2017日本ダービー予想・アドミラブルは大外を克服できるのか?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

ついに日曜日には東京競馬場で

GⅠ・日本ダービーが発走を迎えます。

皆さんの予想は決まりましたか?

 

さて、今日もはしくれは現地・東京競馬場に赴いて

芝生の度合いのチェックと、

Cコースでのレース展開を実際にこの目で確かめて来ました。

 

金曜日の雨の影響は?

そしてCコースの影響は?

1番人気馬アドミラブルがまさかの大外枠を引いた今年

これらの影響を考えずにはダービーを占えません。

 

気になる馬場状態ではありますが、

まずはいつも通り、

日本ダービーの突出したデータの確認

から参りましょう。

 

<2017 日本ダービー 枠有利>

 

まず、近5年の中で

相当顕著な結果を残しているのが、内枠馬の成績です。

5年前を除くと近4年では、

1枠1番が3回、2枠3番が3回。

更に1枠は2014年のワンアンドオンリーを含めると、

近4年で必ず複勝圏に突入と、圧倒的な結果を残しています。

 

ここまで顕著な内枠有利のデータの陰で、

7枠馬が台頭している(3回)というのは、気になるところでもあります。

そこでこの3頭を調べてみると、

直前の重賞で3頭ともに優勝、それもGⅠかGⅡというハイレベルな実績

を挙げている事が分かります。

 

そこをポイントに考えると、

外枠で争覇圏に入る為には相当の実力が無い限り不可能

だと考えられます。

今年の7枠馬3頭は、直前のレースで重賞勝ち馬は居ない為、

データ的にはやはり、内枠馬の方に枠の利がありそうです。

 

そして次に注目すべきデータは、

瞬発力と血統です。

 

<2017 日本ダービー 上がり3Fタイム>

 

赤枠で囲った部分にご注目ください。

数字は上がり3ハロンのタイム、右は入着馬の血統です。

2014年を除き、

連対馬には33秒台の時計の計時が求められること、

そしてディープインパクト産駒の好走例が非常に多いのが分かります。

 

このデータが示しているのは、

日本ダービーが瞬発力勝負になりやすい事に加え、

その瞬発力を生まれつき備えているディープインパクト産駒が有利

という傾向です。

ディープインパクト自身が、東京2400mでは無類の強さを誇りましたから

これは遺伝子の力と見て間違いありません。

 

これが競馬がブラッドスポーツと呼ばれる所以でもありますが、

しかしこれだけでは決まらないのが競馬。

それが馬場状態と展開という2大ファクターの影響です。

 

 

さて、ここからが本題です。

冒頭でお話した、馬場状態についてですが・・・。

これは、相当顕著な事実が土曜日に刻まれました。

それは・・・。

 

土曜日の芝レースの勝ち馬は、全て大外枠の差し馬である。

という事実です。

 

これにははしくれ、驚愕しました。

開催された5レース分、ひとつ残らず大外枠馬の優勝です。

これはもうダービーで、

例年とは違った結果が出ても驚けない状況

に有ると見て良いでしょう。

なにしろペースに関わらずのこの結果には重みが有ります。

 

そして実際の芝の感触ですが、

さすがは東洋一と謳われる東京競馬場。

昼過ぎからは良馬場に変わり、

はしくれの印象でも、

パンパンの良馬場に近い状態がダービーでも望める

と確信しました。

 

更にCコースの影響ですが、

先週までBコース使用で各馬が内を開けて走っていた影響からか、

内目の馬場が伸びにくい状況

が作り出されています。

こうなると最内枠でも、上手く進路を確保しないと

勝負どころで置かれそうです。

 

以上の事柄を総合的に判断した結果・・・

 

本命◎は、アドミラブルに決定致しました。

 

 

同馬は大外枠、そして青葉賞からの参戦ですが、

今年に限っては追い風が吹いています。

 

大外枠はむしろチャンス、

しかも7枠馬に直前重賞勝利馬が不在です。

となれば隣枠で直前に重賞を制覇しているこの馬が、

ついに「青葉賞組はダービーを勝てない」

というジンクスも打ち破ってくれると信じます。

 

更に同馬はディープインパクト産駒で、

ダービーの覇者キズナと似た体型なのも魅力です。

そして、

皐月賞2着のダンビュライトを蹴ってまでアドミラブルに騎乗する、

デムーロ騎手の判断にも期待大です。

 

これで本命は決まりました。

あとは相手選びですが・・・

 

これは短評にまとめるとして、

いよいよ、印と買い目を公開する事に致しましょう。

 

<2017 日本ダービー予想 印&買い目>

◎アドミラブル(青葉賞レコード勝ち。大外枠が追い風に。ディープインパクト産駒)

○サトノアーサー(上がり32秒台を持つ末脚が脅威的。こちらもディープインパクト産駒)

▲アルアイン(皐月賞レコード勝ち。良馬場では無敗のディープインパクト産駒)

買い目・・・◎単勝200円、馬連&ワイド流し◎ー○▲各100円、計600円。

 

まさに世代の頂点を決めるに相応しいメンバーです。

大外&青葉賞組みのジンクスを打ち破り、

優勝へ真っ直ぐ進むアドミラブルを応援します。






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

2017目黒記念予想・ダービーの後もお祭り!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

ダービーDAYは最終レースもGⅡ目黒記念が開催されますが、

このレースはダービーの高揚感もそのままに、

毎年お祭り騒ぎになる古馬のハンデ重賞です。

 

