桜花賞(GⅠ)を予想しました!

こんにちは!はしくれです。

 

いよいよクラシック第1弾、桜花賞が発走となります。

今年もかなりの好メンバーで、

混戦を極める牡馬路線とは

対照的な一強ムードですね。

これが正しい論理かどうかが問われる一戦となりそうです。

果たしてはしくれの本命は・・・?

早速予想に参りましょう!

 

はしくれの本命◎・・・ソウルスターリング

 

ああ!

やっぱり・・・。

と、このブログを見て下さった方は

思っていらっしゃるかと存じますが、

はしくれも今回は特に、

この大本命馬に◎を献上致しました。

 

やっぱり強い!

並みじゃない!

見れば見るほどこの馬の強さが

浮き彫りになる結果となりました・・・。

でも、これでいいんです。

長年競馬をやっていると、

色々な知識が身についてきて

どうしても穴馬を探したくなります。

でも、一番肝心な事は

「最も強いと思われる馬を素直に本命に据える事」

だとはしくれは思っています。

 

 

当ブログの軸である、

馬券の収支改善は、こういった素直さから

立脚する必要があります。

ただ、これだけでは記事としての面白味と

根拠が提示されていない為、

ここでひとつ

桜花賞の「予想の肝」をお教えする事と致しましょう。

 

これは以前、東スポの上田記者から学んだ事ですが

(一読者としてです、面識はございません)

桜花賞の有力馬選びは

マイル(1600m)の持ちタイム+上がり3F(最後の600m)の最速タイム

で大体カバーできるのです。

これを発見した上田記者は、素晴らしい宝を見つけて下さいました。

 

これでソウルスターリングを当てはめてみると・・・。

マイルの持ちタイム1分33秒2+上がり最速が33秒8=2分7秒0

となります。

この合計値はちょっと他馬では苦しいでしょ・・・と思ったら!

ここでとんでもない逆転候補を発見してしまいました(汗)

それは・・・。

隣枠で虎視眈々、アドマイヤミヤビです!

 

これには正直驚きました。

計算式を入力すると・・・。

持ちタイム1分33秒2+上がり33秒6=2分6秒8

こ、これは・・・!やばいです。

一強なんてとんでもない、逆転を許しています!

これは大変な危機が訪れてしまいました・・・。

ソウル危うし!

「最も強いと思われる馬」とは、

この論理ではアドマイヤミヤビとなってしまいます。

それでも本命をソウルスターリングにした理由は・・・?

ここからがはしくれ流予想のポイントです。

それは・・・。

騎手です!

 

 

写真が人形ですみません(汗)

 

マークが多い、

数字的不安も有る、

渋った馬場の経験が無い・・・

など、実は不安要素も多いソウルスターリング。

それでも本命を打ったのは、

トップジョッキー・ルメール騎手が選んだ馬だから

に他なりません。

 

なんだそれだけ?

と思われるかも知れませんが、

騎手は、まず馬の実力を間違えない

ものなのです。

長くなるのでこの話は別の機会にするとして、

これがはしくれ最大の根拠です。

 

アドマイヤミヤビには、

これまでずっとルメール騎手が騎乗してきました。

桜花賞でも良い線行く、と言ったのも

ルメール騎手自身です。

それでもソウルスターリングを選んだからには

何か確たる自信が有るはずです。

これは正直、2頭を実際に比べられる唯一の存在である、

ルメール騎手にしか判断できない事です。

答えは馬の背中が知っています。

それをルメール騎手が読んだのです。

ですから、はしくれはそれを信じただけなのです。

それが根拠であります。

 

それでは、最後に馬券の買い目に参りましょう。

上記2頭だけでは配当の爆発力に欠けるため、連下に2頭用意しました。

◎ソウルスターリング

○アドマイヤミヤビ

▲ミスパンテール

△アエロリット

として、

単勝○(◎が低配当の為)100円、馬連◎ー○300円、ワイド◎ー▲△各100円

として、計600円。以上です。

 

南関東ではいよいよ桜が満開となりました。

関東馬ソウルスターリングに幸あれ。




大阪杯の予想結果

こんにちは、はしくれです。

 

今日はついにGⅠへと昇格した、

大阪杯が阪神競馬場で開催されました。

当ブログでは初のお披露目となる

はしくれの予想結果は果たして・・・!?

 

まずは購入した馬券から振り返りましょう。

 

 

昨日お伝えしました通り、

はしくれは◎キタサンブラック(5番)

○ミッキーロケット(1番)の予想で臨みました。

馬券は、◎単勝300円、○単勝100円、◎ー○馬連・ワイド各100円の計600円でした。

さあ、果たしてレースの結果は・・・

 

 

 

やりました!

見事、予想的中です!!

優勝したキタサンブラックと武豊騎手、ありがとうございます!

