新馬戦は、パドックで。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

中央競馬も今週の宝塚記念で春開催も一段落、

来週からは夏競馬がいよいよスタートします。

 

そして、夏競馬と言えばまずはしくれの頭に浮かぶのは

新馬戦

です。

 

既に東京競馬場でも新馬戦は始まっていますが、

本格的な2歳戦はやはり、

北海道で本格的に競馬が始まる夏競馬という季節でしょう。

 

さて、この夏競馬ですが、

決まってこの時期、競馬ファンは予想に頭を悩ませます。

それはクラス改変による降級馬の扱いであったり、

夏バテによる実力馬の凡走や洋芝適性・・・

などなど、色々な要素がありますが、

はしくれが一番皆さんが頭を悩ませているだろうと思うのは、

新馬戦ではないかと思います。

 

これは、相馬眼の乏しかった10年前のはしくれ自身、

新馬戦や2歳戦が全く分からない!

と嘆いていたから良く分かります。

 

新聞に載っている血統予想や、

調教の情報、

厩舎コメントなどは、データの無い2歳戦では貴重な情報に映ります。

ですが実は、

最も2歳戦で威力を発揮するのは、

はしくれの最も得意な相馬眼を使った予想であります。

 

 

これは先週撮影してきた、東京競馬場のパドックでの写真です。

パドックの見方①とありまして、

パドックで見るべき要素が②まで2枚、解説されていました。

 

これはこれで親切なのですが、

そこはJRA。

色々親切に書き過ぎて、

一番大事な事が何なのか、分かりにくい解説

になっています。

 

そこではしくれの出番です。

以前から何度もお伝えしている通り、

パドックの基本的な見方は

こちら を見れば分かります。

 

覚える事が多すぎると、

いきなり挫折しかねませんから、

やるなら先ずは馬体、

とにかく馬体に注目して見てください。

 

ところで、新馬戦こそ相馬眼がモノを言うのは、

何もデータが少ないから

という事だけではありません。

 

考えても見て下さい。

新馬戦というものは、

未勝利で終わる馬とGⅠ馬が一緒に走る類稀なレース

なのです。

 

少なくともはしくれのパドック歴で、

最も勝率が高いレースは、新馬戦です。

なぜなら、

馬体の差がより顕著だからです。

 

馬の良し悪しは当然馬体に現れますから、

相馬眼を持つ人間にとって、

これほど美味しいレースはありません。

 

なぜなら、

皆が分からなくてオッズが滅茶苦茶、

穴でも人気でも取れるから

です。

 

人気馬も人気があまりにも集中しすぎる

という事が少ないですし、

穴馬だからとオッズを気にする必要もありません。

せっかくの夏競馬ですから、

皆が「GⅠが無いのでお休み」している内に、

相馬眼を鍛えてみませんか。

 

因みに、無料で相馬眼を鍛えたいなら、

こちら の記事がお奨めです。

大きな声では言えませんが、

「大井競馬場と小倉競馬場のモニター中継は、似通っている」

ので参考になります。

 

パドックの道は一日にしてならず。

ですが、手に入れた技術は自分だけのものです。

難解な2歳戦に挑戦していく気概があるなら、

ぜひ、この機会に相馬眼を上達させて行きましょう。

 

日差しの眩しいこの夏に、

予想力も一皮剝けたいところですね!






ありがとう、クラレント。引退。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、6月16日に引退が発表された競走馬

クラレント

についてのお話をさせて頂きます。

 

このクラレント、

はしくれの大好きな競走馬の一頭でした。

 

競馬ファンなら誰しもお気に入りの一頭が居るものだと思いますが、

年齢を重ねても走り続け、

しかも馬券を的中させてくれる馬はそうそういません。

無事是名馬(ぶじこれめいば)を地で行く事は、

その言葉通り、

過酷なスピードで走り続けるサラブレッドにとって、容易な事ではありません。

 

クラレントという馬が、

そういう類稀な名馬で有った事を

ここで改めてお話させて頂きたいと思います。

 

まず、クラレントのデビュー戦ですが

京都の芝1400m、ここを1着で駆け抜けました。

高い前評判通りに強敵・サドンストームを退けると、

続くデイリー杯2歳ステークスで重賞を初制覇。

デビュー2戦目でいきなり重賞ウィナーの仲間入りを果たしました。

 

こういう成績を上げた2歳馬が、

その後ダービーを目標にする事は至極自然な流れであり、

クラレントも中距離路線を走る事になります。

 

