2017ジューンステークス&天保山ステークス結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に行われたメインレース

ジューンステークスと天保山ステークス

の結果と回顧をしたいと思います。

 

それではまず、東京競馬場で行われた

ジューンステークスの結果

についてお伝えしましょう。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 ジューンステークス予想 印&買い目>

◎スモークフリー

○ブラックバゴ

▲サトノスティング

買い目・・・◎~▲馬連&ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

・・・・・・はしくれ、外れです!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><)

 

日曜日に止まった連敗記録ですが、

この時点では連敗が「5」と伸びてしまいました。

敗因がいくつか見つけられましたので、

復習していきたいと思います。

お付き合い下さいますよう、

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

まず、予想の最初のポイントとなっていた

Dコースの影響ですが、

思ったとおり4コーナーでは各馬外を回る競馬になりました。

やはり傷みが激しかった内目を各騎手が避けようとした結果ですね。

ただ・・・。

 

 

きれいな馬場を走らせたかったのは分かるのですが、

赤丸で囲ったはしくれの本命スモークフリーは

横山典弘騎手が外目を回り過ぎました。

 

直線に入ってからは、ゴール前の芝だけは

内目の傷みが改善されており、

上位入着馬はこぞって内に固まっています。

 

 

これがゴールシーンですね。

上がり最速を繰り出しながら、

外のスモークフリーが届かなかったのは、

この進路選択にも一因があります。

 

そして2番目はスローペースの読みです。

結論から言えば読みは合っていたのですが、

違ったのは各馬のポジショニングの予想です。

はしくれは団子状態を予想していましたが、

そこまで窮屈な展開にはなりませんでした。

 

外からまくれるタイプを推したのは、

この団子を一飲みにできる仕掛けを想定したからですが、

これは完全に的外れな期待でした。

 

先行馬が余力を残して内目の馬場も伸びていただけに、

早めに内から伸びてきたヴォージュが、

あっさり優勝を手にしました。

 

瞬発力を重視したのも悪くはありませんでしたが、

前に行って一脚使える事に重きが置けていたら、

結果を変える事が出来たレースだと思います。

 

東京Dコースのこの傾向は、

来週の土曜日あたりはまだ続くと見ています。

あとは雨の影響次第です。

 

買い目については復習はありません。

というのも、本命すら複勝圏に入線していないので、

反省できる要素も無いからです。

この点はあくまで予想の精度によりますから、

致し方ありません・・・。

 

まとめると、

Dコースで4コーナーでは膨れるが、

最後の直線では内目が有利になった。

という事です。

これを頭に入れておけば、

今後に活かせると思います。

 

次に、阪神競馬場で行われた

天保山ステークス

の結果と回顧に参ります。

 

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 天保山ステークス予想 印&買い目>

◎コウエイエンブレム

○スーサンジョイ

▲スマートアバロン

△キングズガード

買い目・・・三連単一頭軸流し◎→○~△各100円、計600円。

 

結果は・・・

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

馬場が読み辛かった東京のジューンステークスと違い、

この天保山ステークスではより分かりやすい反省材料があります。

まずは、最大の根拠とした、

コウエイエンブレムの実力について回顧したいと思います。

 

まず、スタートですが・・・。

前走躓きながら最後方から追い上げて2着したのを評価して、

今回は普通に出ればまず勝ち負けと思っていました。

それが・・・。

 

 

前回ほどではないものの、

スタートで後手を踏み、後方に下がるコウエイエンブレム。

この時点で暗雲が垂れ込めます・・・。

 

競走馬の中には、

デビューから連続で出遅れて徐々に改善される馬も居れば、

全く改善されずに引退を余儀なくされる馬、

キャリアの途中から出遅れ癖がついてしまう馬など、

色々な性質があるのも事実です。

 

それを考えるにつけ、同馬が前走躓いたのは、

決して偶然では無かったと思います。

これは考慮すべき点でしたが、

注意を怠ったと反省しています。

もしこの事をもう少し警戒できていたら・・・。

馬券の組み立てが変えられました。

 

そして、レースのペースですが・・・。

思っていた以上の前傾ラップになりました。

要は、前が飛ばしすぎたという事です。

 

