2017エルムステークス予想&関屋記念予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日には、札幌・新潟で2重賞

エルムステークスと関屋記念

が開催されます。

 

どちらもGⅢで好メンバーが揃いましたが、

天候や馬場状態には注意が必要です。

それでは早速、札幌の

エルムステークスの予想から参りましょう。




 

<2017 エルムステークス予想 印&買い目>

◎ロンドンタウン

○コスモカナディアン

▲オヤコダカ

買い目・・・◎・○単勝各100円、▲複勝100円、◎ー○ワイド100円、計400円。

 

本命はこの馬にしました。

札幌のダートは、金曜からの雨で不良が濃厚

土曜日も不良馬場で先行有利に拍車がかかりそうですが、

今回のメンバー構成では、

そう簡単にはいかなそうです。

 

というのも、騎手が逃げを明言している

3番のドリームキラリ、

1番人気確実な逃げ馬テイエムジンソクに、

外枠から被せて逃げたいモンドクラッセ、

復調を賭けるクリノスターオーに、

門別の怪物オヤコダカも加わって前は相当速くなりそうです。

 

更に、こんなデータもありまして・・・

 

これは過去10年のエルムステークスの

枠順と着順を表したデータですが、

1番人気濃厚なテイエムジンソクの入った3番枠は、

なんと複勝圏がゼロ

 

その上これだけ先行争いが激化しそうな流れとなると、

さすがのテイエムジンソクも鉄板とは言い切れません。

この状況なら、内で脚を溜められる差し馬

に重きを置きたいところです。

 

そこで今回はこの馬に白羽の矢が立ちましたが、

同馬は小回り&重馬場実績もあり、

イン強襲を得意とする騎手が騎乗することからも、

一発の可能性は十分です。

 

対抗○コスモカナディアンは、

前走で好メンバーが揃った安達太良ステークスを優勝、

成長を感じさせました。

大人びたレース振りで、

前走からハンデも1kg減と、

叩いた上積みも見込めます。

何より「まくり」が得意な点が札幌向きと言えそうです。

 

▲オヤコダカは、

レースがタフな流れになりそうなので、

この馬の持久力を買ってみたいと思いました。

最早門別にライバルはおらず、

ここ出走は妥当な判断です。

今が旬で距離もベスト、

人気薄の今回は、

複勝だけでも買っておきたい存在です。

 

それでは次に新潟のGⅢ、

関屋記念の予想に参りましょう。




 

<2017 関屋記念予想 印&買い目>

◎ヤングマンパワー

○ウキヨノカゼ

買い目・・・◎・○単勝&複勝各100円、計400円。

 

本命はこの馬です。

新潟競馬場の芝状態は、

やはり外が伸びる高速馬場で、

そこに3番のマルターズアポジーと

外枠のウンガニオンが逃げ争いを演じて、

ハイペースの外差し展開となりそうです。

 

となると、前目で運んでも時計的に優位な馬か、

バテ差しを狙える後方待機馬の二択になるかと思います。

本命馬は近走結果から人気になりきる可能性も低く、

実績的にも上位に立つため、

ここは狙って行きたい存在です。

 

そして対抗に○ウキヨノカゼ

同馬は福島牝馬ステークスで見せた差し脚が見事でした。

前走のヴィクトリアマイルでもコンマ6秒差ですし、

時計もそこそこ持っているので

高速馬場は歓迎だと思います。

 

毎度上位の上がりを駆使し、

瞬発力も持久力もある末脚が魅力です。

大外枠も有利な枠で、

今回は休養明けを狙い撃ちします。

 

さて、台風一過で晴れたのも束の間、

関東以北では曇天が続いています。

ここは馬券をバシッと当てて、

心だけでもすっきりと行きたいですね。

 

当ブログは土曜日に連敗を脱しましたが、

回収率を重視して、

今週はプラスで乗り切れる買い目を選択しました。

既に今週のプラスが確定しているだけに、

上積みを狙いたいところです。

 

それでは、日曜日も熱戦を楽しみにして・・・

グッドラック!!