ですが、距離が伸びると持ち味が活きず、

日本ダービーで15着(勝ち馬ディープブリランテ)と敗れた後は、

マイル路線に再び照準を合わせます。

 

そして復帰2戦後の富士ステークス。

新コンビとなる岩田康誠騎手を背に、

見事復活Vを成し遂げます。

元々マイラーだと思っていたはしくれにとって、

これは嬉しいニュースでもありました。

 

 

この後のクラレントは、

天皇賞・秋の出走を除いて、

全て1800mまでの距離を走り続けます。

競走馬の距離適性は、主に気性から来るものですが

同馬に合った走りが出来るのは、

間違いなくこのマイル周辺の距離だったと思います。

 

陣営とファンの期待に応え続けたクラレントの走り。

GⅢを5勝、GⅡを1勝しながら、

2014年9月14日の京成杯オータムハンデの勝利を最後に、

引退までの3年9ヶ月間、勝ち星に恵まれませんでした。

 

それでも、世界の名マイラーに上り詰めたモーリスに

コンマ2秒差に迫った15年・安田記念や、

今年17年・安田記念の1・3着馬を排出した

京王杯スプリングカップでの2着など、

負けて強しの走りでファンの胸を熱くしてくれました。

 

今後のクラレントは、

ノースヒルズの本拠地・鳥取の大山ヒルズにて乗馬になる予定です。

ここまでクラレントが稼いだ賞金・4億886万円。

屈腱炎は不治の病ではありませんが、

年齢を考えると、引退は止むを得ないところです。

 

橋口慎介調教師は腕のある調教師であり、

馬体はいつも仕上がっていました。

一ファンとして、師にはその事に感謝したいと思います。

 

41戦7勝。

中央競馬所属の重賞馬としては、

出走数も多く、

長い間ファンの目を楽しませてくれたクラレント。

その走りには感謝しかありません。

 

今後も大山ヒルズにて、

余生を楽しく過ごす姿が目に浮かびます。

ありがとう、クラレント。

そして、大変お疲れ様でした。

 

*クラレント血統・・・父ダンスインザダーク×母エリモピクシー(43戦7勝・母父ダンシングブレーヴ)2009年3月2日、新冠町・ノースヒルズマネジメント生産。馬名の意味=アーサー王の重宝。

*冒頭写真:ヤフー画像検索より





2017ジューンステークス&天保山ステークス結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に行われたメインレース

ジューンステークスと天保山ステークス

の結果と回顧をしたいと思います。

 

それではまず、東京競馬場で行われた

ジューンステークスの結果

についてお伝えしましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 ジューンステークス予想 印&買い目>

◎スモークフリー

○ブラックバゴ

▲サトノスティング

買い目・・・◎~▲馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

・・・・・・はしくれ、外れです!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><)

 

日曜日に止まった連敗記録ですが、

この時点では連敗が「5」と伸びてしまいました。

敗因がいくつか見つけられましたので、

復習していきたいと思います。

お付き合い下さいますよう、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

まず、予想の最初のポイントとなっていた

Dコースの影響ですが、

思ったとおり4コーナーでは各馬外を回る競馬になりました。

やはり傷みが激しかった内目を各騎手が避けようとした結果ですね。

ただ・・・。

 

 

きれいな馬場を走らせたかったのは分かるのですが、

赤丸で囲ったはしくれの本命スモークフリーは

横山典弘騎手が外目を回り過ぎました。

 

直線に入ってからは、ゴール前の芝だけは

内目の傷みが改善されており、

上位入着馬はこぞって内に固まっています。

 

 

これがゴールシーンですね。

上がり最速を繰り出しながら、

外のスモークフリーが届かなかったのは、

この進路選択にも一因があります。

 

そして2番目はスローペースの読みです。

結論から言えば読みは合っていたのですが、

違ったのは各馬のポジショニングの予想です。

はしくれは団子状態を予想していましたが、

そこまで窮屈な展開にはなりませんでした。

 

外からまくれるタイプを推したのは、

この団子を一飲みにできる仕掛けを想定したからですが、

これは完全に的外れな期待でした。

 

先行馬が余力を残して内目の馬場も伸びていただけに、

早めに内から伸びてきたヴォージュが、

あっさり優勝を手にしました。

 