無理な追走は禁物ですが、

出負け気味のコウエイエンブレムは、

人気を背負っていた事もあり

早めに先団に追い上げてしまいます。

鞍上の松山騎手にも、

このあたり焦りが有ったかもしれません。

 

更にコウエイエンブレムは4コーナーから早目に仕掛けて、

後続を振り切ろうとスパートしてしまいます。

これでは並みの馬にはとても着を拾う事はできませんが・・・。

同馬はそれでも尚、3着を拾いました。

 

 

これはゴール前の画像です。

この芸当は相当馬が強くないと出来ない芸当なので、

コウエイエンブレムの実力はむしろ証明されたと言えます。

ただ、スタートでの出遅れと、内枠を考慮したとき、

断然の評価を下す事は難しいと言えましょう。

 

そこでもう一つ反省すべきは

阪神ダート1400mには「外枠優勢」のデータがある事です。

勝ったサウススターマンは人気サイドで唯一の外枠馬だった

事も勝因に挙げられるでしょう。

 

また、好スタートを切りながら道中控えた

川田騎手の好判断も光りました。

差しが得意な騎手ならではの、肝の据わった騎乗です。

安田記念のサトノアラジンほどではないものの、

よく競馬が見えていました。

この溜めが最後の一伸びにつながりましたし、

これからは外枠の実績馬とその鞍上には注意したいですね。

 

以上が天保山ステークスの回顧と反省になりますが・・・。

ところで、皆さんの週末はいかがでしたか?

 

土曜日の結果で6連敗を喫したはしくれは、

翌日の函館スプリントステークスで何とか連敗を食い止めましたが、

連敗のお詫びにと予想を披露したにも関わらずの敗戦に、

自分自身情けなさと、皆さんに対する申し訳なさで一杯でした。

 

今後このような事が無い様、変わらず全力で予想していきますので、

どうぞ皆さんこれからも、当ブログを閲覧下さいます様、

よろしくお願い申し上げ、今回の結びにしたいと思います。

今記事も閲覧下さり、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたヴォージュ及びサウススターマンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆さまに、心よりお祝い申し上げます。この度は誠におめでとうございました。




*この記事がお役に立ちましたら、下記のランキングボタンのクリックにご協力下されば幸いです。(上記は広告です。)

2017函館スプリントステークス&ユニコーンステークス結果

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は函館競馬場でGⅢ函館スプリントステークス

及び、

東京競馬場でGⅢユニコーンステークス

がそれぞれ開催されました。

 

まずは好天の中行われた、

函館スプリントステークスの結果から

お伝えしたいと思います。

 

まずは、はしくれの予想をご覧下さい。

 

<2017 函館スプリントステークス予想 印&買い目>

◎ジューヌエコール

○クリスマス

▲エイシンブルズアイ

買い目・・・単勝&複勝◎○▲各100円、計600円。

 

ここまで6連敗を喫していたはしくれ、

予想は的中したのでしょうか?

全着順はこちらです。

 

<2017 函館スプリントステークス 結果&払い戻し>

 

・・・・・・やりました、はしくれ・・・的中です(*^^*)!!

連敗中にも関わらず応援して下さった皆さんと、

素晴らしい走りを見せてくれた◎ジューヌエコールに、

心より感謝申し上げます。

ありがとうございます!!(嬉)

 

これではしくれは連敗脱出となりました。

ほっと一安心です。

今日の函館の馬場が超高速馬場という事は昨日お伝えした通りですが、

レコード決着を想定はしていたものの、

まさかの1分6秒台のレコードが出てしまいました。

 

これは今までの洋芝では、驚くような記録ですね。

この驚きの函館スプリントステークスの結果を

早速回顧していきたいと思います。

 

まず、この超高速馬場ですが・・・

なんと、最終12Rでもレコード決着になる状態で、

やはり外枠スタートの各馬には苦しい馬場になりました。

 

1番人気のセイウンコウセイも、

幸騎手が早めにインを取りに行く競馬をしていますが

最後はやはり脚色が鈍ってしまいました。

良く健闘していますが、

枠順と持ちタイム、ハンデ的にも

馬券圏外も止むを得ない結果でした。

 

