2017マーメイドステークス予想・トーセンビクトリーの取捨は?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日は、東西で重賞が開催されます。

阪神競馬場では、GⅢマーメイドステークスが行われますが、

当レースは毎年穴馬が台頭しているレースでもあり、

ハンデ戦という事もあって

難解な一戦となっています。

 

先週の阪神競馬は、開幕週らしい馬場で

目立って特殊な馬場状態ではありませんでした。

この点も考慮して、予想していく必要がありそうです。

 

それではいつも通り、

まずはマーメイドステークスの突出したデータを見ていきましょう。

 

<2017 マーメイドステークス 脚質>

 

今回のレースの突出したデータは、脚質です。

これを見るとすぐ目につくのが、

赤枠で囲った通りの差し馬有利の状況です。

 

開催から2週目にあたるマーメイドステークスですが、

馬場の内側の芝が生きていて、

且つ内回りである為に先行馬有利となりそうですが、

ペースにも枠にも関係無く、外差し有利な傾向が続いています。

 

これはハンデ戦である事に加え、

例年、内目が伸びない状態にある為ですが、

今年は内が伸びる状態で、

ペース次第では先行馬の台頭が十分に有り得る状況です。

 

こうなると、

突出したもう一つのデータである血統も含めて、

傾向を鵜呑みにはできません。

 

<2017 マーメイドステークス 血統>

 

ここで取り上げたいのは、

ディープインパクト産駒の成績です。

 

これを見る限りその成績は一際目立っています。

この5年間では4頭が出走し、2勝2着1回。

今年のビッシュ、リーサルウェポンには追い風となるデータです。

 

しかしこれを鵜呑みに出来ないのは、

先述の通り、

例年よりも内目が伸びている馬場状態

があるからです。

 

先週の鳴尾記念では例年と違い、

内目を通った先行馬が好走しています。

梅雨入りしているにも関わらず、

天気予報も晴れ続きで、

馬場は変わらず良での開催見込みです。

 

出走馬を見渡すとスローペースが濃厚で、

こうなると切れ味勝負のディープインパクト産駒よりは、

前目で一脚使えるタイプか、まくっていけるパワータイプ

のどちらかが理想的と言えそうです。

 

その点を考慮して、今回のはしくれの本命は・・・

◎トーセンビクトリーで行きたいと思います。

 

同馬は今回、トップハンデとなる56kgを背負います。

当レースはトップハンデ馬の好走例が少ないですが、

それでも皆無と言う訳では有りません。

鞍上の武豊騎手も、

鳴尾記念を先行して勝ち切ったばかりですし、

何よりこの馬自身が近走、

良馬場のスローペースでは連勝中と心強いデータも有ります。

ハンデ差は有りますが、

それを撥ね退ける快走に期待したいと思います。

 

それでは本命馬も決まりましたので、

予想と買い目に参りましょう。

 

<2017 マーメイドステークス予想 印&買い目>

◎トーセンビクトリー(良馬場で、スローの先行が得意。鞍上も同コースで先週重賞勝利)

○ローズウィスパー(3走前の日田特別でスローペースをまくって快勝、再現を期待)

▲キンショーユキヒメ(中距離で安定。長く脚が使える差し馬)

買い目・・・単勝◎200円、馬連◎ー○100円、ワイドボックス◎~▲各100円、

計600円。

 

それでは、トーセンビクトリーの活躍に期待して、

今回はここで失礼致します。





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です