競馬は牧場が左右する。ノーザンファームは生産界の巨人。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

競走馬の故郷といえば牧場ですね。

皆さんは、牧場を訪れたことが有りますか?

 




 

この牧場ですが、

競走馬を生産する牧場の事を

生産牧場

と言います。

そのままですね。

 

この生産牧場ですが、実は・・・

馬券の収支改善に、大きく影響することを

皆さんはご存知でしょうか。

 

実際に馬券に絡んでいる馬たちが、

どの牧場から出ているのかが分かれば、

競馬全体の流れが見えてきます。

 

そこで、

今回はその「牧場」の影響力について、

触れて行きたいと思います。

 

まず、タイトルにもあるように、

現在の日本の競馬界をリードしているのは、

生産界の巨人・ノーザンファームです。

 

同牧場がどれほど凄いかと言うと、

2017年7月2日現在で、JRAの勝利数は275勝、

2位の社台ファームの159勝を大きく引き離してのリーディングに輝いています。

 

これだけではまだ分かりづらいので、

更に分かりやすく言うと・・・。

3位~12位までの牧場が束になってかかっても、勝数が及ばない

というくらい、圧倒的な開きがあります。

 

因みにノーザンファームは、

元は社台ファームから枝分かれした牧場ですので、

3位の社台コーポレーション白老ファームも含めて、

この御三家は身内と言えます。

 

ライバルと言えるのは4位の岡田スタッド

からとなりますが、その岡田スタッドにしても37勝、

ノーザンファームとは7倍以上の勝数の開きがあります。

 

この数を見ても分かるとおり、

日本の生産界は社台系か、非社台系か

に2分されます。

 

 

因みに社台系御三家の勝数を合わせると・・・

現時点で481勝、4位~46位までを合算した、479勝よりも多い数字

となります。

そもそも27位以下は一桁の勝利数なので、

これから更にこの格差は広がる事になりそうです・・・。

 

重賞勝利数(GⅢ以上のレース)はこの半年間で33勝。

この半年間の国内GⅠ・12戦の内、

実に7勝がこのノーザンファームの生産馬です。

 

どうでしょう、

ノーザンファームの恐ろしさ(?)

凄さが、

お分かりいただけたでしょうか。

 

今年は最初、連続で芝のGⅠを落としていたノーザンファームですが、

フェブラリーステークス

皐月賞

NHKマイルカップ

ヴィクトリアマイル

東京優駿

安田記念

宝塚記念

と、終盤になるにつれ、生産馬が連続で勝利を飾っています。

 

種牡馬ランキングトップを走る

3冠馬ディープインパクト

もノーザンファーム出身です。

 

日本の馬産は、ノーザンファーム(及び御三家)が握っている、

ということ・・・。

今日は、この事をまず、お話いたしました。

 

ではこれが馬券にどう影響するのか

はしくれ流の使い方は、

また来週、

詳述したいと思います。

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です