1番人気馬が苦しいというデータが出ていましたが、

こういう不利な状況の見極めが出来ていないと過剰人気になりがちです。

この辺り競馬の厳しさを実感する結果でした。

データが役に立ちましたが、

超高速の馬場状態を前日にじっくりチェックできた事も大きいです。

 

ただ、対抗に推した○クリスマスが最下位。

これはやはり函館巧者という事が一番の買い要素でしたが、

普段の函館とは似ても似つかない馬場状態だった結果と言えましょう。

この辺り、買い目が連馬券で無かった事が功を奏しました。

連敗脱出の切り札に、やはり単複は欠かせません。

 

次に▲エイシンブルズアイですが、

人気以上に走って外から差してきましたが伸びきれず。

このような超高速馬場では、早め進出かインを突く競馬でないと

中々上位には食い込めません。

良い走りをしてくれましたが、同馬には厳しい流れでした。

 

 

これはゴールシーンです。

ジューヌエコールが完全に後続を振り切っていますね。

外枠馬は全滅でした。

セイウンコウセイも内を取っていなかったら、

掲示板外もあるところでしたので、

幸騎手の判断に狂いはないと思います。

 

前年のソルヴェイグ同様、

軽量の3歳牝馬の戴冠劇となった

今年の函館スプリントステークス。

個人的には非常に楽しめた一戦でありました。

 

 

次に函館とは打って変わって

直前に雨が降り出した東京のユニコーンステークス

の回顧に参りたいと思います。

 

まず、前日からお伝えしている

リエノテソーロの乗り替りですが、

なんと当日「大野騎手が負傷」したという理由で、

内田騎手へとさらに変更がありました。

これにははしくれ、目を疑ってしまいました。

 

ただでさえメディアも触れない意味不明な乗り替りなのに、

落馬でもない大野騎手が負傷して乗り替り。

ますます意味不明です。

まして内田騎手は大井の元スタージョッキーです。

この乗り替りではまるで、同馬の今後のローテ(大井・JDD)など

先を見据えたかのような交代劇にも映ります。

 

レース前から不信感で一杯のはしくれ。

予想家、ファンをコケにするような今回の鞍上交代劇は、

今まで19年間競馬を見てきたはしくれにとっても「事件」でした。

そんなに話せないような裏があるのかと思ってしまいますね。

これでは競馬の公平性にも疑問を呈さざるを得ません。

(因みにこの後、大野騎手が新馬戦の枠入りの際に負傷していた事が判明。場内アナウンスでは事の詳細が放送されなかったため、このような状況に感情が昂ぶりました。)

 

馬には全く罪はありませんが、こんな馬鹿げた状況で

1番人気のリエノテソーロが結果を出せるのだろうか。

そう思いました。

そしてはしくれの馬券の行方は・・・

その結果がこちらになります。

 

<2017 ユニコーンステークス 結果&払い戻し>

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

そして、1番人気馬リエノテソーロも7着と掲示板外の結果でした・・・。

う~ん・・・複雑です!!

 

はしくれの予想から振り返りますと・・・。

<2017 ユニコーンステークス予想 印&買い目>

◎サンライズソア

○サヴィ

▲サンオークランド

☆テイエムヒッタマゲ

買い目・・・単勝◎100円、複勝▲☆各100円、馬連◎ー○100円、ワイド流し◎ー○▲各100円、計600円。

 

このような予想でしたが、

◎サンライズソアは馬券圏内を確保してくれましたし、

前が潰れる展開の中、良く踏ん張ってくれました。

 

▲サンオークランドも、良く追い上げてくれ、4着入線です。

ただ、ワイドが3-4着・・・。

複勝も4着。

う~ん、残念です。

 

今日は現地観戦したはしくれ、

優勝したサンライズノヴァは仕上がりが抜群でした。

最速上がりはこの馬でしたね。

この馬が人気なのも納得できましたし、

今後も期待できると思います。

 

また、実力を認めながら、データで危険と判断した、

ハルクンノテソーロが2着。

内枠は厳しかったはずですが、

田辺騎手の好騎乗が光っていました。

さすが日本のファンタジスタ

このコンビは是非継続して欲しいものです。

 

はしくれの対抗○サヴィはまだ成長途上の馬でした。

馬体もまだ小さく映りますし、今後に期待ですね。

 

