2017ラジオNIKKEI賞&CBC賞結果・優勝馬は・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は福島競馬場で行われた

GⅢラジオNIKKEI賞の結果と、

中京競馬場で行われた

GⅢCBC賞の結果

この2つの結果をお伝えしたいと思います。

 

まずは、福島競馬場で行われた

GⅢラジオNIKKEI賞のはしくれの予想からご覧下さい。

 

<2017 ラジオNIKKEI賞予想 印&買い目>

◎サトノクロニクル(1番人気好走レース、重賞2着と実績も上位)

○ニシノアップルパイ(ミドルペースの先行が得意。好ローテ、好枠も魅力)

▲グランドボヌール(好枠2番スタートからの、軽ハンデ50kgによる一発期待)

買い目・・・単勝◎200円、複勝▲100円、ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは、結果です。

 

<2017 ラジオNIKKEI賞 結果>

 

・・・・・・はしくれ・・・・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

今回の敗因は・・・「ペース」にあります。

これを今回は解説したいと思います。

 

まず、スタートは各馬殆ど五分に出ました。

 

 

こんな感じですね。

このまま7番のウインガナドルが先手を奪いますが・・・。

隊列は変わらず、

ペースは、1000m通過1分を少し切るくらいのミドルスロー

で流れます。

 

ペース予想ではミドルを予想していましたが、

高速馬場を考えると、これはスローの部類に入ります。

これは、しまったと思いました。

 

 

はしくれの本命◎サトノクロニクルは4番手辺りを追走。

悪いポジションでは無いですが、

高速馬場で前が止まらず、

トップハンデも影響したのか、

手応えが有りません。

 

 

最後は2番手に付けていたセダブリランテスが、

逃げ粘るウインガナドルを半馬身差交わしてゴール。

3着ロードリベラルも良く外から追い込みましたが、

前を捉えるには馬場が高速すぎました。

 

こうして見ると

各馬の位置取りの差が、そのまま着順に影響した

事が分かります。

特に1~2着馬は3角からポジションが変わらず、

この位置取りを読めていないと苦しい競馬でした。

残念ながらはしくれは、これを読みきれませんでした。

 

前日時点で馬場は読めていただけに、

この展開は残念でした。

前に壁を作りたいサトノクロニクルには苦しい展開でしたが、

終わってみれば有り得る結果だったと思います。

やはり、展開が重要です。

 

そして、トップハンデの不振というのも、

小回りコースと高速馬場の影響から来ている

という可能性が高そうです。

かなり前目で自信を持って運べるタイプでないと、

今後も苦戦する傾向は変わらないかも知れません。

 

それでは続いて、CBC賞の結果に参りたいと思います。

 

 

こちらは、馬場の悪化が懸念された中京競馬場ですが、

幸い芝は良での開催となりました。

はしくれの予想はこちらです。

 

<2017 CBC賞予想 印&買い目>

◎アルティマブラッド(データ一致、血統追い風)

○シャイニングレイ(好馬体の持ち主、前走好タイム勝ち)

▲トウショウドラフタ(重馬場OK、差し有利、鞍上魅力)

☆エイシンスパルタン(短距離実績、外枠、重馬場OK、休養明けOK)

買い目・・・◎単勝、馬連流し◎ー○▲、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計600円。

 

それでは、結果をご覧下さい。

こちらです。

 

<2017 CBC賞 結果>

 

・・・・・・はしくれ、連敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

 

今回はデータの追い風を多数受けていた

アルティマブラッドを本命にしましたが・・・。

対抗の○シャイニングレイの見事な重賞2勝目となりました。

こちらも、振り返ってまいりましょう。

 

 

先ずは、スタートですが・・・。

特別好スタートという訳ではありませんでしたが、

前の3頭がダッシュ良く抜け出します。

内からアクティブミノル、

ラインスピリット

セカンドテーブル

の3頭です。

 

馬場が良発表になったとはいえ、

完璧な高速馬場とは言えませんでしたが、

この前に行った3頭の内、

セカンドテーブルとアクティブミノル

2~3着に粘る展開となります。

 

 

勝ち馬シャイニングレイは後方3番手。

正直、前に行くと予想していただけに、

この位置取りは驚きです。

内目の馬場が生きており、

やや水分を含んだ微妙な馬場状態の中、

各馬が4コーナーを回ります。

 

 

ここで一気に抜け出しを図るアクティブミノル。

2番手のセカンドテーブルが追いかけます。

赤丸で囲った勝ち馬シャイニングレイは、

未だ後方4番手。絶望的なポジションです。

因みにはしくれの本命アルティマブラッドは、

中団馬群で伸びあぐねています。

 

 

ですが最後は外を強烈な末脚で追い込んだ、シャイニングレイが勝利。

前に行った2頭の伏兵が残り、

馬群をサンドイッチしたような展開での決着となりました。

 

こういう展開は

微妙な馬場状態と、ミドルハイのペースから生まれやすい

ですが、

まるで安田記念を思い出すようなレースでした。

 

ここまで極端な展開は予想できませんでしたし、

何より対抗のシャイニングレイの後方待機は驚きました。

途中、同馬はあおっていますが、

北村友一騎手がなだめており、

末脚勝負に打って出た事を窺わせています。

 

上位3頭は乗り替りの無い馬たちでもあり、

騎手との信頼関係も影響した一戦だったと思います。

その点、はしくれの本命◎アルティマブラッドの福永騎手は、

乗り替りでもあり、厳しかったようです。

 

データ面でのバックアップが多すぎる馬は危険

という合言葉のようなものが予想家の中にはありますが、

今回のアルティマブラッドは典型例となってしまいました。

データの中身も精査したのですが、

それよりもこの展開を読む事の方が大事だったという結果です。

 

ただ、非常に難しい一戦でもありました。

シャイニングレイの後方待機を読めるものではないですし、

スタートダッシュも読むのが難しいものです。

敗戦は受け止めなければなりませんが、

悲観せず前に進むしかありません。

 

今回は競馬の怖さを痛感した一戦でした。

ただ、馬場状態とペースが読めれば、

予想も違ったものにできます。

その点は留意しつつ、

また挑戦して行きたいと思います。

 

それでは、長くなりましたが、今回はこの辺で。

今回もご精読、そして応援下さった皆さんに、心より感謝申し上げます。

本日も当ブログへのご来訪、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたセダブリランテス及びシャイニングレイの関係者の皆様、そして馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。本日は誠におめでとうございました。

 






投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です