2017平安ステークス予想・グレンツェントの取捨は?

こんにちは、はしくれです。

今日は、明日土曜日に開催される

GⅢ平安ステークスの予想をお届けしたいと思います。

前年はアスカノロマンが見事勝利を飾りましたが、

今年はどうなるでしょうか。

 

天気は全国的に晴れて暑くなる予報ですが、

ダートも乾いて力の要る馬場となりそうです。

それでは、平安ステークスの突出したデータを見ていきましょう。

 

<2017 平安ステークス 脚質>

 

今回の突出したデータは、脚質です。

赤枠で囲ってあるグラフの通り、

先行馬の活躍が目立ちます。

 

追い込み馬に至ってはゼロと厳しい数字が出ていますので、

ここはやはり前目に付けられる馬から狙うのがセオリーでしょう。

ここで出馬表を見渡すと・・・。

結構いますね(汗)

皆が前につけたいとなれば、

後ろから来る馬にスポットを当てたいところですが・・・。

決めました、本命は◎グレイトパールにします。

 

さて、この馬に決めた理由は

先行馬という他にも様々な理由があります。

まず、時計勝負への対応ですが、

この馬、3走前の当該コースで1分55秒2(不良)の

破格の好時計で勝利しています。

 

もちろん今回は良馬場の為、そんなに早くはならないでしょうが、

前が流れる展開で、それでも踏ん張る事を考えると

やはりこれだけの持ちタイムは光って見えます。

 

それも人気のグレンツェントと同じ4歳の上がり馬で、

このコースでは3戦3勝と全く隙が有りません。

これは今回、ダート界の新星誕生も有り得る一戦と見ています。

 

次に気になるデータを見ていきましょう。

次に気になったのは、騎手です。

 

<2017 平安ステークス 騎手データ>

 

幸騎手が4回の騎乗機会で、3回も連対しています。

これは明らかに突出した数字です。

この内訳を見てみると、

なるほど納得、この3回は全てクリノスターオーで上げた実績ですね。

今回も同馬とのコンビは継続、

8ヶ月ぶりの実戦が嫌われるようなら、

素直に狙っていきましょう。

対抗はクリノスターオーです。

 

あとはまず、実績馬グレンツェントの取捨ですね・・・。

前走は休養明けと58kgが響いたとはいえ、

やや負けすぎの感もあり、

データ的にも危うい差し馬・・・。

今回も58kgは変わらず・・・。

う~ん・・・今回は、見送りという事にします。

 

その代わりといっては何ですが、

同じ4歳で58kgを背負うハンデ頭、

▲ケイティブレイブを入れておきましょう。

 

 

この馬、前走は交流GⅢ名古屋大賞典を勝利していますが、

この時も58kgを背負って快勝しています。

フェブラリーステークスでも厳しい競馬で粘っていますし、

前目に上手く付けられれば、好走確率は高いと見ます。

力の要る地方のダートで走って来たのが良いです。

 

さて、あと気になる馬が一頭居まして・・・。

それが△タガノエスプレッソです。

この馬、前走ではゲートの出が悪く、

道中は最後方からの競馬になったのですが、

そこから前が塞がる不利もありながら、

最後は上がり最速で前との差を詰めています。

 

結果は7着でしたが、

決して元々追い込み馬というわけでもなく、

立ち回り次第では上位入線も有り得ます。

まだ人気は今一ですし、狙うならここと判断しました。

 

それでは印がまとまったところで、

買い目に参りましょう。

 

<2017 平安ステークス予想 印&買い目>

◎グレイトパール(先行、得意舞台、ハンデ有利)

○クリノスターオー(先行、得意舞台、ハンデ有利)

▲ケイティブレイブ(先行、ハンデ克服済み、好調)

△タガノエスプレッソ(末脚強烈、前走はスタートで後手)

買い目・・・◎~△ワイドボックス各100円で、計600円。

 

ダートの新星誕生なるでしょうか?

