大川慶次郎の予想の評価と内容

こんにちは、はしくれです。

今回は、3日に亘ってお話してきた

「大川慶次郎の予想」の評価と内容

についてお話したいと思います。

 

まず、サイトの安全性ですが、

これは全く問題有りません。

 

実際に登録してみた結果、

無料で情報を閲覧できていますし、

登録初週の重賞無料予想でも、

いきなり万馬券を叩き出してしまいました!

(下記画像は2017年、福島牝馬ステークスの買い目です。)

これによる情報料の請求なども一切有りませんし、

いつもと変わりなく平穏無事にサイトを閲覧できています。

 

次に、情報の精度ですが

通常の無料予想では、

土日に2レースずつが提供され、

通算4戦で3勝という驚きの的中率でした。

 

買い目の内容は複勝2点とワイドBOXという、

至極当たりやすい組み合わせでの買い目ですが、

この3勝はそれぞれきちんとプラスを出しており、

十分当てていると感じられます。

 

当てるだけなら簡単、というのは負けている人ほどいう言葉ですが、

この成績を出す事は例えプロでも容易では有りません。

それを考えるにつけ、

この情報の価値は高いと思います。

それよりも難点というか、注意点もありましたので、

その点についても、

はしくれが感じたことを全てお話したいと思います。

 

まず、一つ目の注意点は、

一日に来るメールの数が5~6件の事がある

という事です。

 

登録はすぐに終わるのですが、

その後、キャンペーンの勧誘やら、的中情報やら、

色んなメールが度々入ります。

メルマガでも毎日来るものもあれば、来ないものもありますが、

一日に5~6件というのは、はしくれには多く感じました。

このあたり、煩わしさを感じる方には不向きな印象は否めません。

 

そして次に、

予想の的中情報の金額が、一点1000円で計算されている

という注意点があります。

 

これはこの業界の常識のようになっていますが、

はしくれは断固として反対です。

なぜなら、競馬は100円から楽しめるからこそ身近なのであり、

主催者発表の払戻金と数字が相違するのはおかしい

と考えるからです。

 

これは殆どの競馬ファンが、

100円単位では馬券を買わない事を利用していますが、

この表記だと、まるで10倍も配当が高かったかのような錯覚を起こします。

これは競馬に詳しくない方には、かなり混乱を招く表記です。

 

せっかくサイトが宣伝する通り、

無料で精度の高い情報を提供できているのに、

こういうところで誤解を与えるような表記は慎むべきだと思います。

それが例え、予想の的中に無関係だとしても、です。

あとは何か有るかな・・・とよくよく考えましたが、

思い返しても

はしくれの気になった点は、以上の2点だけでした。

メールの頻度は多いですが、

的中率の高さは正直参考になります。

結局はしくれもそのまま使い続ける事にしました。

 

それから、

有料情報に関しましては、重賞予想の結果から察するに、

精度は高いと思われます。(重賞3レースで、2勝でした!)

買い目も無料予想とは異なり、

馬連BOX、3連複流し、三連単6点流しと好配当的中への道が用意されており、

自分で買い目を選べるのも魅力的です。

 

以上の事は、

残念ながらはしくれの予想にはない要素ですから、

興味をもたれた方はお試しされても良いかと思います。

ただ重賞予想に関しましては、

初週以外はチケット代としていくらかお金がかかりますが・・・。

(有料予想を購入する際は、遊園地の乗り物に乗る時のように、チケットを購入する決まりが有ります。)

 

中には10万円を超えるチケットもあり驚きましたが、

はしくれはあくまで無料情報の取得がしたかっただけです。

ですので有料情報のレビューはありませんが、どうぞご容赦ください。

 

・・・如何でしたでしょうか。

「大川慶次郎の予想」の評価と内容をまとめると、

・無料情報は確かに無料で、土日4レースで3勝している。

・登録初週は重賞情報が無料で入手でき、しかも三連単6点買いで万馬券を的中させた。

・サイトの安全性に問題はないが、メールでキャンペーン(有料)への勧誘が多い。

・的中情報を表示しているが、一点=1000円なので注意が必要。

 

といったところです。

 

ご興味を持たれた方は、無料登録でお試ししてみては如何でしょうか。

きっと的中率の高さには、驚く事間違い無しです!