 

それにしてもキタサンブラックの強いこと、

はしくれはブルってしまいました。

本命にしておきながらおかしな話ではありますが、

まさかここまで強いとは・・・脱帽です。

そして対抗のミッキーロケットですが・・・。

残念、7着でありました。

 

こうして見ると上位人気馬に混じって

ステファノスが好走したと言えますね。

ただ結果を振り返るだけではつまらないので、

収支改善に繋がるように、結果の復習をして参りましょう。

 

まずは、キタサンブラックの勝因ですが

これは昨日もお伝えしたように、

今年の競馬界の流れを汲んでいた

というのが主要因でしょう。

運命と言ってしまえばそれまでですが、

やはり勝ち運というか

この馬にはそれがありました。

それだけ仕上がっていたと言う事です。

ただでさえ大型馬だったのに、

更に一回り成長したというか、

この馬の馬体の厚みには驚かされます。

こういう成長力の有る馬がやはり一番強いです。

 

そして、2着のステファノスですが

これは、マークする馬を間違えなかった

という点が一番でしょう。

元々差し脚鋭い馬ではありますが、

今回は早めに動いたのが好感です。

実績は有るのに勝ち切れないキャラクターを、

鞍上の川田将雅(ゆうが)騎手が

ルックス通りのイケメン騎乗で

見事に2着にエスコートした一戦だったと言えるでしょう。

(結局は勝ち切れませんでしたが・・・。)

これを読むのは難しかったですが

相手なりに走る馬が、

有力馬乱立の時は強いのも事実です。

これは一応、覚えておいて損はないかと思います。

 

 

そして嬉しい払戻金ですが・・・。

キタサンブラックは単勝で240円(1点100円に対して)でした。

はしくれはこれを300円買っていましたので、

240円×3=720円の払戻しがありました。

お!

取り敢えずプラスが出ましたね!

ありがたいです。

利益は薄いのですが、まずは的中が大事です。

励みになりますね。

 

今回はかなり皆様からの反応も良く

的中と合わせて二重で嬉しい結果となりました。

ありがとうございます!

また、ミッキーロケットで雄叫びを上げられなかった和田騎手の代わりに、

はしくれがここで恥ずかしながら雄叫びを上げさせて頂きます。

「ぅをらっしゃーーーーー!!!」(和田騎手ごめんなさい)

 

次回も日曜競馬の予想を公開していきますので、

是非お付き合い下されば幸いです。

 

◎単勝240円的中 計+120円

*動画はYouTube、画像はJRAホームページより参照。




大阪杯(GⅠ)を予想しました!

こんにちは、はしくれです。

今日は競馬ライターの本分を活かして

明日開催の「大阪杯」に挑戦したいと思います。

 

まず、上記写真の「東スポ」を用意しました。

数ある専門紙の中でも、

中央競馬の予想をするなら東スポがおススメです。

140円で情報豊富、いつもは薄っぺらい新聞が

土日仕様になると突然、分厚く変貌します。

なぜならば・・・

じゃん!

競馬専門紙別冊として、中に用意されているからです。

(ちょっと、分かりづらいかもしれませんが・・・)

はしくれの祖父も愛用していたというこの新聞、

これを手に、初めてはしくれが競馬予想しているのを見かけた父が

「血だね~!」

と言ったのが忘れられません。

競馬はブラッドスポーツと呼ばれますが、

予想する側もブラッドをフル回転です。

それではまず、大阪杯の出馬表を見ていきましょう。

まずは出走頭数を確認します。

今回は14頭という頭数ですが、これは程よい頭数ですね。

各馬競馬がしやすそうです。

そして、出走馬の名前を見ると

実績馬が多数揃った印象を受けます・・・。

昨年凱旋門賞に出たマカヒキ

年度代表馬に輝いたキタサンブラック

香港の国際GⅠを勝ったサトノクラウン

ちょっと見ただけでも凄いメンバーですね。

この中から本命馬を選ぶのは、少々骨が折れそうです。

こういう時は、まず近走の成績にざっと目を通してみます。

 

・・・・・・。

さすがGⅠ、どの馬も強そうです。

こういう時、どうするかというと・・・。はしくれは、

「競馬界全体の流れ」を見ます。

写真は川の流れですが・・・。

本命◎は、ヤナガワ牧場出身キタサンブラックにしました!

今年の競馬界の流れとしては、

非社台系の馬の活躍が目立ちます。

日本競馬界のリーダーである、

社台ファーム系の馬達・・・。

その本流ではない、言わば亜流であるこの馬。

これがクサイです。

そして対抗〇は・・・。

ミッキーロケット、これにしましょう。

大阪杯が行われる阪神競馬場では、

2回走って両方2着。

前走は出遅れが敗因ですし、

今回は巻き返すのでは?と期待が膨らみます。

こういう敗因がはっきりしているタイプは巻き返す事が多いです。

更にこのミッキーロケットの鞍上

和田竜二騎手は、

GⅠで勝つと「雄叫び」を上げる習性を持ち

そのパフォーマンスを是非見たいという気持ちも有ります。

この2頭で馬券を組み立てて参りましょう。

 

さあここからが競馬の難しいところです。

馬は選べても、馬券を外す・・・

なんて事は良くある事です。

単勝オッズを確認すると、

◎キタサンブラック2.5倍  〇ミッキーロケット12倍

です。

なるほど、◎キタサンブラックは1番人気ですね。

〇ミッキーロケットは5番人気・・・。

オッズを加味して買うわけですが・・・

こうなります。

 

まず、◎単勝(1着を当てる)に300円、〇に100円、

それと◎ー〇馬連(1.2着順不同)・ワイド(1~3着順不同)各100円、

これで全部で600円です。

 

このブログではしくれは、

6点までの馬券しか買わない

心に決めました。

馬券の収支改善、損小利大を考えるなら・・・。

ご参考までに。

 

*馬券の購入は成人になってから。購入は自己責任でお願い致します。