2017鳴尾記念予想・難解な一戦を制するのは・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

6月最初の土曜重賞は、

阪神競馬場で行われるGⅢ鳴尾記念です。

 

今回の出走頭数は僅か10頭と、

中央の芝重賞としてはかなり少ない頭数

での一戦となりました。

「少頭数は荒れる」

という競馬格言も有りますが・・・

まずはいつも通り、突出したデータを見て行きましょう。

 

<2017 鳴尾記念 枠不利>

 

今回の突出したデータは、枠順の不利です。

近5年の3着以内の枠順傾向では、

1枠が圧倒的に不利というデータがあります。

 

これを圧倒的に不利

と言ったのには理由がありまして、

それは、

開催初週の阪神内回りコースにも関わらずの事だから

です。

 

これはどういう事かと言うと、

通常、開催初週の芝コースと言うのは

どこも馬場が良好なため、コースロスの少ない内目が有利

な傾向が有る上、

阪神には内回りと外回りの2種類のコースが有り、

今回は内回りコース使用で、

カーブの角度、直線の短さから、本来的には更に内枠が有利

のはずだからです。

 

この定説をいきなりからひっくり返す1枠の不発。

これは、この定説が通用しないものと思った方が良さそうです。

最内を引いたラストインパクトには、

厳しい展開が予想されます。

 

そして、次に気になるデータを見て行きましょう。

次に気になるデータは・・・脚質です。

 

<2017 鳴尾記念 脚質>

 

ここで注目したいのは、逃げ馬の成績です。

逃げ馬というのは数が少ない上に

的にされやすいという不利な脚質ですが、

それにしても開幕週の馬場でありながら、

善戦しているとは言いがたい数字です。

全体的にも差し、追い込み馬の活躍が目立っており、

先ほどの枠順傾向同様、

通常の開幕週のレースと考えるのは、ちょっと危なそうです。

 

こうなると、鳴尾記念独自の見解が必要になりそうですね。

因みに、今回のメンバー構成を見渡すと、

逃げていきそうな馬は

外枠のステイインシアトルでしょうか。

天才・武豊騎手が騎乗で、非常に存在感がありますが、

前走ハイペースで2番手追走の競馬をしている事からも、

ここは極力押さえて行く事になりそうです。

と、なると・・・ペースはスローに落ち着くと見ます。

 

それではこれらの事を踏まえて、

鳴尾記念の過去の傾向を見て行きましょう。

 

<2017 鳴尾記念 過去5年の傾向>

 

赤枠で囲った部分は、上がり3ハロンのタイムです。

過去、33秒台が計時されたのは5年前の2012年だけ。

この時はスローの上がり勝負になり、

瞬発力が問われました。

 

追い込んだショウナンマイティが

上がり32秒台の豪脚で2着を確保しましたが、

1・3着は先行馬でした。

ですが、この3頭ともにかなりの脚を使っています。

末脚に自信があるタイプじゃないと、

善戦は厳しそうです。

末脚の爆発力も踏まえて考えると・・・。

 

今回はこの型に合致する展開になると睨んで、

本命◎はデニムアンドルビーに決まりです。

 

 

同馬はこれまで、ジャパンカップ2着、

宝塚記念2着がある実績馬で、

とにかく切れ味鋭い牝馬です。

今回は福永騎手に乗り替わりとなりましたが、

牝馬の操縦が上手い騎手で、

想像以上の爆発力を発揮してくれるかも知れません。

ここ最近は不振ですが、

得意の距離、コースで頑張ってもらいたいです。

 

では、以下に予想と買い目をまとめましたので、

どうぞご覧下さい。

 

<2017 鳴尾記念予想 印&買い目>

◎デニムアンドルビー(32秒台の末脚を保持、距離、コース共に重賞勝ち有り)

○バンドワゴン(前走同舞台で上がり最速、ルメール騎手騎乗)

▲スマートレイアー(阪神6勝と大得意、デムーロ騎手で54kgと恵量)

△スズカデヴィアス(スローの上がり勝負に自信、得意距離)

買い目・・・単勝◎100円、馬連流し◎ー○▲各100円、ワイド流し◎ー○▲△各100円、計600円。

 

以上です。

阪神の開幕は、同時に、宝塚記念への道のりを示しています。

この鳴尾記念から、宝塚記念へと名乗りを上げる馬達に注目しましょう!





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です