騎手はどの馬を選んだか?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬といえば馬と人が織り成すドラマですが、

その中でも最も濃い人的要素となるのが、

馬に跨っている騎手であります。

 

これはもう言わずもがなですが、

騎手は着順に実に明確に影響を及ぼしています。

それは道中の折り合い然り、

またゴール前の仕掛けのタイミング然り・・・。

 

この騎手の判断で、その馬の着順が前後するのは当たり前の話です。

そこで今回は、

競馬予想をする時に、はしくれが騎手のどの点に注目して予想しているか

をお話したいと思います。

 

これは当ブログをずっとご覧下さっている皆さんには、

もうお分かりかも知れませんが、

はしくれが一番大事にしている競馬予想時の騎手を見るポイントは、

「騎手がどの馬を選んだか」

です。

 

 

ここで皆さんに質問です。

Aという馬とBという馬がおり、

それぞれが別の路線で勝ち上がって来たとします。

 

この2頭に乗っているのはOという騎手だとしましょう。

 

この2頭の馬が同じレースで顔を合わせた時、

O騎手はどちらかを選ばなくてはなりません。

この時、O騎手は一体何を基準に馬を選ぶでしょうか?

 

・・・・・・答えは出ましたか?

 

それでは回答致しましょう。

 

答えは、

「馬の背中の感触から、一つでも着順が上になりそうな馬を選ぶ」

です。

 

これは先週 こちら の記事でも少しお話しましたが、

騎手は個人成績に関わらず、

一度馬に跨ってしまえばその馬の能力が分かるもの

なのです。

 

これは元・騎手の谷中公一さんが著書の中でも語っています。

谷中騎手が地方競馬のパドックで勝ち馬予想をしているとき、

「見ているだけでは分からないけど、乗せてもらえれば分かる」

と思ったという回想からも、この話には信憑性があります。

 

そして、何より今年のGⅠ戦線を賑わせている馬の中にも

このような騎手の判断が問われるシーンは何度もありました。

 

 

アドマイヤミヤビとソウルスターリングの内、

ソウルスターリングを選んでオークスを制覇したルメール騎手。

 

ペルシアンナイトとアドミラブルの内、

アドミラブルを選んでダービーで3着と先着したデムーロ騎手。

 

グレーターロンドンとロゴタイプの内、

ロゴタイプを選んで安田記念で2着に粘った田辺騎手・・・。

 

これらの騎手は大舞台において、馬選びを一切間違えませんでした。

なぜこのような選択が可能だったかといえば、

馬の背中の感触に、騎手が自信を持っているから

です。

 

これは競馬予想をする上で、非常に分かりやすい判断材料になります。

事実、桜花賞・オークスでは、この理由から

当ブログでもソウルスターリングを上位に取っていますし、

ダービーでも同じです。

 

安田記念では残念ながら両馬とも無印でしたが、

結果は正しく出ています。

 

このように、予想に迷った時などは、

騎手がどの馬を選んだか

を指針にしてみると良いでしょう。

その順列を使って馬券を組み立てれば、

点数を抑える事ができます。

 

今回は競馬予想時の判断材料として、

騎手がどの馬を選んだかに着目する

という方法をお話しました。

次回は、

騎手の馬選びが難しかった実例

についてお話したいと思います。






買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、当ブログがこだわっている

買い目は6点以内

という数字について、

詳しく説明したいと思います。

 




 

競馬が当たらない理由は大きく分けて二つある

という事は以前 こちら の記事でお話しましたが、

馬券の種類や組み合わせ次第では、

予想の印が今一でも、

利益を出す事が可能です。

 

当ブログは基本的に

お小遣いで競馬を楽しむ方向け

に作成していますから、

大きく当てに行く三連系馬券よりも

単複がメインです。

 

そしてお小遣いで競馬を楽しむ方に向けて、それこそ

お小遣いの範囲内で買える総額

を重視しています。

 

その為、購入金額が抑えられる点数で

買い目は少なくしています。

6点と決まっていれば、

今後どれくらいお金がかかって、どれくらい当たれば安泰なのか

という計算もしやすいです。

 

また、「競馬のいろは」を覚えて頂き、

自身の馬券に活かすとき、

馬券の式別選択の悩み

を大きくしないためにも、

基本的な馬券の扱いを少点数でお見せしたい

と思っています。

 

それでは、前置きはこれくらいにして、

実際に6点あればどんな馬券が買えるのか

を実例を踏まえて説明したいと思います。

(実例はレース結果のリンクをご参照下さい)

 

 

まず、何と言っても6点という数字は

馬連・ワイドのボックス馬券を買うのに適している

と言えます。

 

これは、

当ブログの予想印の基本が、4つまで

という事と関係がありますが、

その4頭でボックスを組んだ場合は、

買い目が丁度6点となります。

( 夏至ステークス結果 )

 

そして、もし印を3頭に絞った場合は、

馬連・ワイドの両方のボックスが買える点数

でもあるのです。

 

更に、6点という数字は偶数ですから、

応援馬券を買う際も使い勝手が良いんです。

単・複を同時に買う時、

割り切れない数字だと、

応援馬券は買えません。

印を3頭に絞り、3頭の応援馬券をそれぞれ買う

という方法もあります。

函館スプリントステークス結果 )

 

そして、

大きく狙いたい時にも、この6点買いは役に立ちます。

三連単を買う時は、

◎→○▲△の2~3着づけや、◎→○▲→○▲△×のように

本命◎を1着固定で流します。

するとこれも丁度6点。

三連単なので難度は高いですが、

はしくれは個人的に、何度もこの馬券にはお世話になりました。

福島牝馬ステークス結果:大川の予想より )

 

流し馬券でも、

◎ー○▲△の馬連とワイドそれぞれに流せますし、

6点もあればかなりの数の馬券を扱う事ができます。

 

はしくれは、

競馬は一点に大きく張るより、買い目を工夫して利益を上げる

のを信条にしていますから、

馬券の扱いに慣れるためにも

6点買いはお奨めです。

 

ところで、

利益を大きくしたい

と思ったら、

皆さんはどうしていますか?