以下にリンクを貼っておきます↓



更にここから先は、補足として登録手順の説明を記載しておきますので、

ご興味を持たれた方のみお読み下さい。

ここまでお読み下さった皆さん、誠にありがとうございました。

 

*補足:三連単6点買いが売りの「大川慶次郎の予想」登録手順

1.バナーをクリックする。(以下のバナーは写真画像です、リンクは上記か最後。)

2.メールアドレスを登録します。(フリーメールでOKです。)

3.アドレスの確認をします。

4.メールが受信トレイに届きます。

5.メールを開いてクリックします。

6.サイトが表示され、マイページが確認できます。(以上で登録は完了です。)

 

これで完了になります。

 

はしくれはプロの予想家ですが、

他の予想家でも納得の行く予想があれば、

実際に予想に乗ってみる事も有ります。

 

こういった情報を少しでも有効に使って、

馬券の収支改善を実践して行きましょう!

 

「大川慶次郎の予想」無料登録&無料予想はこちら↓



大川慶次郎の予想は・・・当たる・・・!!

こんにちは、はしくれです。

今日は昨日お話した、「大川慶次郎の予想」についての続きです。

 

馬券の中で最も難度の高い三連単を、

たった一度の無料情報で仕留めた大川慶次郎の予想。

しかもいきなりの万馬券だった事は昨日お伝えした通りです。

同じプロの予想家として歴然たる差を見せ付けられて背筋が凍ったはしくれ、

じつはこの話にはまだ続きが有ります。

 

それは・・・

登録初週の無料重賞予想だけでなく、

普段もらえる無料情報も的中ラッシュだった。

という事実です。

 

たった一度でメインレースの三連単を仕留めた事は衝撃でしたが、

これが他のレースで、日にちも違えば精度はどうなるんだろう?

という疑問がはしくれにはありました。

登録した最初の日だけでは、まだ分からない・・・。

そういう疑いです。

そこで、日曜日の結果もしっかり検証してみる事にしました。

結果は・・・。

 

この予想に対して、着順は・・・

 

 

この結果。穴馬が一着でどうなるかと思いきや・・・

 

 

この払戻金。

なんと、しっかり利益出てます・・・(汗)

情報の少ない午前中の最初のレースで、

またしても驚愕の「無料情報2戦2勝」でした。

 

はあぁ・・・

はしくれは溜め息を漏らしてしまいました。

こんな精度で馬券が的中するなら、

自分で予想する必要、無いんじゃない?(汗)と。

これは最早はしくれのプロとしての仕事を脅かすレベルです。

(この方々もプロなのですが)

 

更に、日曜日の重賞2つ、フローラステークスとマイラーズカップでは

さすがに三連単は6点で当たらなかったのですが、

マイラーズカップは馬連と三連複をしっかり的中させており、

フローラステークスでは一番人気を本命にせずに、

上位に取った本命フローレスマジックがきっちり馬券圏内に突入しています。

 

予想、配当、的中率。

どれをとってもはしくれより数段上と言わざるを得ませんでした。

本当は、「やっぱり当たらないので、自分の予想力を磨きましょう」

という方向で記事を作成するつもりだったのですが、

ここまでくると如何にこれが失礼な考えだったか、

身をもって体験する羽目になりました・・・。

はしくれは回収率重視の予想家でありますし、

的中率も気にかけている予想家です。

以前お話したとおり、ホームランよりヒット派です。

でも、この予想サイトは

言うなれば両方、

ホームランもヒットも打ち分ける大打者

といった感じです。

 

これだけ当たると競馬が簡単に感じてしまいますが、

堅いレースを堅いと予想し、最大利益を追求するという事が如何に難しいかは

15年も競馬をやっていれば誰にでも分かる事です。

それを、堅い予想だけでなくやってのけるという事が、どれだけ気の遠くなる作業か。

お分かり頂けると思います。

 

それでもはしくれが感じた難点(?)がありまして・・・。

次回はその点を含めて、詳細をお話したいと思います。

 


大川慶次郎の情報は当たるのか!?

こんにちは、はしくれです。

今日は、

先日の「福島牝馬ステークスの予想結果」でお伝えした、

当日の驚きの裏話

についてお話したいと思います。

 

まずは最近、はしくれのこのブログに

下記のバナーが貼ってあるのを皆さんお気づきでしょうか。



これこそが今回の裏話の主役になるのですが、

今日はこのバナーの主

「大川慶次郎の予想」について、お話したいと思います。

大川慶次郎さんと言えば、10年くらい前に亡くなってしまったのですが、

はしくれが最初に見知った凄腕の予想家であります。

 

競馬を少しでもかじった方なら、おそらく名前くらいはご存知ではないかと思いますが、

この方、生前はフジテレビの「スーパー競馬」にも出演され、

生涯で3度も達成したという、パーフェクト予想の才能を

パドック中継などで発揮されていました。

 

温厚な人柄で、沢山の方に愛されたという大川慶次郎さんですが、

実はその大川さんには愛娘がおり、

その方が監修しているサイトが、この「大川慶次郎の予想」なのだそうです。

 

あの凄い人の、実の娘が監修しているなんて、一体どんなサイトだろう?

