簡単に穴馬を狙う方法

こんにちは、はしくれです。

今日は、馬券ファンが最も知りたいと思われる

簡単に穴馬を狙う方法

についてお話したいと思います。

 

好配当の使者となる穴馬ですが、

それだけに簡単に選ぶのは難しいところです。

そもそも穴が開くかどうかは

始まってみないと誰にも分からない事なのですが、

とりあえず穴馬のピックアップに困らない為には

何らかの基準が必要です。

 

そこで今回、

はしくれが良く使っている

穴馬を狙う為の、非常に分かりやすい条件

についてお話したいと思います。

 

ところで皆さんは、

新馬戦

というものをご覧になった事がありますか?

新馬戦とは文字通り、

デビューを迎えた馬達が走るレースの事です。

どんなスターホースであっても、

必ずデビュー戦を通ります。

その為、この新馬戦は

競馬ファンに非常に人気が有ります。

なぜなら、

未来のスターホースの初戦に、

立ち会えるかもしれないからです。

 

やがて成長して、ダービーを勝つ馬に・・・。

そういう馬を追いかけるのは、

競馬の至福の楽しみの一つであります。

ですが、

いざ、馬券の予想となると、

データ党には非常に難しいレース

になると言わざるを得ません。

なぜならこれは、

予想する為のファクターが

あまりにも限られているからです。

 

 

では、どのように予想すべきか。

ここではしくれならパドックを選択するでしょう。

はしくれ自身の調べでは、

はしくれの新馬戦でのパドックの勝率は、約5割です。

相馬眼が上達すればこの選択も可能でしょうが、

相馬眼の鍛錬には

それなりに時間がかかります。

 

また、競馬ライターは職業上、

締切に追われています。

直前までパドックを見て、

買い目を決定するのは不可能です。

個人的に観戦しているレースなら良いのですが、

新聞記者を始めとする多くの競馬予想のプロは、

データを使った競馬予想に頼らざるを得ないのが実状です。

実はこれが、馬券の急所になります。

 

ここからが本題です。

この方法は決して、新馬戦を狙う方法ではありません。

狙いはむしろその逆。

実績の有る馬が多い、

上位クラスのレースで威力を発揮する方法です。

それは例えば重賞レースでも構いません。

結論はこうです。

 

芝コースしか使って来なかった馬の、ダート(砂)コースの初戦

もしくはその逆の、

ダートしか使って来なかった馬の、芝の初戦

 

これを狙うという方法です。

簡単な方法ですが、

これは意外なほど好配等をもたらす事があります。

最近ではアウォーディー

芝→ダートのパターンで覚醒しましたが、

今でこそダートでは常に1~2番人気の同馬も

ダートの初戦では7番人気と

伏兵の評価に過ぎませんでした。

同馬がそうであったように、

こういったコース替わりの初戦から

人気が有るというのは稀です。

 

また、この初戦を知る為には

競馬新聞の馬柱の下方、

この赤枠で囲った部分を見れば

一発で解決できます。

(画像は、芝レースのものになります。)

 

 

競馬予想というものは、

実績や過去のデータから予想するのが定石です。

ですから、実績がない馬は敬遠される傾向が有ります。

競馬新聞の新馬戦が当たらないのには

こういった背景が有ります。

コース替わりは予想家にとって、

新馬戦みたいなものなのです。

ですからこれを逆手に取って、

馬券に組み込むのです。

 

また、馬にはコース適性がありますから、

芝馬の方が速いとか、

ダート馬の方が遅いとかは一概には言えません。

そういった固定概念を壊す意味も含めて、

この方法を紹介します。

 

それでは、

皆様の馬券の収支改善を願って。

 

的中に必要な感覚とは・・・?

こんにちは、はしくれです。

皆さんは、馬券を買うときにどんなスタイルで予想をしますか?

新聞派?

それとも、パドック派?

はしくれのように両方使う人もいれば、

JRAのホームページで出馬表を見て

名前や誕生日で馬券を買う人もいると思います。

 

ただ、

真剣に収支改善に取り組む私達にとって、

どんな形で取り組むにせよ

的中を目指すのが競馬でありましょう。

 

とはいえ、いくら真剣に予想をしたところで、

やみくもにやっていては、

的中は近づきません。

なにか少しでも的中を引き寄せる実感を得たいものです。

 

そこで、競馬で的中させる為に必要な感覚とは何なのか?

それは、どんなふうに自分と関わっているのか?

という事を、今回は突き詰めてみたいと思います。

 

 

競馬で的中を引き寄せる為の、ある一つの感覚・・・

 

競馬で的中を引き寄せる為には、

とても重要な感覚があります。

その感覚は何かというと、

「5感」の内の「触覚」です。

・・・・・・?

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

はしくれは予想をするとき、何よりもこれを重んじています。

 

「触覚」というのは、言い換えるなら「手応え」です。

良く使われる言葉ですが、

この言葉の指すところは、

実際には何か・・・例えばりんごを手で掴んでいるのとは違う、

触れないものを触るイメージ

であるという事は、お分かり頂けると思います。

あくまでこの言葉の意味するところは、

実際に目では見えないもの・・・。

耳で聞けないものへ対する

「感覚」なのです。

それは例えば、

あの犬は僕が好きだな、とか

あいつとは馬が合わないな、とか

そういう事を感じる感覚と似ています。

これらは5感に入りませんが、

かといって6感とも言えません。

では一体何にあたるのか?

はしくれは考えました。

そして、出た答えがこれです。

ああ、これは・・・「触覚」だな、と。

 

 

これははしくれが、

競馬を長年続けてきたから持てた感覚ではありません。

なぜならこれは、生まれつき持っている感覚だからです。

はしくれは子育てをしているので良くわかるのですが、

子どもはまだ良く目が見えないときから、

何かを掴もうとしたり、

何かを触ってみようとするものです。

この暗闇で何かを掴もうとする感覚

これこそが、

当たるかどうかも分からない予想の

精度を上げる感覚に繋がります。

ですから普段は敢えて意識する事がないのですが、

予想をする時には、

その予想が触覚的に正しいかどうか、

手応えがあるかどうか

という事をぜひ意識してやってみて下さい。

なにか当たりに触れているような感触

これを研ぎ澄ますのです。

そして、的中するときはこんな感じ、という経験を、

自分の中に増やすのです。

 

抽象的な話になってしまうのが残念ですが、

この感覚に具体感を持たせる為にも

触覚を意識してみて下さい。

新聞を使うにせよ、

パドックを使うにせよ、

馬券を選ぶ時でさえ

はしくれは確実に、この感覚に頼っています。

そして、生まれたての赤ん坊のように、

謙虚に、素直に手応えを探る事が、

競馬の収支改善に確実に役立ってきます。

これが育ってくれば、

当たらない気がしたのに買った、

当たりそうなのに見送った

というミスを確実に減らす事ができます。

 

まずは日常の中で

「自分が何を感じたか」

意識するところから始めて下さい。

その内なる感触が、的中と結びついている事を

必ずや実感できる時が訪れると

はしくれは信じています。