△テイエムヒッタマゲは、

はしくれの大好きなテイエムオペラオー産駒

という事で選びましたが、やはり前に行く馬には厳しい展開でした。

仕上がりは悪くなかったです。

 

さて、リエノテソーロの話に戻りますが・・・。

厩舎コメントでは、NHKマイルカップよりも好仕上がり

と出ていましたが、そんな事は有りませんでした。

筋肉の付きは悪くないですが、

腹回りがやや細化していました。

勝ったサンライズノヴァが大型馬なのでより小さく見えましたが、

実際にもやや小ぶりに映りました。

敗因は多々ありますが、この仕上がり面は一因と言えます。

 

それと、インで巻かれるのを嫌って進出した内田騎手の判断は

悪くなかったと思います。

ただ、前傾ラップを刻みやすい東京ダートマイルでは

やや行き過ぎの感はありました。

 

また、直前の雨が結構な降雨量で、

馬場状態は良発表も、

やや重に近い馬場だったと思います。

リエノテソーロには向いた馬場かも知れませんが、

やはり持ちタイムも乏しく、この結果は有り得たと思います。

 

 

これはゴールシーンです。

サンライズソアは良く頑張ってくれました。

岩崎騎手の騎乗も中々良かったと思います。

流れが向かなかった事は残念ですが、地力は確かです。

 

最後に、

今回のリエノテソーロの交代劇は、

はしくれの脳裏に焼きつく事でしょう。

なぜなら、これは馬券を買う側にとって、死活問題になるからです。

 

このような事態が頻発しては、

予想にならないのです。

騎手の腕や馬との相性が、

予想をする上で重要な一因である事は、

言うまでもありません。

 

これはプロの予想家として非常に困難な状況であると同時に、

一競馬ファンとしても、納得して馬券が買えない事態に発展します。

今後このような事が常態化しないよう、

祈りたいと思います。

 

しかしながら救いだったのは、

ユニコーンステークスの着順が、

その交代劇とは無関係に決まった事です。

これに関しては言い訳ができません。

はしくれはこれからも、予想力を磨いていきたいと思います。

 

それでは、長くなりましたが、この辺で失礼致します。

ご精読下さった皆様、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたジューヌエコール、及びサンライズノヴァの関係者の方々、そして馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。本日は誠におめでとうございました。





*記事に共感下さいましたら、下記のランキングボタンのクリックにご協力お願い申し上げます。(上記は広告です。)

2017函館スプリントステークス&ユニコーンステークス予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は皆さんに先にお詫びしなければなりません。

それは、土曜日のジューンステークス

及び天保山ステークスで予想を外し、

目下6連敗を喫してしまった事をです。

 

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

この土曜日の回顧・復習につきましては、

月曜日にさせて頂きますので、どうぞご了承下さい。

 

中々予想が噛み合わないはしくれですが、

今回もお付き合い下さる皆様に、心より感謝申し上げます。

 

それでは、二本立ての日曜日の重賞予想に参りたいと思います。

 

 

<2017 函館スプリントステークス予想 印&買い目>

◎ジューヌエコール

○クリスマス

▲エイシンブルズアイ

買い目・・・単勝&複勝◎○▲各100円、計600円。

 

今回のGⅢ函館スプリントステークスの突出したデータは、人気です。

 

全競馬データ中、複勝圏に6割は入る1番人気馬が、

なんとこのレースではここ5年で2着が一回、それも5年前のデータです。

その時の2着馬は短距離界で無敵を誇ったロードカナロア。

これは、1番人気のセイウンコウセイには、相当厳しいデータです。

 

更に、今年の馬場は函館としては超高速で、

開幕初日のメイン・HTB杯ではタマモブリリアンが

1分7秒6のレコードで、今レースの当該馬場を勝利しました。

最内が相当に有利な状況で、

外枠スタートのセイウンコウセイにはより厳しい展開が予想されます。

 

そこで今回は本命を◎ジューヌエコールに。

これは前年、レコード勝ちしたソルヴェイグをヒントにしたもので、

恵ハンデ50kg、ハイペースで先行可能という条件を重視しました。

更に安田隆行調教師は短距離馬の育成が得意で、

血統的にも父クロフネは、カレンチャンら優秀な牝馬スプリンターを輩出しています。

 

