2017桶狭間ステークス予想&函館日刊スポーツ杯予想




皆さんこんにちは、はしくれです。

毎週末恒例の競馬予想の公開の時間です。

今週土曜日は、

中京競馬場で準オープン・桶狭間ステークス

函館競馬場で準オープン・函館日刊スポーツ杯

がメインレースに開催されます。

 

先週土曜日も的中したはしくれですが、

今週も気を引き締めて予想して参ります。

早速、桶狭間ステークスの予想からご覧頂きましょう。

 

 

<2017 桶狭間ステークス予想 印&買い目>

◎ダノンフェイス

○サトノファンタシー

▲ワンダーリーデル

☆コアレスキング

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

まず、本命に推した◎ですが、

中京競馬場での良績に加え、

当該距離の適性と、巻かれないで行けそうな展開を考慮しました。

 

今回、ハナに行きそうなのは初ダート戦のウインムートですが、

外枠のグラスエトワールも絡んで、

ペースはあまり落ちないと見ています。

 

人気各馬も早めの動き出しを意識するタイプでもあり、

同馬の枠や臨戦過程からも期待の持てる一頭だと思います。

 

次に挙げた○サトノファンタシーは、

何と言ってもダート戦4-2-2-0と馬券圏外がありません。

この安定した成績に加え、

今回はデムーロ騎手が騎乗。

かなり勝負気配です。

 

気になるのは最近内枠で競馬したことが無いのと、

人気を背負ってマークされる点、

更に内枠の先行馬ですが、展開的に巻かれやすい

という事が挙げられます。

その点を考慮しての対抗評価としました。

 

▲ワンダーリーデルは、

全4勝を今回と同じダート1400mで挙げています。

抜群の距離適性に加え、

鞍上の和田竜二騎手とは3戦3勝とパーフェクトです。

持ち時計も十分ですし、

前目で粘り切る可能性も高いと思います。

 

最後は☆にコアレスキングを。

同馬の成績は、3走前の立夏ステークス(マイル戦)

を除くと、過去5戦全て現級で掲示板を確保しています。

前走の夏至ステークスでは、

前々で運んだ馬が粘り込む競馬でもあり、

差して来た同馬の4着は、ハイレベルなメンバー構成を見るにつけ

かなりの好走と言えます。

 

人気はあまりありませんが、

大外枠から気楽に乗って、

一頭まくり気味に外差しを決める可能性もありそうです。

押さえが必要でしょう。

 

因みに買い目は配当のバランスを考慮して

馬連ボックスを選択しました。

 




では次に、函館で行われる

函館日刊スポーツ杯の予想に参りましょう。

 

 

<2017 函館日刊スポーツ杯予想 印&買い目>

◎タマモブリリアン

○モズハツコイ

▲ラズールリッキー

☆ウエスタンユーノー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

まず、本命◎ですが、

勢いと鞍上を重視してこの馬を選びました。

ここのところ好調が続いていますし、

やはり函館の芝で良績を挙げているのは心強いですね。

 

今週もまたしても雨の影響を受けそうですが、

脚質的にも不利にはなりそうにありませんし、

ハンデも問題無さそうです。

ここは安定感ある走りを期待しています。

 

次に○モズハツコイですが、

同馬は昨年のこのレースを2着と善戦しています。

前走からのハンデが2kg増えるとはいえ、

前年背負った55kgと同じハンデです。

先行して差し込むいつも通りの競馬ができれば、

重馬場も問題ないと思います。

 

▲はラズールリッキーです。

同馬は前走のテレビユー福島賞で4着に入線しました。

この際もはしくれは厚い印を打ちましたが、

思いのほか逃げずに溜める競馬をし、

差して好走するという新境地を開拓しました。

 

これが好走と言えるのも、

前で運んだ馬たちが強かったレースでもあり、

メンバーもハイレベルな上、持ちタイムも更新したからです。

前走とは馬場が違いますが、

かえってこれが良い方に出るとはしくれは踏んでいます。

数少ない重馬場実績の持ち主で、まくりに期待です。

 

最後☆にはウエスタンユーノー

同馬は前走のUHB杯で、

12番人気で優勝し、大穴を開けました。

 

こういうハンデが軽くて逃げ切ったタイプは軽視されがちですが、

これこそ逃げ馬にとって好都合な上、

時計のかかる馬場へと変貌している現状も好感です。

菊沢調教師も馬場が渋るのを歓迎していますし、

人気が無い今のうちに狙ってみたい一頭です。

 

買い目は人気薄の2頭を組み込んだこと、

更に馬場の悪化が懸念される事から、

ワイドで可能性を広げたいと思います。

 

さて、

夏競馬になると重賞が少なくなりますが、

今週の土曜日は古馬1600万下が二つと、

レベルは決して低くありません。

この時期に飛躍する馬たちの出現を期待して、

秋のGⅠ戦線をより楽しみにしたいですね。

 

明日は重賞が二つと豪華な開催でありますが、

中京記念、函館2歳ステークスともに予想して参ります。

どうぞそちらもぜひ、ご覧になって下さい。

それでは皆さん、グッドラック!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です