瞬発力を重視したのも悪くはありませんでしたが、

前に行って一脚使える事に重きが置けていたら、

結果を変える事が出来たレースだと思います。

 

東京Dコースのこの傾向は、

来週の土曜日あたりはまだ続くと見ています。

あとは雨の影響次第です。

 

買い目については復習はありません。

というのも、本命すら複勝圏に入線していないので、

反省できる要素も無いからです。

この点はあくまで予想の精度によりますから、

致し方ありません・・・。

 

まとめると、

Dコースで4コーナーでは膨れるが、

最後の直線では内目が有利になった。

という事です。

これを頭に入れておけば、

今後に活かせると思います。

 

次に、阪神競馬場で行われた

天保山ステークス

の結果と回顧に参ります。

 

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 天保山ステークス予想 印&買い目>

◎コウエイエンブレム

○スーサンジョイ

▲スマートアバロン

△キングズガード

買い目・・・三連単一頭軸流し◎→○~△各100円、計600円。

 

結果は・・・

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

馬場が読み辛かった東京のジューンステークスと違い、

この天保山ステークスではより分かりやすい反省材料があります。

まずは、最大の根拠とした、

コウエイエンブレムの実力について回顧したいと思います。

 

まず、スタートですが・・・。

前走躓きながら最後方から追い上げて2着したのを評価して、

今回は普通に出ればまず勝ち負けと思っていました。

それが・・・。

 

 

前回ほどではないものの、

スタートで後手を踏み、後方に下がるコウエイエンブレム。

この時点で暗雲が垂れ込めます・・・。

 

競走馬の中には、

デビューから連続で出遅れて徐々に改善される馬も居れば、

全く改善されずに引退を余儀なくされる馬、

キャリアの途中から出遅れ癖がついてしまう馬など、

色々な性質があるのも事実です。

 

それを考えるにつけ、同馬が前走躓いたのは、

決して偶然では無かったと思います。

これは考慮すべき点でしたが、

注意を怠ったと反省しています。

もしこの事をもう少し警戒できていたら・・・。

馬券の組み立てが変えられました。

 

そして、レースのペースですが・・・。

思っていた以上の前傾ラップになりました。

要は、前が飛ばしすぎたという事です。

 

無理な追走は禁物ですが、

出負け気味のコウエイエンブレムは、

人気を背負っていた事もあり

早めに先団に追い上げてしまいます。

鞍上の松山騎手にも、

このあたり焦りが有ったかもしれません。

 

更にコウエイエンブレムは4コーナーから早目に仕掛けて、

後続を振り切ろうとスパートしてしまいます。

これでは並みの馬にはとても着を拾う事はできませんが・・・。

同馬はそれでも尚、3着を拾いました。

 

 

これはゴール前の画像です。

この芸当は相当馬が強くないと出来ない芸当なので、

コウエイエンブレムの実力はむしろ証明されたと言えます。

ただ、スタートでの出遅れと、内枠を考慮したとき、

断然の評価を下す事は難しいと言えましょう。

 

そこでもう一つ反省すべきは

阪神ダート1400mには「外枠優勢」のデータがある事です。

勝ったサウススターマンは人気サイドで唯一の外枠馬だった

事も勝因に挙げられるでしょう。

 

また、好スタートを切りながら道中控えた

川田騎手の好判断も光りました。

差しが得意な騎手ならではの、肝の据わった騎乗です。

安田記念のサトノアラジンほどではないものの、

よく競馬が見えていました。

この溜めが最後の一伸びにつながりましたし、

これからは外枠の実績馬とその鞍上には注意したいですね。

 

以上が天保山ステークスの回顧と反省になりますが・・・。

ところで、皆さんの週末はいかがでしたか?

 

土曜日の結果で6連敗を喫したはしくれは、

翌日の函館スプリントステークスで何とか連敗を食い止めましたが、

連敗のお詫びにと予想を披露したにも関わらずの敗戦に、

自分自身情けなさと、皆さんに対する申し訳なさで一杯でした。

 

今後このような事が無い様、変わらず全力で予想していきますので、

どうぞ皆さんこれからも、当ブログを閲覧下さいます様、

よろしくお願い申し上げ、今回の結びにしたいと思います。

今記事も閲覧下さり、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたヴォージュ及びサウススターマンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆さまに、心よりお祝い申し上げます。この度は誠におめでとうございました。




*この記事がお役に立ちましたら、下記のランキングボタンのクリックにご協力下されば幸いです。(上記は広告です。)