パドックで不要な要素

こんにちは、はしくれです。

今日は、パドックの情報の中で

不要と思われる要素について

お伝えしたいと思います。

 

パドックをやっている時、

どんな事に注意したら良いのか?

という事は、以前はしくれの記事パドックの見方、お教えします!

でもお伝えしましたが、

今回はその逆、

パドックで見なくて良い点

について、お伝えしたいと思います。

 

ところで皆さんは、パドックをどこでご覧になりますか?

ある方はライヴ、

ある方は民放のテレビ中継、

ある方はグリーンチャンネルのパドック中継など

パドックを見るにも色々な場所や方法があります。

はしくれはその時の状況で

これらを使い分けているのですが、

今回は特にライヴ以外の「中継」で起こる出来事について

不要な点をお話させて頂きたいと思います。

 

 

ライヴでは起きないのに、

中継では起こる不思議な事態とは・・・?

それは特にGⅠの中継などで起こるのですが、

結論を言わせて頂くと、

今回のパドックと、前回のパドックとを比較する映像が流れる

というのがその事態にあたります。

これは放送する側としては親切心でやっている事なのですが、

これははしくれに言わせれば、絶対不要と言える話です。

なぜこれほどまでにはしくれが

この方法を否定するのかと言いますと、

「パドックは、横の比較しか意味を成さない」から

という他にありません。

 

これはパドックに打ち込んでいれば必ず気付く事なのですが、

案外、解説者からは聞かない事実です。

それどころか、縦の比較が重要とまで言う解説者も居ます。

そもそも、

横の比較というのは、

その時出走してきた各馬の、今の状態だけを見ること

なのに対して、

縦の比較というのは

その時出走してきた馬の、今回と前回の様子とを比較することです。

この縦の比較には以下の大きな矛盾があります。

それは、

今の状態しかレース結果に直結しないのに

わざわざ放送して見る側を混乱させる

という点です。

 

考えても見て下さい。

前走の状態がいくら良くても、

今回がダメだったら何の意味があるでしょう?

逆に、前回悪かった馬が良くなっていたとして、

それよりも他馬が仕上がっていたらそれも意味を成しません。

親切で始めたのは分かりますが、

これではパドック中継の時間を浪費しているに過ぎません。

ですから皆さんは、パドックに専念しようと思うとき

この「縦の比較」に付き合わないよう、よおく心がけて下さい。

 

 

情報を扱う際、重要な事の一つに、

「鮮度」というものがあります。

パドックは他のどんな予想よりも、

この鮮度で優位に立つものです。

ですから、縦の比較なんて一切必要有りません。

もちろん、その馬のクセを見抜くには使えますが、

クセと仕上がりは別物です。

収支改善を目指す以上、この事は必ず覚えていて下さい。

 

はしくれはこの縦の比較が始まると、

お茶を飲んで見ないようにしています。

今のパドックの判断に、雑念を混じらせたくないからです。

それよりも、横の比較を徹底する。

これに尽きます。

ライヴで観戦する際も、以前の仕上がりを思い出す必要は有りません。

実際、はしくれの師匠である妻は

以前選んだ馬の事を覚えていない程です。

それでも馬券は当たります。

時間は有効に使いましょう。

 



パドックではこんな事に注意!

こんにちは、はしくれです。

今日は皆さんに

パドックではこんな事に注意してほしい

という点を説明していきたいと思います。

 

まず、この画像をご覧下さい。

これは、

先週土曜に行われた千葉日報杯の一コマです。

はしくれはこの馬を見たときに

これは中々仕上がってるな・・・。

直観しました。

 

地面と平行にスライドしていく馬体、

メリハリのある馬体の厚み、

そしてふわふわとした毛ヅヤ・・・。

実際かなり良い仕上がりで、

馬券になる馬ではありました。

ですがはしくれはこの時、

3つのミスをおかしてしまうのです・・・。

 

その3つのミスについて、

今日はお伝えしたいと思います。

 

 

第一のミス・・・馬体の緩さを妥協した

 

これはどういう事かと言うと、

馬体の輪郭がぼやけているのを認めながら

本命にした事を指します。

こちらの記事パドックの見方、お教えします!

ではお伝えしなかったのですが、

輪郭がぼやけた馬は

太め残りである事が多いのです。

その為、極限の走りが要求されるレースの中では

スタミナを消耗しやすい分、不利

と言えます。

こうなると頭(1着付け)から狙うには、

やや厳しいと言わざるを得ません。

正直少し緩いような気もするな・・・と思いましたが、

それにも関わらずはしくれは

この馬を本命にし、

単勝馬券を買ってしまいました。

これが第二のミスです。

 

 

第二のミス・・・単勝馬券を購入した

 

通常馬券には、

「一応買っておこう」

という、馬券スタイルが存在します。

かなり良く見える馬が穴馬だと、

小額で利益が望めるからです。

ですがそれを単勝馬券で狙えるのは、

あくまで緩さがない馬においてです。

一旦これを許すと、

馬券の点数があっという間に広がり、

外れたときには取り返しのつかない事になってしまいます。

ですからこのとき、

この馬が3着に入ってくれた事はせめてもの救いでしたが、

複勝馬券だけに止められなかったのは、

間違いなくミスなのです。

そして、複勝馬券に止められなかった理由には

第三のミスが関わっています。

 

第三のミス・・・モニターの音声を切り忘れた

 

これは集中して画面に見入りながら、

パドック解説者の言葉に傾聴してしまった事を指します。

通常、テレビ中継では

必ず解説者の解説が入るのですが、

この日の解説者はレベルが高く

解説には説得力がありました。

パドックに打ち込んでいる時の自分というものは、

不確実な中で手応えを探しています。

直観した手応えからは、

中々仕上がってるな・・・という印象を受けたのですが、

この解説者の「勝負するならここでしょう」

という発言に、

中々の仕上がり=3着以内

というはしくれ自身の掟も忘れて、

よし、単勝も買っちゃおう!

