2017安田記念予想・イスラボニータ、ルメール騎手の好騎乗炸裂か

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

東京の春のGⅠ5連戦もついに終幕、

日曜日はGⅠ安田記念が開催されます。

 

3週連続でGⅠを制するという

離れ業をやってのけたルメール騎手。

同騎手の相棒、イスラボニータが今回1番人気に推されています。

果たして偉業のGⅠ4連勝は達成されるのか?

はしくれの本命は?

 

まずはいつも通り、安田記念の傾向を探っていきましょう。

 

<2017 安田記念 人気>

 

今回の突出したデータは、人気です。

過去5年間で好走確率が最も高かったのは・・・

3勝2着1回の、1番人気ですね。

 

これは早くもイスラボニータとルメール騎手には追い風が吹いていますね。

馬場の悪化やペースの違いがあれど、

ここ4年連続での4連対はかなりの実績と言えます。

ただ気になるデータもありまして・・・

それがこちらになります。

 

<2017 安田記念 馬番成績>

 

上の画像をご覧下さい。

好走馬の馬番を見てみると、

14番枠以降の馬は、連対がゼロ

という数字が示されています。

 

今年のイスラボニータの馬番号は7枠の15番・・・。

正直、枠は外過ぎますね。

これはかなり厳しい枠に入ったと言わざるを得ないでしょう。

 

突出したデータとしてはこの2つが目立ちますが、

では、馬場状態と展開はどうなのか。

まずは、気になる馬場状態

についてお話しましょう。

 

現在の東京競馬場の馬場状態ですが、

見た目より内が伸びず、

完全に外差し馬場です。

これは先週のダービーと変わらない状態と言って良いでしょう。

高速馬場は維持されているようですが、

各馬外目を回りたいため、

タイムはそこまで伸びないと思われます。

 

こうなると馬場状態より気がかりなのが、展開です。

現在の馬場を考慮して、殆どの芝レースでは、

内目を開けた競馬がセオリーとなっています。

 

土曜日の最終レースで穴馬が最内を突く奇策で1着を取りましたが、

それもハンデの軽い馬で、着差は僅かと辛勝でした。

58kgの定量戦で、一流馬の揃うここでは、

このような奇襲は成功しづらいと思います。

 

そして、今回人気となるイスラボニータを巡って、

他のレースとは異なる展開が予想されます。

それは・・・

絶好調のルメール騎手に対する、マークが厳しくなる

という事です。

 

 

乗れているジョッキーなので、マークを苦にしない可能性はありますが、

巻かれてしまう可能性は否めません。

更に問題はそれ以外の差し馬にも波及します。

 

なぜなら、イスラボニータより後ろで進めば、

この馬を差し切らねばならないし、

外差しと言っても各馬が外を回るため、

実際には先行馬が有利な状況です。

こうなるとマークをするにせよしないにせよ、

後ろから来る馬には、前が常に気になって仕方がない展開

が予想されます。

 

こういう状況で騎手が自分の競馬に徹するには、

相当馬を信頼していなくてはなりませんし、

且つ、それに応える実力を持った馬でなければなりません。

イスラボニータは自在性が高い馬で、

同馬より上手く動ける馬が居るかとなると、

各馬には不安が残ります。

 

そこで、イスラボニータよりも前で競馬ができる馬

に出番がありそうですが、

今回は先行馬が乱立した上、

一流馬が揃うGⅠです。

逃げたくもなければ差すのも嫌・・・という展開で

団子状態の隊列のまま進んでいく事になりそうです。

 

過度にコーナーで膨らまずに

外側の馬場を走れて、

イスラボニータよりも先行し、

且つ、途中からギアを入れて

後続の追撃に耐えられる14番枠以内の馬・・・。

 

これを考慮すると、

なんと本命◎はクラレント

に落ち着きました。

 

 

・・・・・・う~ん、これにははしくれ自身も正直びっくりです。

同馬は前走京王杯スプリングカップを、

好走例の少ない大外枠の12番から先行して2着、

11番人気で大穴を開けました。

 

馬場が悪かったのを味方につけた、

という向きもありましたが、実際には

好スタートからの折り合い、

通った馬場の的確さと

岩田騎手との相性は相当良さそう

に感じます。

 

東京3勝、マイル5勝はメンバー中でも実績上位で、

状態面の良さが今回、調教、厩舎コメントからも窺えます。

安田記念はここ5年で、15頭居る3着以内馬の内

実に6頭が二桁人気と穴を開ける要素はあります。

データ面のバックアップから、

ここは本命◎はクラレントで行きましょう。

 

それでは、印と買い目です。

 

<2017 安田記念予想 印&買い目>

◎クラレント(好枠10番の先行馬、コース・距離実績が有り、好調)

○イスラボニータ(マイル実績と自在性、ルメール騎手の偉業警戒)

▲エアスピネル(イスラボニータより前目の競馬、好枠で瞬発力有り)

△ヤングマンパワー(はしくれの大好きな馬。ごめんなさいロマンです。)

買い目・・・◎単複各100円、△複勝100円、ワイド◎○▲ボックス各100円、計600円。

 

以上です。

ヤングマンパワーに関しては、マイラーズカップに引き続き

はしくれの趣味を優先しました。

趣味は予想に関係無い、

と仰る方も居るかと存じますが、

これはとても大切な要素だとはしくれは思っています。

なぜなら、常に好走を願う事が、

ファンに出来る精一杯の事だと思うからです。

 

参考にはならないかも知れませんが、

この点、どうかご容赦下さいます様お願い申し上げます。

それでは、精一杯の声援を送って、安田記念を楽しみましょう☆





投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

“2017安田記念予想・イスラボニータ、ルメール騎手の好騎乗炸裂か” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です