2017宝塚記念結果・優勝馬は・・・!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は阪神競馬場で、上半期の競馬の総決算

GⅠ宝塚記念

が開催されました。

 

天気予報通りの生憎の空模様でしたが、

各馬の走りに影響はあったのでしょうか。

まずは、はしくれの予想からご覧頂き、

結果の紹介に参りたいと思います。

 

<2017 宝塚記念予想 印&買い目>

◎キタサンブラック(重馬場未知も、戦績・好枠・展開と3拍子揃っている。)

○ミッキークイーン(重馬場歓迎、長く使える末脚が魅力、牝馬で2kg減の恩恵。)

▲ゴールドアクター(重馬場OK、急坂OK、距離OKで鞍上は鬼才・横山典弘騎手。)

△サトノクラウン(重馬場歓迎、好枠、阪神で良績なしもまだ3戦目。)

買い目・・・馬連ボックス◎~△各100円、計600円。

 

以上が予想です。

それでは早速、結果へと参りましょう。

 

<2017 宝塚記念 結果>

 

・・・・・・やりました、はしくれ、的中です!!

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます!!(*><*)

 

なんと・・・

本命の◎キタサンブラックが9着に沈む中、

相手に選んだ3頭が上位を独占。

的中できたのは嬉しいですが、正直驚きを隠せません。

今回は的中した事の回顧というよりも、

いささか反省が必要となりそうです。

 

それでは、一体何が起こったのか

宝塚記念を振り返り、収支改善へと繋げていきましょう。

 

まずは、スタートからです。

 

 

赤丸で囲んだのが◎キタサンブラックです。

特に目立った出遅れもなく、

この馬自身、いつも通りのスタートが切れています。

 

若干、はしくれの目にはキタサンブラックが走り辛そうに見えましたが、

これはレース後の武豊騎手の談話を踏まえると、

馬場の影響の為とは、言い切れないかも知れません。

 

そして中枠からシュヴァルグラン、シャケトラ

早目にポジションを取りに行きます。

キタサンブラックは、

しばらくこの2頭の外を回る形での競馬になりますが、

殆どそこから隊列が変わらず、

4コーナーまで流れました。

 

 

これは勝負どころの4コーナーの画像です。

ここでまず反省すべきは、

内目を通ると予想していたキタサンブラックが

外目を回ったことです。

 

先行各馬が意外なほど道中飛ばして行き、

キタサンブラックが内目をつく余裕もありませんでした。

ペースはスローを予想していましたが、

この予想は外れています。

そして、そこまでコースの内目も傷んでいないようでしたし、

全体時計を見ても馬場状態はそこまで悪くなかったと言えそうです。

 

そしてここから、直線の攻防となります。

 

 

赤丸で囲ったキタサンブラックは、坂を迎えて後退してしまいます。

大阪杯では良馬場の内目をロスなく回れた同馬でしたが、

ここまで終始外を回り、

且つ途中から長い間速いペースで流れた事が災いしてか、

余力は残されていませんでした。

もしかすると前走の天皇賞で、

実質スローの競馬をした事も影響しているかも知れません。

これは近年、天皇賞勝ち馬の不振が目立つ原因

となっている可能性があります。

 

 

キタサンブラックが失速する中、

終始キタサンブラックをマークしていた

△サトノクラウンが、

更に外から突き抜けて、見事優勝をもぎ取りました。

 

2着にはインで我慢していた▲ゴールドアクター

さすが横山典弘騎手、という巧みなレース運びでした。

そして3着には末脚確かな○ミッキークイーン

 

こうしてみると、

はしくれが予想する際、

相手選びに重視したポイント

キタサンブラックに無いものを持っている3頭

で決着した事が分かります。

 

この3頭の共通点とは、

重馬場の実績です。

 

先ほどお伝えしたように、

全体時計を見る限り、

重馬場の影響は限定的にも見えます。

実際、発表もやや重でしたし・・・。

 

ですが、これはやはり

重馬場に限りなく近いやや重馬場

だったのではないかと、はしくれは思います。

 

それは、レース後の勝利ジョッキーインタビューで

デムーロ騎手がこのような発言をした事からも窺えます。

 

 

「(この馬は)やっぱりこの馬場がすごい合う」

サトノクラウンの手応えは4コーナーで絶好、

直線は軽く追い出しただけで馬なりで突き抜けたと話しています。

実際楽に走れたように見えますから、

これは事実と見て良いでしょう。

 

同馬が重馬場が得意な事は周知の事実ですから、

となると、やはり

キタサンブラックの主な敗因は重馬場

でしょうか。

鞍上の天才・武豊騎手の談話では、

「それだけでこんなに負けない」

という言葉も聞けますが・・・。

 

ただ、これに加えて

ペースアップのタイミングが早すぎた

事も影響していると思います。

実際、前目で競馬した馬は全滅していますので・・・。

 

こういう

絶対的と思われた馬が、本番で散る

という結果は、

はしくれは何度も目の当たりにしてきましたから、

馬連ボックスで買い目を組んだ事

は良かったと思います。

 

ただ、ペースや各馬の位置取りを読み違えた事は

正直まだ自身の予想力に物足りなさを感じています。

今回は買い目に救われましたが、

競馬の難しさを実感する一戦となりました。

 

以上が宝塚記念の回顧と反省になります。

ところで、皆さんの宝塚記念は、いかがでしたか。

 

結果の復習と回顧をする事は、

今後の馬券の収支改善の為には絶対必要な行為です。

「たられば」などと言わずに勝因も敗因も分析し、

これからの競馬生活に役立てて参りましょう。

 

今回、キタサンブラックは残念でしたが、

怪我が無いのが何よりでした。

これからも同馬の活躍が見られる事を心から願っています。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読下さいまして、誠にありがとうございました。

 

*サトノクラウンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。本日は大変おめでとうございました。また、はしくれの的中を願って応援してくださり、ブログのリンクまでして下さったブロガーの neko8netさん 及び cello蔵さん には特に、この場を借りて心より感謝申し上げます。ありがとうございました(^^)

(尚、当ブログは個人ブログの自由度を最大限に生かすため、こちらからのリンクは限らせて頂いております、各ブロガー様におかれましては、ご理解・ご了承賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。)






投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です