とつい勢いづいてしまいました。

 

勝負の世界はシビアです。

自分の判断で一応買っとこう・・・

と思ったのならまだしも、

誰かの一言に乗った代償は高くつきます。

これが尾を引いて冷静さを失い、

はしくれはこの後のレースを、連続で落としてしまいました・・・。

こういう目に合わない為にも、

パドックの最中はできるだけ音声を切るべきです。

 

まとめてみると、

・馬体の緩さを妥協した事

・直観に合わない馬券を買った事

・他人の意見に惑わされた事

この3つが原因で正しく馬券を買えませんでした。

集約するなら、

直観の邪魔をしない事

が勝利への近道とも言えます。

 

このような失敗を

はしくれは何度も経験してきましたが、

まだまだ詰めが甘いと言わざるを得ません。

パドックは奥が深く

一朝一夕ではコツが掴めません。

このような失敗も参考に、

皆様の収支改善にお役立て頂ければ幸いです。




パドックの見方、お教えします!

こんにちは、はしくれです。

今日はついにはしくれ流、パドック術を公開致します。

パドックで馬券を当てる為のヒントを詰め込んでいますので、

じっくりご覧になって頂ければ幸いです。

では、参りましょう!

 

ポイント①・・・まずは、馬の「バランス」を重視する。

これは、絶対に不可欠な要素です。

パドックでは馬体の総合力が問われますが、

まず、何は無くとも馬体のバランスが最重要です。

これははしくれの師匠である妻、

そして成功馬主である、元メジャーリーガーの佐々木主浩氏も言っている事です。

特に、現役で最も優れたバランスを有している馬が、

上のサトノダイヤモンドになります。

 

はしくれはこの馬を初めて見たとき、

大きな衝撃を受けました。

この体型は正に、

はしくれが追い求めていた

究極のサラブレッドの体型とも言えるからです。

 

上の写真のように

地面に対して馬体が平行である事が、

バランスが良いと判断できる所以です。

これは必須項目です。

時にはバランスが今一の馬が勝つことも有りますが、

常勝を狙うなら、まずはここがスタートです。

 

ここを押さえたら、次に重要なポイントに参りましょう。

ポイント②・・・馬体の厚み

競走馬は、改良されるにつれ

ある要素がはっきりと変わってきた事が歴史で証明されています。

それは、馬体の厚みです。

これは横浜の根岸に在る、

競馬博物館に行けば分かる事なのですが、

競走馬はスピードが出るようになるにつれて、

馬体の厚みが増してきたという厳然なる事実があります。

しかし、馬体はただ厚ければ良いというわけではなく、

メリハリが重要です。

これを頭に入れておかないと的中はできません。

 

上の写真を見てください。

お腹がきっちり絞れた上で、

肩と尻が張り出しているでしょう?

これこそが重要なのです。

人間に例えるなら、

スーパーモデルの体型

とでも言いましょうか。

このように、

ボン、キュッ、ボン

と張り出していて、厚みのある体型が理想的なのです。

 

ポイント③・・・胴体を中心に、無心で見る

これは馬体の良し悪しではなく

見るときの注意になりますが、

これが一番難しい作業になります。

首や脚には気を払わずに、

無心で胴体を中心に見る事が要求されます。

 

これは、普段左脳を多用している私達にとって、

非常に難題でもあります。

なぜなら、この作業は

完全に右脳に頼る作業となるからです。

そういう意味では

妻は女性であるが故に、

最初から的中を連発していたのかも知れません。

無心で何頭もの馬をひたすら見続ける

事ができなければ

パドックでの成功はおぼつきません。

 

これが中々習得できず、

はしくれは何年と費やしてきましたが、

近年ようやくこの域に入ってきて

成績が安定するようになりました。

馬を見るときに論理で入ると

大抵はロクな結果になりません。

 

ポイント④・・・ツヤ

これには色々な種類があるのですが、

ぴかぴかと光を反射しているようであれば

まずは合格点と考えて良いでしょう。

大抵の馬はそもそも毛ヅヤの良いものなので、

余程ツヤがなかったり、

逆に他馬にも増して光っていれば

それが判断基準に成り得ます。

ポイント①~③を通して何頭かで迷った場合は

このツヤを決め手にすると良いでしょう。

 

以上がはしくれ流パドック術の基本になります。

特に①、②、④が揃っていれば

馬体が仕上がっていると言って良いですし、

③の部分は自身との戦いと言えるでしょう。

パドックを研究して、

馬券の収支改善を目指しましょう!