注目の一戦です。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

2017京王杯スプリングカップ予想結果。安田記念の有力馬は?




 

こんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に開催された

GⅡ京王杯スプリングカップの予想結果

についてお伝えしたいと思います。

 

安田記念につながる走りをした馬は居るのでしょうか?

それではまず、はしくれの予想からご覧下さい。

 

<2017 京王杯スプリングカップ 印&買い目>

◎ブラヴィッシモ(重馬場&千四得意、状態最高)

○サトノアラジン(休み明け&千四得意、川田騎手好感)

▲クラレント(単騎逃げ警戒)

△トーキングドラム(7枠、阪急杯優勝)

買い目・・・◎単複、馬連流し◎ー○▲△、△複勝の6点を各100円、計600円

 

それでは早速、結果を見ていきましょう。

全着順はこちらです!

<2017 京王杯スプリングカップ 結果>

 

・・・・・・はしくれ・・・・・・

惨敗です!(><)参考にして下さった皆さん、大変申し訳ありませんでした。

本命に推した◎ブラヴィッシモは12着。

2着の▲クラレントに外から進路を塞がれる不利はありましたが、

それも勝負どころでの勢いの違いから生じたもの。

重馬場がどうかというより、現状力不足は否めない敗戦だったと思います。

 

変わりに、前走で脚質転換した▲クラレントですが、

前へ行く姿勢が変わり、

今回は前目につけて、馬場の良い4分どころを差し込んで来ました。

これは桜花賞時に復習した、レーヌミノルの脚質転換の逆パターン

を狙ったのですが、

それよりも更に切れの良い脚を使ったレッドファルクスは素晴らしかったです。

(クラレントの複勝を買っていれば・・・とここは反省です)

 

今回はしくれは、同馬が背負う58kgや安田記念への距離、

人気を背負わされる事を見越して、

レッドファルクスをばっさり切ってしまいました。

しかしそれら全てを撥ね退け、同馬が見事優勝。

もう、完全に脱帽です。

 

レース終了後の談話では、

「安田記念の距離は問題ない」

とデムーロ騎手も話しており、

この馬場でも瞬発力を発揮した同馬の競馬は、

間違いなく今年の安田記念でも脅威になると思います。

そのゴール前がこちらです。

 

 

力強く抜け出しての快勝、

レッドファルクスの関係者の方々に、心よりお祝いを申し上げます。

 

さて、はしくれの選んだ○サトノアラジンですが、

道中では行きたがる素振りを見せ、

抑えた事が裏目に出てしまったようにも思えます。

はしくれの見た目には仕上がりは悪くなく、

重馬場と、最終的には1番人気に推された事もあってか

最後はもう一伸びがありませんでした。

けれど上がりは33秒8、やはり決め手は持っています。

次が楽しみですね。

 

△トーキングドラムは好スタートが良かったです。

まだ成長の余地は有りそうですし、

今回の経験を次に繋げて欲しいですね。

 

こうして雨の中行われた京王杯スプリングカップですが、

レッドファルクスの末脚には痺れました。

安田記念でも人気の一角となりそうです。

本番では好メンバーが集う事を楽しみに致しましょう。

それでは最後になりましたが、払い戻し金を表示致します。

 

 

皆さんの今週の成果は、如何でしたでしょうか。

まだまだ東京競馬場では、GⅠが続きます。

オークス、ダービー、安田記念・・・。

これからも春競馬を、目一杯楽しんで行きましょう!





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

2017ヴィクトリアマイル予想結果




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は東京競馬場で、GⅠヴィクトリアマイル

が開催されました。

馬場の回復がどの程度進むかが予想のポイントになりましたが、

馬場ははしくれの読み通りの稍重(ややおも)馬場、

天候は曇りでした。

 

果たしてはしくれの予想は当たったのでしょうか?