と、はしくれは興味を持ちました。

 

通常、この手の競馬系サイトは、

はしくれが最も怪しんでいるものの一つなのですが、

亡き父の名を汚すようなサイト運営を愛娘がするとは思えず、

また登録無料でレース情報の提供まであるという事で

どれ、ひとつ登録だけしてみるか

と、いつになく重い腰を上げて挑戦してみる事にしました。

 

この手の怪しいサイトに敏感なはしくれは、

本当に安全なサイトかどうかをネットで十分に調べ上げ、

登録したら危険な目に遭わないかとか、

高額な情報料を請求されないかなど、

一応、調べられるだけ調べ上げてからこの挑戦に踏み切りました。

 

そして、福島牝馬ステークスの当日、

背筋も凍る驚きの結果が待ち受けていたのです。

それは・・・。

 

その前に、はしくれの予想した通りに自分自身で買った馬券から先ずはお見せしましょう。

これですね。

PCからI-PATで購入したので画像を撮っておいたのですが、

見事的中して1160円の払戻しが有りました。

 

ですが実はこの時、はしくれは用事で出かけていて

レースの結果は携帯電話の画面で見る事になります。

それがまた、突然の雨に降られて雨宿りをしていたところで・・・。

少し混み合うモスバーガーの店内で、

そろそろレースが終わった頃だ、と思い

とりあえず結果だけ・・・と、先に見てみる事にしました。

すると・・・

 

?????

I-PATの購入資金が、有り得ない事になってる・・・!?(汗)

 

自分の目を疑いました。

 

その金額、26700円。

いつも身の丈で競馬を楽しむはしくれ、

当日、3000円しかI-PATに入れておらず、

自分の馬券が的中しても、そんなに高額な払戻しはない事が分かっていたので

一体なにが起きたのだろう?

と目を白黒させてしまいました。

 

あまりの金額の増え方にあっけにとられていたのですが、

段々と落ち着いてきて・・・。

ここでピンと来ました。

 

ああ、これは・・・さっき貰った無料情報で買った馬券のおかげだ、きっと・・・。

 

と。

そこで急いでレース結果を確認する事にしました。

福島牝馬ステークスの着順が表示され、そこで又もはしくれは衝撃を受けてしまいました。

これを見ても分かる通り、はしくれの馬券は的中しています。

ですがもっと驚いたのは、

「大川慶次郎の予想」が配信した無料予想で、

一度目から万馬券をいきなり的中させた

という事実を突きつけられた事です。

 

これには、はしくれの背筋が凍り付きました。

うそでしょ・・・?(汗)

はしくれだって予想家の端くれです。

そんな精度で予想する事が如何に難しいかは、身をもって体験しています。

それなのに・・・。

この大川慶次郎の予想は、

無料情報の三連単僅か6点で、万馬券を的中させたのです。

 

これにはさすがに、「凄い・・・!おそろしい!」と思わざるを得ませんでした。

これは携帯電話にしか届かなかった情報で、

レースの30分くらい前に突然メールで届いた情報でした。

どうやら初めて登録した週にしか配信されない無料情報だと言うので、

どうせ買い目も600円だし。と思い、

エイヤッと予想そのままに購入してみた結果です。

それが、こんな配当をもたらしたのです。

にわかには信じられませんでしたが、これがサイトの実力なのかと、

はしくれは再びショックを受けました。

だって、はっきり言って、はしくれとは段違いの予想力です。(あまり太字にしたくありませんが)

 

一番難しい馬券である三連単で、頭固定の6点買いで仕留める。

 

これが如何に難しいかは、

実際に馬券を買った事のある方には、すぐにお分かり頂けると思います。

はしくれはこの結果に、嬉しいというよりも、驚きばかりが残ってしまいました。

こんな予想力にはしくれは追いつけるのだろうか??

正直慄いています。

でも、収支改善がはしくれの務めである以上、

事実をお伝えしなくてはなりません。

それがこのブログの役目だと思うのです。

 

もちろん、外れることも有るのでしょうが、

これだけの予想力には、脱帽するしか有りません。

もっと詳しくお話したいのですが、

これ以上は文章が長くなってしまいます。

そこで、今回の記事の続きは、

また次回に分けたいと思います。

次回の詳細も楽しみにして下されば幸いです。

 

今回は長文をお読み下さり、誠にありがとうございました。