 

 

2017STV賞予想&新潟日報賞、阿蘇ステークス予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の土曜日も、

札幌・新潟・小倉競馬場での3場開催となっていますが、

今回は当ブログ初の試み、

3場全てのメインレース予想

をお送りしたいと思います。

 

それでは早速ですが、

札幌競馬場のSTV賞の予想をご覧ください。




 

<2017 STV賞予想 印&買い目>

◎ツーエムマイスター

○ヒルノマゼラン

買い目・・・◎単勝100円、◎ー○ワイド100円、計200円。

 

今回の本命はこの馬です。

現在の札幌は開催が進んできましたが、

基本的には前が有利。

更に当レースは、

スタートからコーナーまでが170mしかない芝の1500m戦です。

 

天気予報では雨が予想され、

雨量予想からも重馬場が濃厚。

実績馬の出走もありますが、

内枠の先行馬という条件が最も活きると見ています。

 

次に対抗○ヒルノマゼランですが、

上記の条件をクリアした上、

重馬場得意のマンハッタンカフェ産駒です。

札幌の渋った芝は必ず合うと思います。

印は絞って、2頭で利益を狙います。

 

次に、新潟日報賞の予想です。

 

 

<2017 新潟日報賞予想 印&買い目>

◎アポロノシンザン

○ビップライブリー

買い目・・・◎単勝100円、◎ー○ワイド100円、計200円。

 

こちらは本命をこの馬にしました。

土曜日の新潟競馬場の天候は小雨~くもり。

大きな馬場状態の変更は無さそうです。

 

新潟特有の高速馬場が継続しそうですが、

当レースは内回りでゴール前の直線が短く、

先行馬有利の形態になっています。

 

テンに速いダッシュ力を持ち、

確実に自分の競馬ができそうなこの馬を本命にしました。

 

次に対抗○にビップライブリー

同馬はデータ有利な外枠の先行馬で、

この距離は6戦全て3着以内と安定感抜群です。

持ち時計も速く、

いかにも新潟のこの舞台がぴったりといった感じです。

 

◎の方がハンデが有利なので印は○ですが、

実力に差はないと思います。

 

そして、最後に小倉の阿蘇ステークスの予想です。




 

<2017 阿蘇ステークス予想 印&買い目>

◎ゴーインググレート

買い目・・・◎単勝&複勝各100円、計200円。

 

本命はこの馬にしました。

あまり荒れないイメージの阿蘇ステークスですが、

時々かなり人気薄が突っ込むこともあり、

今回はダートの名手を得て面白みが増した、

同馬を狙い撃ちたいと思います。

 

ペース的にも流れた方が走りやすいタイプな上に、

前走の実績が過少評価されている今が狙い目で、

枠も5枠以降の馬が強い傾向もある事から、

好走して不思議ありません。

ハンデ差を活かした一発に期待です。

 

さて、

今回は、印と買い目をぎりぎりまで絞りました。

それというのも、はしくれが現在当ブログで7連敗を喫しているからですが、

回収率が93%の状態を鑑みて、

レース数を増やし、賭け金を下げる

という方法で今回は臨む事にしました。

 

競馬において的中はもちろん大事ですが、

最も大事なのは回収率です。

万馬券をいくら獲ってもプラスにならないのでは仕方ありません。

当ブログは馬券の収支改善がメインテーマですから、

回収率は80%を想定しています。

 

しかし、競馬予想をする限りは、

プラスを目指すのが当然の姿勢です。

回収率を維持しつつ、上昇できるよう考慮しました。

 

明日は2つの重賞が新潟・札幌で開催されます。

そちらも明日公開予定ですので、

ぜひ、お楽しみに☆




 

 

パドックに異変が!?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日のコラムは、はしくれがおったまげた、

パドックの異変についてお伝えします。

パドック狂いのはしくれのつぶやきを、

どうぞご覧ください・・・。

 




 

まず、冒頭の写真ですが・・・

皆さんは異変にお気づきでしょうか??

 

これは小倉競馬場のパドックなのですが・・・

なんと、

植え込みの中にミストがっ!!