それでは予想から見ていきましょう。

 

<2017 ヴィクトリアマイル予想 印&買い目>

◎スマートレイアー(内で脚を溜めて抜け出し期待)

○ミッキークイーン(重馬場OKの堅実派)

▲レッツゴードンキ(重馬場OK、差しで安定)

△ウキヨノカゼ(福島牝馬ステークスで強い勝ち方)

買い目・・・◎単勝100円、馬連流し◎ー○▲△各100円、3連複軸2頭流し◎○ー▲△各100円の、計600円。

結果は・・・。

 

 

・・・はしくれ、不的中です!!申し訳ございませんでした(><)

う~ん・・・今回は本当に惜しい・・・というか、残念な結果になってしまいました。

◎スマートレイアーは、思い描いたとおりの競馬をしてくれましたし、

武豊騎手の騎乗は間違いなく好騎乗でした。

 

スマートレイアーを○ミッキークイーンより上位に取った事も良かったのですが、

いかんせん、相手が強かったですね。

新馬戦から期待されていたアドマイヤリードですが、

ここに来て重賞初制覇を、GⅠでやってのけるとは驚きでした。

以下はゴール前の画像です。

 

 

はしくれの◎スマートレイアーを後ろから抜き去り

鮮やかなゴールでした。

走破タイム1分33秒9はいささか時計がかかった感じですが、

それだけに切れ者のアドマイヤリードには展開が向いたと言えそうです。

 

また、アドマイヤリードのルメール騎手がクイーンズリングをマークし、

クイーンズリングのデムーロ騎手がスマートレイアーをマークしていた事も、

最後の一脚に繋がりました。

この辺り、騎手の駆け引きも白熱した見応えのある追い比べとなりました。

 

問題はミッキークイーンですね。

同馬はパドックから入れ込んでいて、

4コーナーを回ってからの騎手の騎乗にも荒さが目立ちました。

下の画像をご覧下さい。

 

 

見辛いかもしれませんが、

赤丸で囲んであるのがミッキークイーンです。

進路が狭くなっているのがお分かり頂けますでしょうか?

これは外から来たデンコウアンジュの脚勢に阻まれて、

勝負どころで追えなくなってしまった瞬間です。

 

入れ込みが災いしたのか、人気を背負うプレッシャーか・・・

この事象は可愛そうですが、ミッキークイーンの浜中騎手はこの前に

デンコウアンジュらを外側に押しやっていますので、

この不利を主張する事は出来ないでしょう。

残念ではありますが、最後はかなり伸びていたので

今後も活躍してくれると思います。

次こそ本領を発揮してもらいたいですね。

 

さて、回顧はここまでにして、

次に繋がる復習をしましょう。

まず、アドマイヤリードですが、

これは十分有り得ました。

というのも、前走で使った末脚はミッキークイーンと互角で、

大外枠からの発走と、不利も大きかったです。

 

走破タイム実績から選べませんでしたが、

馬場の回復が少し遅れた事、

タイムがもう少しかかる事を読めさえすれば(これが一番難しいですが)

十分狙える馬でした。

 

デンコウアンジュも同様です。

この馬が走破した今回のタイムは1分34秒1。

これは同馬が同コースでメジャーエンブレムを破って計時した

アルテミスステークス時の走破タイムとぴったり重なります。

その際は上がり最速の33秒3、

今回も最速の33秒2。

こういう展開に強い事は間違いありません。

次回、反省を活かしたいです。

 

それでは復習が終わったところで、払い戻し金を表示したいと思います。

<2017 ヴィクトリアマイル 払戻金>

 

波乱の決着となりましたが、

皆さんのヴィクトリアマイルはいかがでしたでしょうか。

次回に繋がる一戦にしたいですね。

勝利されたアドマイヤリードの関係者の方々には、心よりお祝い申し上げます。

 

それでは皆さんの馬券の収支改善を願って。

今回はここで失礼致します。






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