また、対抗には函館で3勝3着1回のハンデ54kg、○クリスマスを抜擢。

洋芝=函館と札幌ですが、この2場は馬場が違います。

函館実績こそ重視すべきで、休み明けも走る夏の牝馬に期待です。

 

そして単穴▲エイシンブルズアイは、

ユニコーンステークスで不可解な乗り替わりの憂き目に合った

吉田隼人騎手が鞍上。

外差しも入着していた前日の高速馬場と展開から、

同距離持ちタイム1位のこの馬の末脚を警戒しました。

 

買い目が全て単複なのは、

どの馬の単複でも利益を出す事が可能と判断した為です。

現状オッズにはなりますが、

この連敗の状況下の一つの打開策でもあります。

 

以上が函館スプリントステークスの予想になります。

そして次に東京競馬場で開催される、

GⅢユニコーンステークスの予想に参ります。

どうぞこちらもご覧下さい。

 

 

<2017 ユニコーンステークス予想 印&買い目>

◎サンライズソア

○サヴィ

▲サンオークランド

☆テイエムヒッタマゲ

買い目・・・単勝◎100円、複勝▲☆各100円、馬連◎ー○100円、ワイド流し◎ー○▲各100円、計600円。

 

ユニコーンステークスの突出したデータは、枠順です。

 

なんと1枠はゼロ。

これはシゲルコング、ハルクンノテソーロには厳しいデータです。

特に、田辺騎手が駆るハルクンノテソーロには注目していたのですが、

この枠順を気にして今回は見送りと致しました。

 

本命は◎サンライズソアです。

同馬はダートで開花しまして、

2戦2勝でオープン・青竜ステークスを快勝しました。

不可解な乗り替わりの、

厩舎コメントも無い1番人気馬リエノテソーロと比較しても、

岩崎騎手の連続騎乗には好感が持てますし、

何より前走も同舞台を、外枠スタートから好位につけ、

上がり2位でまとめた内容が秀逸です。

この走りをすれば結果は付いて来るでしょう。

 

対抗は○サヴィ

この馬は前走でレースの上がりを1秒3も上回りました。

これは相当の末脚です。

距離が伸びるのは歓迎と見ましたし、

上がり最速馬が活躍する東京ダートマイルでは脅威です。

 

単穴は▲サンオークランド

この馬の前走・500万下は、

京都1800mを1分52秒0での走破でした。

これは鳳雛(ほうすう)ステークスの勝ちタイム・1分51秒9と比較しても優秀です。

まくり気味に仕掛けた内容も持久力を示しており、

穴馬でも油断は出来ない結果を残しています。

 

最後の☆テイエムヒッタマゲは、

はしくれの大好きなテイエムオペラオー産駒です。

この馬につきましては、

こちら の過去記事で紹介していますので、

ご興味がおありでしたら閲覧下さい。

 

買い目は的中のしやすさ、

利益と爆発力のバランスを考慮した買い目を選びました。

ご参考になれば幸いです。

 

さて、気になる当日の天気ですが、こちら。

雨の降り出す時刻によっては、

良~やや重となりそうです。

降水量が僅かの予想ですので、

人気のリエノテソーロの、ダートでの本領が問われそうです。

(同馬は良馬場ダート経験が無い)

 

今回のリエノテソーロの乗り替りには、

正直がっかりしています。

理由も探し出せず、意味不明な采配です。

東スポの予想陣の予想でも、

この事項に触れていませんので、

口外できない事情がありそうです。

同馬の能力に疑いは有りませんが、

このような競馬は望みません。

 

ですが、予想は無理にリエノテソーロを切ったものでは有りません。

巻かれやすい内枠と、良馬場の可能性が有る事、

騎手の乗り替りによる同馬の戸惑いに、

ダートの持ちタイムの不足も考慮した結果です。

ご了承下さいます様お願いいたします。

 

それでは、連敗脱出を祈りながら・・・

今週はここで、失礼致します。

 





*記事に共感下さいましたら、以下のランキングボタンのクリックにご協力下されば幸いです。(上は広告です)