2017CBC賞予想・メラグラーナの取捨は・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、明日の日曜日に開催される重賞

GⅢCBC賞と、GⅢラジオNIKKEI賞の予想

をお送りしたいと思います。

 

普段でしたら2本立てでお送り致しておりますが、

予想に時間が必要な為、

今回は予想が固まり次第、一つずつ公開させて頂きますので、

お読み下さっている皆さんには大変ご迷惑をお掛けしますが、

ご了承下さいますよう、よろしくお願い致します。

 

それでは早速、

CBC賞の突出したデータから見て参りましょう。

 

<2017 CBC賞 枠順>

 

今回の突出したデータの一つ目は、

「枠順の不利」です。

 

ご覧の通り、外目の枠ほど好走傾向があり、

内目の2枠は全滅です。

これは今回の1番人気メラグラーナには、

かなり決定的な不利と言って良いかも知れません。

 

レースは軽量50kgのアリンナが飛ばして行きそうですが、

馬場も重めで先行各馬も早めに出していくでしょうから、

開幕週で内が生きている事もあり、

簡単には内差しは決まらないでしょう。

これは相当不利な状況がメラグラーナには認められます。

 

となると早々の決断ですが、

ここは早くもメラグラーナは「切り」で行きたいと思います。

 

それから、次に注目すべきデータをご紹介致します。

 

<2017 CBC賞 馬齢>

 

次に注目すべきデータは、年齢別の成績です。

ご覧のとおり、旬を迎えた5歳馬が他を圧倒しています。

3着以内の占有率でも66%を超える数字で、

これはかなり偏ったデータと言えます。

もちろん、出走頭数が多いこともありますが、

それを踏まえても多い事は変わりません。

 

今年は3歳馬からも注目馬が出走していますが、

軽ハンデの恩恵があっても、ここ5年では好走例なし。

やはり中京コースはスタート後の下り坂でスピードが出る事を考えると、

古馬のスピードに対応が迫られるこの時期の3歳馬には

やや苦しい展開が待ち受けていると言えましょう。

 

更に今回は注目すべきデータがもう一つ有りまして・・・

それがこちらになります。

 

<2017 CBC賞 騎手>

 

その最後のデータとなるのが、騎手の成績です。

なんと、福永騎手は2戦2勝と、違う馬で勝利を挙げています。

更に突っ込んだ話をすれば、

同騎手は中京芝1200mでは、50%ほどの複勝率を誇ります。

余程相性が良いのか、

同騎手の成績は突出していると言って良いでしょう。

今回は混戦ムードなだけに、この要素は大きいと思います。

 

これらのデータを統合して、導かれたのは・・・。

◎アルティマブラッドです。

 

同馬は外目の12番枠のスタートで、

今が旬の5歳馬。

外からの好位差しが得意で、

騎手は福永祐一騎手です。

 

上記のデータ全てを満たしている同馬ですが、

この有利なデータを味方に付けている上、

母アルティマトゥーレも短距離の強豪馬でしたし、

ハンデも53kgと手頃で、更に追い風が吹いています。

 

ここまで揃えばさすがに本命を打たざるを得ない

という結論です。

 

不安要素としては重馬場がどう出るかですが、

2戦して2着が1回ありますから、

こなしてくれるのではと思います。

 

それでは、予想のまとめに参りましょう。

 

<2017 CBC賞予想 印&買い目>

◎アルティマブラッド(データ一致、血統追い風)

○シャイニングレイ(好馬体の持ち主、前走好タイム勝ち)

▲トウショウドラフタ(重馬場OK、差し有利、鞍上魅力)

☆エイシンスパルタン(短距離実績、外枠、重馬場OK、休養明けOK)

買い目・・・◎単勝、馬連流し◎ー○▲、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計600円。

 

以上です。

 

データ優勢のアルティマトゥーレの激走に期待しましょう!

(尚、ラジオNIKKEI賞の予想は、2日午前0時公開予定です。)






投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です