 

 

はい、この右側ですね。

パドックで競走前に姿を現す馬たちの為に、

こうして涼やかな空気を送っているわけですが・・・。

これが、はしくれにとっては衝撃の事態となっているのです・・・(汗)

 

これまで何度もお伝えしてきましたが、

はしくれは元来パドック党です。

それも、JRA全10場の内、

最も得意とする競馬場のひとつである、

小倉競馬場の異変に気付かないはずがありません。

 

はしくれの記憶によれば、

これは昨年までは無かったものだと思います。

 

連日、九州地方が大変な暑さ

に見舞われている事は承知していましたが、

まさかこの場所にJRAの改革のメスが入るとは思いもよりませんでした。

 

因みに、なんでこれが衝撃の事態になるのかと申しますと・・・

このような状況になるからです。

 

 

な・・・なんじゃこりゃあああぁあ!!

こ・・・これは・・・これはまさに、煙幕!!

 

ぼやけているのは画面ブレのせいもありますが、

風向きによってはかなり馬体にミストが降りかかって、

パドックを見る上でのポイントのひとつである、

馬体の輪郭がはっきり見えなくなってしまっています!!

 

これは、これは・・・

小倉競馬場のパドック中継を愛してやまないはしくれの、

うっとおしいほどの気持ちを遮断するための防御壁であります。

正直に言って、

これはかなりパドックが見辛く、集中を乱されます・・・

ああ、JRA様、どうか他の手段を講じては頂けないでしょうか・・・

 

因みに、

ミストを使いながらもパドック中継に影響していない競馬場としては、

新潟競馬場が挙げられます。

新潟競馬場のパドックでは、

正面から見てパドックの左隅から、

ミストを扇風機で拡散する方法を採っていますが、

これは中継画面に影響を及ぼしていません。

 

この方法がそのまま、

小倉競馬場でも効果があるかは分かりませんが、

どうかこのように、

画面にミストが入らないようにして頂ければ幸いです・・・。

 

因みに、

小倉競馬場もこの影響を考えてか、

いつでもミストを放出している訳ではありません。

 

 

このような感じですね。

これはいつもの小倉競馬場の姿でして、

ミストが出始めると、まずはこんな感じになります・・・

 

 

更に、ミストが風に煽られて馬体に降りかかると

次のような感じになります。

 

 

う~ん・・・・・・(汗)

 

因みにこの光景は

先週の土曜競馬ではしばしば見られましたが、

日曜競馬では見られませんでした。

日曜日は曇っていた事もあり、

気候によってミストの稼動状況が違うようです。

 

因みに、日曜日のパドック馬券は小倉記念の的中と、

 

 

第7レースでの的中、

 

 

あと、ガミってしまいましたが、

第6レースでも的中と、

3戦3的中2勝という成績でした。

 

 

こちらですね。

因みに土曜日のはしくれですが、

パドック馬券は一切買っていません。

やはりミストの影響が怖かったので・・・。

 

このようにはしくれは、

パドックをとても重要視しています。

最早、生命線といっても過言ではありません。

 

もちろん、

暑い競走馬の為に、冷房対策を実施する事は大賛成です。

ただ、現地に行けるファンばかりではありませんので、

JRAの方々には、ぜひファン目線での対策を考えて頂ければと、

重ねてお願い申し上げます。

 

それと、今回のコラムでは

馬体を見る際は、輪郭がはっきりしている事が大事

という点も、新たにお伝えさせて頂きました。

パドック軽視の考え方も競馬ファンの中にはあるようですが、

事実このように的中馬券を手にする事も可能です。

相馬眼を磨かないなんて、

非常にもったいない事だと思います。

 

尚、当ブログでは既に、

相馬の基本と極意

パドックの見方、お教えします!

でお伝えしています。

集中できる環境でパドックに没頭し、

楽しく競馬の収支改善を果たしていきましょう。

 

それでは、今回もご精読下さり、誠にありがとうございました。

どうぞこれからも引き続き、当ブログをよろしくお願い致します。

 

*記事がお役に立ちましたら、最強競馬ブログランキング及び人気ブログランキングへの応援クリックをお願い致します。