・という展開で

団子状態の隊列のまま進んでいく事になりそうです。

 

過度にコーナーで膨らまずに

外側の馬場を走れて、

イスラボニータよりも先行し、

且つ、途中からギアを入れて

後続の追撃に耐えられる14番枠以内の馬・・・。

 

これを考慮すると、

なんと本命◎はクラレント

に落ち着きました。

 

 

・・・・・・う~ん、これにははしくれ自身も正直びっくりです。

同馬は前走京王杯スプリングカップを、

好走例の少ない大外枠の12番から先行して2着、

11番人気で大穴を開けました。

 

馬場が悪かったのを味方につけた、

という向きもありましたが、実際には

好スタートからの折り合い、

通った馬場の的確さと

岩田騎手との相性は相当良さそう

に感じます。

 

東京3勝、マイル5勝はメンバー中でも実績上位で、

状態面の良さが今回、調教、厩舎コメントからも窺えます。

安田記念はここ5年で、15頭居る3着以内馬の内

実に6頭が二桁人気と穴を開ける要素はあります。

データ面のバックアップから、

ここは本命◎はクラレントで行きましょう。

 

それでは、印と買い目です。

 

<2017 安田記念予想 印&買い目>

◎クラレント(好枠10番の先行馬、コース・距離実績が有り、好調)

○イスラボニータ(マイル実績と自在性、ルメール騎手の偉業警戒)

▲エアスピネル(イスラボニータより前目の競馬、好枠で瞬発力有り)

△ヤングマンパワー(はしくれの大好きな馬。ごめんなさいロマンです。)

買い目・・・◎単複各100円、△複勝100円、ワイド◎○▲ボックス各100円、計600円。

 

以上です。

ヤングマンパワーに関しては、マイラーズカップに引き続き

はしくれの趣味を優先しました。

趣味は予想に関係無い、

と仰る方も居るかと存じますが、

これはとても大切な要素だとはしくれは思っています。

なぜなら、常に好走を願う事が、

ファンに出来る精一杯の事だと思うからです。

 

参考にはならないかも知れませんが、

この点、どうかご容赦下さいます様お願い申し上げます。

それでは、精一杯の声援を送って、安田記念を楽しみましょう☆





2017鳴尾記念予想・難解な一戦を制するのは・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

6月最初の土曜重賞は、

阪神競馬場で行われるGⅢ鳴尾記念です。

 

今回の出走頭数は僅か10頭と、

中央の芝重賞としてはかなり少ない頭数

での一戦となりました。

「少頭数は荒れる」

という競馬格言も有りますが・・・

まずはいつも通り、突出したデータを見て行きましょう。

 

<2017 鳴尾記念 枠不利>

 

今回の突出したデータは、枠順の不利です。

近5年の3着以内の枠順傾向では、

1枠が圧倒的に不利というデータがあります。

 

これを圧倒的に不利

と言ったのには理由がありまして、

それは、

開催初週の阪神内回りコースにも関わらずの事だから

です。

 

これはどういう事かと言うと、

通常、開催初週の芝コースと言うのは

どこも馬場が良好なため、コースロスの少ない内目が有利

な傾向が有る上、

阪神には内回りと外回りの2種類のコースが有り、

今回は内回りコース使用で、

カーブの角度、直線の短さから、本来的には更に内枠が有利

のはずだからです。

 

この定説をいきなりからひっくり返す1枠の不発。

これは、この定説が通用しないものと思った方が良さそうです。

最内を引いたラストインパクトには、

厳しい展開が予想されます。

 

そして、次に気になるデータを見て行きましょう。

次に気になるデータは・・・脚質です。

 

<2017 鳴尾記念 脚質>

 

ここで注目したいのは、逃げ馬の成績です。

逃げ馬というのは数が少ない上に

的にされやすいという不利な脚質ですが、

それにしても開幕週の馬場でありながら、

善戦しているとは言いがたい数字です。

全体的にも差し、追い込み馬の活躍が目立っており、

先ほどの枠順傾向同様、

通常の開幕週のレースと考えるのは、ちょっと危なそうです。

 

こうなると、鳴尾記念独自の見解が必要になりそうですね。

因みに、今回のメンバー構成を見渡すと、

逃げていきそうな馬は

外枠のステイインシアトルでしょうか。

天才・武豊騎手が騎乗で、非常に存在感がありますが、

前走ハイペースで2番手追走の競馬をしている事からも、

ここは極力押さえて行く事になりそうです。

と、なると・・・ペースはスローに落ち着くと見ます。

 

それではこれらの事を踏まえて、

鳴尾記念の過去の傾向を見て行きましょう。

 

<2017 鳴尾記念 過去5年の傾向>

 

赤枠で囲った部分は、上がり3ハロンのタイムです。

過去、33秒台が計時されたのは5年前の2012年だけ。

この時はスローの上がり勝負になり、

瞬発力が問われました。

 

追い込んだショウナンマイティが

上がり32秒台の豪脚で2着を確保しましたが、

1・3着は先行馬でした。

ですが、この3頭ともにかなりの脚を使っています。

末脚に自信があるタイプじゃないと、

善戦は厳しそうです。

末脚の爆発力も踏まえて考えると・・・。

 

今回はこの型に合致する展開になると睨んで、

本命◎はデニムアンドルビーに決まりです。

 

 

同馬はこれまで、ジャパンカップ2着、

宝塚記念2着がある実績馬で、

とにかく切れ味鋭い牝馬です。

今回は福永騎手に乗り替わりとなりましたが、

牝馬の操縦が上手い騎手で、

想像以上の爆発力を発揮してくれるかも知れません。

ここ最近は不振ですが、

得意の距離、コースで頑張ってもらいたいです。

 

では、以下に予想と買い目をまとめましたので、

どうぞご覧下さい。

 

<2017 鳴尾記念予想 印&買い目>

◎デニムアンドルビー(32秒台の末脚を保持、距離、コース共に重賞勝ち有り)

○バンドワゴン(前走同舞台で上がり最速、ルメール騎手騎乗)

▲スマートレイアー(阪神6勝と大得意、デムーロ騎手で54kgと恵量)

△スズカデヴィアス(スローの上がり勝負に自信、得意距離)

買い目・・・単勝◎100円、馬連流し◎ー○▲各100円、ワイド流し◎ー○▲△各100円、計600円。

 

以上です。

阪神の開幕は、同時に、宝塚記念への道のりを示しています。

この鳴尾記念から、宝塚記念へと名乗りを上げる馬達に注目しましょう!