 

はしくれは普段から6点買いが主ですが、

自信のレースはこれに倍額賭ければいい

と思っています。

 

そもそも、

不慣れな三連単で勝負に出ても、そうそう当たるものではありません。

かと言って、

単・複だけでは足りない事もあります。

 

これは扱い慣れた上ですべき事だと思いますが、

三連単にも劣らない爆発力を、

きっと実感できる事でしょう。

 

いかがでしたか。

競馬は買い目を鍛えないと、

中々勝たせて貰えません。

予想の印が良くても馬券が中々当たらないという方は、

ぜひこの機会に点数の見直しを、

されてみてはいかがでしょうか。

 

競馬予想は印と買い目が噛み合って初めて利益を産むものです。

皆さんも挫けずに、ぜひ楽しんで買い目の上達をされて下さい。

その馬券のヒントをこれからもお届けできるよう、

当ブログは努めて参ります。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読ありがとうございました。






競馬が当たらない二つの理由

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬って、中々当たらないですよね。

はしくれはプロの競馬ライターなので、

あまり気軽にこんな事を言える立場ではないのですが・・・。

 

19年間競馬を見続けてきても、

「正直、難しすぎる!」

と思うレースは、

少しではなく、大半

だったりします。

 

だからこそ、はしくれのような

プロの存在に需要があるわけですが、

プロでさえ難しいと感じてしまうほど、

競馬予想には大きな難点があります。

 

それは、

競馬には中々当たらないように仕組まれた、二つの理由がある

からです。

それは一体何なのか?

今日はそのお話をする事に致します。

 




 

まず、競馬が難しくなっている一つ目の要因は

勝ち馬を選定する難しさにあります。

 

これは既に当ブログで何度も述べてきた事ですが、

これは、何を使って勝ち馬を予想するか?

という疑問に始まり、

何をもって有力馬とするのか?

という思想を決めねばならない事、

また、

参考にすべきデータがその時々によってコロコロ変わったり、

天候や馬場状態、果ては枠順や騎手の影響と

数え上げたらきりの無い要素を吟味して、

勝ち馬を選定しなくてはならない難しさ

にあります。

 

はしくれは本来パドック党ですが、

競馬ライターの仕事では、

ほぼデータだけが予想の頼りです。

 

パドックは見た目からの判断ですから、

その場での集中や直観が特に大事になりますが、

データはどこから見て良いのかなど、

思考の根本から考えなくてはならないのが大変です。

 

どちらにも長所と短所がありますが、

どちらにせよ、

なんらかの方法で有力馬を選定

しなければなりません。

これが競馬が当たらない一つ目の理由です。

 

 

そして、

競馬が当たらない二つ目の理由は、

買い目にあります。

やっとこさ本命馬を選定してから、

今度はその馬の馬券を、

どうやって買えば良いのか

考えなくてはなりません。

 

これがまた考え出したらきりの無い行為で、

オッズ的にはこうだけど、的中のしやすさはどうか・・・

とか、配当は大きいけど、点数が多すぎて外れたらやばい・・・

とか、色々あるわけです。

 

既に馬券を買われてきた皆さんには、

もうこれらの事はご存知かと思いますが、

それだけに時には原点に戻って、

今の自分の予想のバランスはどうか?

という事を、今一度考えて頂きたいのです。

 

予想のバランスというのは、

本命馬の選定は上達した、というのであれば買い目を、

買い目は色々使えるけれど、本命馬の選定がどうも・・・。

というのであれば、本命馬の選定を見直す必要が有る訳です。

 

そしてこれらは

競馬をプレイしている最中は非常に難しいもの(熱中しているため)

ですから、

中央競馬しかやらない方なら

平日にこれを見直して、

収支の改善に努めてみてはいかがでしょうか。

 

因みに当ブログでは、

実際にはしくれが買った馬券を元に、

この場を借りて復習するように努めております。

どこが良くてどこが悪かったのか?

という復習をクセ付ける事が、今後の展開に生きてきますので、

ぜひ復習の仕方も参考にして頂ければ幸いです。

 

そして皆さんも、レースの予想をする時にはぜひ

ご自分の予想の復習までを含めて、レースを楽しんでみて下さい。

その継続が、必ず収支改善の一助になります。

 

 

それでは最後に、

この二つの問題の解決を、イメージする方法

をお教えしましょう。

 

まずは、「らせん階段」をイメージします。

次に、遺伝子の「2重らせん構造」をイメージしてください。

この2重らせんは、本命馬の選定と買い目を現しています。

これらを結びつけて、

「下から上へと真っ直ぐ伸びる2重らせん」をイメージするのです。

 

すると、どうでしょう。

本命馬の選定と買い目が噛み合うと、

上へ上へと「らせん」が力強く上昇していく・・・というイメージが、

想像出来たでしょうか。

 

「競馬で生活する僕は」のタイトル通り、

競馬の事ばかり考えてきたはしくれの、

競馬予想攻略のイメージは以上です。

競馬をする事が遺伝子レベルに達していれば、

あとは粘り有るのみです。

 

競馬の収支改善は一日では果たされません。

ですが、この二つの壁を少しずつでも攻略していければ、必ず道は開けます。

それが分かっている以上、あとは実践&復習あるのみです。

 

これからも当ブログは、

皆さんと一緒に的中の喜びを味わって行けるよう、

精進して参ります。

 

そして、皆さんの競馬の収支改善のお役に立てることを、

心から願っています。