流鏑馬を初めて見ました!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日はいつもの競馬話から少し離れて、

流鏑馬(やぶさめ)を見てきた感動についてお話したいと思います。

 

府中競馬場にほど近い大国魂(おおくにたま)神社。

皆さんは訪れた事がおありでしょうか。

京王線の府中駅を中心に伸びるケヤキ並木が、

参道を歩く人々の目を楽しませてくれる大きな神社です。

 

近年門の改修工事が行われ、

ますます参拝者が増えたように感じられる歴史有る神社ですが、

そこで伝統芸能である「流鏑馬」を見る事ができました。

 

 

手ブレがひどくて申し訳ありませんが、

参道を颯爽と駆けながら弓矢を引く方の腕の凄さに、

思わず「かっこいいー!!」と声を出してしまったはしくれです。

 

この時の流鏑馬のルールは、

離れて設置された二つの的を、順に矢で打ち抜く

というシンプルなルールでした。

馬は日本馬のようで、

普段見ているサラブレッドとは違い、ずんぐりしていました。

 

 

女性の方も参戦しており、的を一つ的中(というか、破壊?)していました。

矢で射抜かれた的は木で出来ており、

的中するとパカンッと割れるのが特徴的です。

 

そもそもこの馬も結構なスピードで走るので、

良く馬上から正確に的を射抜けるものだなあ・・・

と、興奮と感動で見入ってしまいました。

 

この時はしくれが思ったのは、

戦国時代って、本当にあったんだな・・・

という妙な実感です。

 

こんな風に馬に跨って、弓矢で人が殺せるのかなあ・・・

とちょっと今までは疑っていたのですが、

この方達を見ていたら、そんな疑問は吹き飛んでしまいました。

 

この的を割るときの矢のスピードや威力を見ていたら、

はしくれはあっさり殺されていただろうと思わずにはいられません(汗)。

それと同時に、世が世ならこの人達は名の有る武将になっていただろうな・・・

と不思議な気持ちになりました。

 

そして、はしくれは今まで思った「かっこいいー!!」の中で

一番「かっこいいー!!」を実感しました。

 

今回は偶然競馬場の近くで見る事が出来ましたが、

皆さんもぜひ、お近くで行われる流鏑馬をご覧になって下さい。

きっと心からこの伝統芸能に感動できるに違いありません。

 

 

流鏑馬はこの菱形の木の的が目標です。

 

競馬予想も思えばこのような小さな的を射抜く為の行為です。

これからもこの小さな的を、

正確に射抜く為の鍛錬を欠かさずにしていこう

と気を引き締めたはしくれでした。





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です