2017小倉記念予想&レパードステークス予想




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、日曜日に開催される2重賞、

GⅢ小倉記念の予想と、GⅢレパードステークスの予想

をお送り致します。

 

それでは早速、小倉記念の予想から参りたいと思います。

出馬表と印、買い目をご覧ください。

 

 

<2017 小倉記念予想 印&買い目>

◎ストロングタイタン

○ベルーフ

▲カフジプリンス

買い目・・・◎単勝200円、◎ー○馬連100円、◎~▲ワイドボックス各100円。計600円。

 

今回の本命◎は、この馬にしました。

小倉記念も夏競馬の重賞らしく荒れるハンデ戦ですが、

同馬は簡単には崩れないと見ています。

 

というのも、今回はハナに立ちたい馬がおらず、

ペースはミドル~スローで流れそうな展開です。

小回りの小倉で最後の一脚が使えるタイプが理想で、

且つ当日の暑さをものともしないタフさが求められると見ます。

 

そこで、

小倉に実績があり、夏場に良績を上げている同馬に、

本命を託しました。

夏場でも優れた調整を発揮する、厩舎力にも期待です。

 

次に○ベルーフですが、

同馬は2年連続で当レースを2着しています。

今年は3年連続を狙っての出走ですが、

馬柱をぱっと見る限り、今年は勢いがありません。

 

ですが、成績を良く見てみると、

4走前は出遅れとハイペースが、

3走前は適性外の距離が、

2走前は重馬場が、

前走は出遅れと左回りが敗因と、

同馬の好走条件では無かった事が分かります。

 

今回は同馬得意の小倉2000mですし、

鞍上も昨年同様、ホワイト騎手が騎乗です。

ペースも得意のスローペースで、

巻き返して不思議ないと思います。

 

最後▲はカフジプリンスを指名しました。

同馬は今回、人気はありませんが、

3歳時には菊花賞で3番人気(8着)に推され、

今年のダイヤモンドステークスでは3着するなど、

長距離適性の高い一頭です。

 

ステイヤーの素質は様々だと思いますが、

はしくれはレースに耐える精神力こそ重要だと思います。

長距離戦ではペースがあまり上がらないので、

折り合いがつく精神力が必要になるのです。

 

その点、同馬はスローペースを好位で折り合い

これまで重賞実績も積んできました。

現在リーディング6位の矢作厩舎期待の一頭でもあり、

侮れない存在だと思います。

 

買い目は、◎の単勝がそこそこつくので200円とし、

本線の馬連と、配当と的中のバランスからワイドのボックスを選択しました。




次は、新潟競馬場で開催される、

レパードステークスの予想に参りたいと思います。

早速出馬表と、印&買い目をご覧ください。

 

 

<2017 レパードステークス予想 印&買い目>

◎エピカリス

○ハルクンノテソーロ

▲タガノディグオ

☆テンザワールド

買い目・・・◎~☆馬連ボックス各100円、計600円。

 

本命◎はエピカリスです。

同馬は前走のUAEダービーこそハナ差の2着でしたが、

日本国内は4戦全勝、

北海道2歳優駿では、

今年のジャパンダートダービー勝ち馬ヒガシウィルウィンを、

ホームの門別競馬場で大差にちぎって完勝しています。

 

今回はベルモントステークスの取り消し明け、

4ヶ月振りの実戦ですが、

間隔を開けて調整するのが得意な萩原厩舎でもあり、

血統的にも小倉記念勝ちのメイショウナルトを兄に持つなど、

夏場の暑いこの時期でも、結果は出せると思います。

 

更に、同馬にはこんなデータの追い風もあります。

 

 

突出したデータを探してみると・・・

なんと驚きの、1番人気の複勝率が100%!と出ています(驚)

これは完全に突出したデータであり、いかに

このレースを人気で迎える馬の実力が高いか

を物語っています。

 

ここは同馬を本命にした上で、

2番手以降の馬の逆転を探るのが筋でしょう。

 

そこで、今回の対抗○は・・・この馬にしました。

実は、エピカリスの本命は間違いないと思いますが、

はしくれはこの馬にも、大きな期待をかけています。

 

というのも、優秀な持ち時計があり、

前走もデータ不利な内枠から、

途中緩んだ隙を逃さず、差し込んできたからです。

 

前走、ライヴでパドックを観戦したはしくれは、

この馬の好走には納得していますし、

これからもまだ成長の余地を残している馬だと思います。

厩舎と鞍上はGⅠ馬を輩出した強い絆で結ばれており、

ここ照準に調整された臨戦過程も好感です。

更に枠もデータ優勢の好枠で、

ここは逆転も有り得ると思います。

 

そして▲にタガノディグオ

同馬は全ダート3-5-2-0と馬券圏外がありません。

それも、ダートグレードの兵庫チャンピオンシップ優勝に、

前走ジャパンダートダービー3着という実績馬です。

このジャパンダートダービー組みからは、

毎年のように当レースの好走馬が出ており、

臨戦過程からも注目の一頭と言えるでしょう。

 

また、大外枠がネックですが、

まくっていける脚質で、タガノ軍団が3頭出しの為、

最内枠のタガノグルナが先導役となって、

同馬に走りやすいペースを作り出す可能性も高いです。

 

そして最後は☆テンザワールドです。

同馬の凄いところは、

その勝負根性にあります。

 

前走では最低馬体重もなんのその、

内目で一旦巻かれながら、

最後外から追い出して前を差し切るというタフな競馬で一着。

古馬に混じっていきなりこのパフォーマンスですから、

今後も相当期待できそうです。

 

馬格が無い代わりに仕上がりやすい体で、

すっきりと見せるのが好感です。

こういうタイプはスタミナがありますから、

前が流れそうな今回も、好位から一脚使えそうです。

無視はできない存在でしょう。

 

買い目はエピカリスの万が一を警戒して、

馬連ボックスで行きたいと思います。

 

さて、

台風5号の北上が遅く、小倉競馬は無事に開催されそうです。

馬場もかなり良い状態ですし、熱戦を期待したいですね。

この日曜日は楽しみな2重賞開催を、

ぜひ精一杯楽しみましょう!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です