2017安田記念結果・波乱の結末を制したのは・・・

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は東京競馬場で

GⅠ安田記念が開催されました。

 

好天と好メンバーに恵まれて、

沢山のお客さんが観戦に詰め掛けましたが、

果たしてルメール騎手のGⅠ4連勝は成ったのか?

はしくれの予想結果は?

まずははしくれの予想から復習して参りましょう。

 

<2017 安田記念予想 印&買い目>

◎クラレント(好枠10番の先行馬、コース・距離実績が有り、好調)

○イスラボニータ(マイル実績と自在性、ルメール騎手の偉業警戒)

▲エアスピネル(イスラボニータより前目の競馬、好枠で瞬発力有り)

△ヤングマンパワー(はしくれの大好きな馬。ごめんなさいロマンです。)

買い目・・・◎単複各100円、△複勝100円、ワイド◎○▲ボックス各100円、計600円。

 

それでは、全着順に参りましょう・・・こちらです!

 

<2017 安田記念結果 全着順>

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎クラレントは9着・・・。無念の敗戦です。

終わってみても難しい結果だったと思いますが、

復習のし甲斐が有ります。

ここは冷静になって、次に繋げたいところです。

それでは気を取り直して、復習に参りましょう。

 

まず、最初に注目したいのは、ペースです。

先行したいけど、逃げたくない・・・

そんな馬が多かった中で、

2着馬ロゴタイプは果敢にハナを切りました。

 

 

これですね。

後ろがごちゃつく先行争いですが、

田辺騎手の思い切りの良さには、脱帽でした。

この思い切りの良さと高速馬場が影響し、

前が早めで流れた事が着順に大きな影響を及ぼします。

 

各馬ポジション取りに苦労する中で、

前年同様逃げでポジションを取りに行ったロゴタイプ。

これ以外の馬達は、かなり中途半端な競馬を強いられました。

また、はしくれのペースの読みが、

道中完全に外れた事を思い知らされます。

 

1ハロン12秒を切る快ラップで飛ばし続けるロゴタイプ。

内目一頭分のわずかな良馬場をラチを頼って、必死に逃げ込みを図ります。

 

 

赤丸ははしくれの本命クラレントです。

最内が伸びる事を考慮して、岩田騎手が追い出しましたが、

一瞬、見せ場を作ってすぐに、

馬群に呑まれてしまいました。

一方ロゴタイプは素晴らしい粘りを発揮しています。

 

先行馬が総崩れする中で、唯一頭執拗に粘るロゴタイプ。

そこを、外から一気に勝ち馬サトノアラジンが猛追、

まさに勝利をもぎ取った、という一戦でありました。

 

 

3着には、差し脚鋭いレッドファルクスが入りました。

この結果を受けて、はしくれがまず思ったのは、

騎手の思い切りが反映したレースだった

という事です。

 

戦前、はしくれはペース予想に戸惑いました。

はっきりと先手を主張する馬が読めなかったためです。

前年、スローで逃げたロゴタイプが、

飛ばして行くという確証が持てませんでした。

しかし、外枠の影響も有ってか

はっきりと先手を主張しました。

これは田辺騎手や陣営の好判断だと思います。

 

通常、このような好判断を下した騎手は、

勝利する事が多いのですが、

同じように好判断を下した騎手が他にもいました。

それが勝ったサトノアラジンの、川田騎手です。

 

 

「好枠から、手応え良く、差し届くと思いました」

レースの回顧を訊ねられ、川田騎手がこう発言しました。

つまりは、川田騎手は最初から

追い込みに賭ける競馬

を狙っていたというわけです。

 

田辺騎手が逃げを選択した中で、

川田騎手は追い込み。

実際、4コーナーでのサトノアラジンはほぼ最後方

まるでサンドイッチのような競馬で、

腹を括ったジョッキーの凄み

を見せ付けられたレースでした。

まさにプロフェッショナルの競馬、

痺れる結果でした。

 

結果的にペースが差し馬に向いたために

川田騎手に軍配が上がりましたが、

田辺騎手は続く最終レースを勝利、

研ぎ澄まされているなあ

と感じずにはいられませんでした。

 

ペース判断に迷ったはしくれとは、

根本的に引き合わなかったようです・・・。

残念ですが、これは反省しなくてはなりません。

また、ルメール騎手も思うような動きができず、

苦しい展開だったと思います。

 

それでは一旦、ここで払戻金をお伝えしましょう。

<2017 安田記念 払戻金>

 

今回は枠順的にも大外のロゴタイプが連対しましたし、

データ的には難しい一戦だったと思います。

しかし、昨年同様にインを突いて逃げたロゴタイプの走りを見ると、

これからの安田記念では「最内は走れるコース」

の認識に変わる可能性があります。

もし、ロゴタイプが最内枠に入っていたら、

勝者は違っていたかもしれません。

 

この点は、来年以降の安田記念でのポイントになりそうです。

 

ところで、皆さんの安田記念はいかがでしたか。

はしくれは残念な結果となりましたが、

プロの大仕事を見たようで、

思い出深い一戦となりました。

 

花形の東京開催も、残すところあと僅か。

春のGⅠ戦線は宝塚記念で終幕となりますが、

競馬は毎週訪れます。

これからも結果を上げて行けるよう精進致して参りますので、

どうぞ、当ブログにもぜひ、またお越しになってください。

 

それでは、ご精読下さいまして

ありがとうございました。

 

*勝利されたサトノアラジンの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。おめでとうございました。また、好騎乗を見せてくれた、川田騎手・田辺騎手の両騎手に、心より感謝いたします。ありがとうございました。





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です