2017安達太良ステークス&STV杯予想




皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、15日の土曜日に行われるメインレース

福島の準オープン・安達太良ステークス(あだたらステークス)と、

函館の1000万下・STV杯の予想をお送り致します。

 

まずは、福島競馬場の馬場状態ですが、

天候は曇りのち雨、降水量は僅かで、

ダートは少し水を含んで適度にスピードの出る馬場となりそうです。

この点を踏まえて、予想に参りましょう。

 

 

<2017 安達太良ステークス予想 印&買い目>

最強競馬ブログランキングにて発表

○クインズサターン

▲エネスク

☆クラシックメタル

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

今回の本命は、小回りのダート1700mでも実績のあるこの馬にしました。

同馬はこれまでも強敵相手に接戦を演じており、

今回は休み明けですが、好走確率は高いと見ます。

福島も経験があり、ペース的にもミドルハイとなりそうなメンバー構成の為、

同馬の位置取りは競馬がしやすいはずです。

 

 

続いて対抗の○クインズサターンは、

東京競馬場での連戦から、

福島1700mへの臨戦という過程が気になりますが、

今回は外枠で、まくって行きやすいペースが予想され

初めての福島でも好走可能だと思います。

また、鞍上の戸崎圭太騎手は、

当レース過去5年で、4回騎乗、3度の連対と得意にしています(上記画像)。

ここはかなり狙っているはずです。

 

3番手の▲エネスクは、

小回り向きの先行力と粘りが持ち味です。

前走はオープンで6着、現級勝ちも有り、

地力は上位の存在です。

外枠のトゥルーウインドとの兼ね合いが鍵になりますが、

番手でも結果を残しているだけに、折り合いに問題は無いと思います。

 

最後に☆クラシックメタルは、

当該距離の持ちタイムこそ平凡ですが、

1800mでは1分50秒を切る好タイムを持ち、

好位追走からまくって行ける自在性があります。

ここ2走連続2着で、クラス卒業の目途は立っています。

人気はそこそこですが実力は十分と言えるでしょう。

 

買い目は実力拮抗と見て、ボックスを選択しました。

上位2頭が人気馬なので、馬連が妥当でしょう。

 

それでは、次に函館競馬場で行われる、

STV杯の予想です。

 

 

<2017 STV杯予想 印&買い目>

人気ブログランキングにて発表

○レーヴムーン

▲ライトフェアリー

☆パラダイスガーデン

買い目・・・馬連ボックス各100円、計600円。

 

今週から函館競馬場はBコースを使用しますが、

JRAの発表によれば傷みはカバーされ、良好な芝状態です。

実際、画像診断からは傷みは無さそうで、

先週日曜日の時点でも内目はまだ伸びていました。

この事から、今回の本命◎にとっても、

持ちタイムと先行脚質を活かし易いと判断。

同馬は鞍上も魅力です。

 

 

そして対抗には○レーヴムーンを抜擢。

本命と悩むほどの安定感で、

現在連続2着と函館で好走しています。

タイム、相手関係、脚質を考えても相当有力な一頭で、

枠も不利な大外(過去5年馬券圏内無し:上記画像)からはぎりぎり外れています。

 

▲ ライトフェアリーは、

4~5番手の好位からの競馬が得意です。

今回はペースも速くなりそうで、

前走でハイペースの中、

ポジションを押し上げる競馬ができているのが強みです。

鞍上も勝浦騎手の連続騎乗で、

好調も伝えられています。

好勝負になりそうです。

 

☆パラダイスガーデン

人気こそそこそこですが、

四位騎手を背に、追い込んでくる姿が印象的です。

前走もハイペースの中を上がり最速の33秒8で追い込み、

末脚には自信があります。

隣枠のイキオイにも直接対決で分が有りますし、

相対的に優位な一頭と言えるでしょう。

 

買い目は人気ほど差が無いと見て、こちらも馬連のボックスを選択しました。

 

今週は暑い日が続きましたが、

更に夏に向けて気温の上昇が予想されています。

皆さんも熱中症には十分お気をつけになって、観戦されてください。

明日も重賞・GⅢ函館記念の予想をお送りいたしますので、

ぜひご覧下されば幸いです。

それでは、競馬のある楽しい一日を過ごしましょう!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です