ダービーとは打って変わって、

歴戦の古馬がハンデによって、力量を接近させられる中々難解な一戦です。

芝の状態はさほどダービーと変わりませんが、

枠の影響や人気薄の激走など、ダービーとは違ったアプローチが必要になりそうです。

 

それではまずはいつもどおり、

突出したデータを見ていきましょう。

 

<2017 目黒記念 脚質>

 

今回の突出したデータは、脚質です。

東京の長い直線で、坂も有る事を考えれば

差し馬が台頭するのは分かりやすい理論ですが、

今回このデータを拾った時に、気がついたことが他に有ります。

 

それは・・・。

過去5年のデータの中で、スローペースだった2012年を除いては、

差し馬が更に猛威を振るった

という事実です。

 

じゃあ、差し馬ばかり狙い打てば良いのかというと・・・。

これがそうとも言えないのです。

その原因は、逃げ馬メイショウカドマツの他に、前に行く馬がいないからです。

 

この感じだと、展開的には逃げるメイショウカドマツの後ろは、

離れてスローに近いペースで走る事になります。

更に金曜日の雨がどの程度尾を引くか分かりませんが、

少しでも馬場が緩いと、末脚の威力が削がれ

人気有力差し馬の取りこぼしも考えられます。

 

明日のダービー予想では、

馬場状態をもっと把握した状況で予想を公開しますが、

この目黒記念の予想はダービーに集中する為にも、

敢えて前々日からの公開に踏み切りました。

その為、現時点で馬場状態を最高に考慮すると・・・。

 

 

◎ハッピーモーメントに決まりです。

ちょっと大胆な予想になってしまいましたが、

この馬、芝の重馬場では2戦2勝が光っています。

血統的にも父ディープインパクト×母父トニービンで

東京2500mは合うはずです。

 

7歳馬ですが、ようやく馬体も完成域に入ってきており、

前走はここで人気のヴォルシェーブに敗れましたが、

タイム差はコンマ5秒差と僅かでした。

今回はハンデ差がそのヴォルシェーブと2,5kg差。

1kg=コンマ2秒というハンデの基本論理を加味すれば

少なくともヴォルシェーブには及んでもおかしくありません。

 

まして今回は気楽な穴馬の立場で、

腕っ節の強い川田騎手が騎乗。

2走前は東京で上がり33秒1を繰り出すなど、

末脚の面からも可能性は有りと言えます。

 

数少ない先行して一脚使えるタイプなだけに、

頑張ってほしいものです。

 

それでは、予想と買い目です。

 

<2017 目黒記念予想 印&買い目>

◎ハッピーモーメント(重馬場OK、スロー歓迎の先行馬)

○ヴォルシェーブ(東京3-1-1-0のコース巧者)

▲クリプトグラム(前年は宝塚記念馬、マリアライトを破って優勝)

買い目・・・◎単複(応援馬券)各100円、馬連ボックス◎~▲各100円、ワイド◎ー▲100円。計600円。

 

ダービーの後のお祭りは、

どんな盛り上がりを見せるでしょうか。

ハッピーモーメントの激走に期待です。






にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

単複を笑うものは単複に泣く

こんにちは、はしくれです。

皆さんは、馬券の種類は何が一番お好きですか?

高配当が狙える三連単馬券ですか?

それともwin5(ウインファイブ)

 

馬券の種類は数あれど、

はしくれが最も好きな馬券はずばり、「応援馬券」です。

 

これは2006年10月7日から全国発売された馬券で、

馬券の中では比較的新しい部類に入ります。

 

ですが、この応援馬券の中身というのは

選んだ馬の単勝+複勝ですので、

馬券の中では最も歴史ある二つの式別を、

セットにしただけの馬券と言えます。

 

ではなぜこの「応援馬券」が最も好きなのかと言いますと・・・。

それは馬券に「がんばれ!」という文字が印字されている事と、

馬券を買う上で必要な要素が、一枚に詰まっているから

という理由です。

 

 

馬券を買う上で必要な要素と言えば、

「勝ち馬を当てる事=1着馬を当てる事」

であり、

「自信に応じて式別を選んでいく事」

だと昨日お話しました。

 

これらは実際馬券を買う段階になると

非常に頭を悩ませるところで、

オッズや賭け金、お財布の状況に応じて、

更に事態は混迷を深めてしまいます。

 

その上はしくれはパドック党なので、

パドックを見終わってからの馬券検討時間は僅か15分ほど、

毎回毎回、発券窓口の締め切り時間との戦いになってしまいます。

 

人間、焦ると上手くいかないものですから、

とにかく本命を選び抜いたら、

迷わず、そして時間をかけずに買える応援馬券は

買い目を間違えるリスクも減らせる、非常に親切な馬券

だとはしくれは思うのです。

 

 

ここで更に突っ込んだ話をしましょう。

 

勝ち馬予想をしっかりとやって、

馬券の買い目を応援馬券にしたとしましょう。

もし単勝オッズが2倍前後の馬だったら・・・あなたは買いますか?

 

この買い目では利益が出づらいのではないか?

という考えも、当然あるかと思います。

 

ですが何度もお伝えしてきたように、

馬券の回収率が100%を上回る事が、どれだけ大変な事か。

それを思い出してください。

 

全てのレースで難度の高い馬券を取るのは不可能です。

競馬をやり続けていく時に、意識する必要がある重要な事は何でしたでしょう?

そう、勝てないまでも、負けない競馬ができる事です。

 

高額の払い戻しを妄想するのは勝手ですが、

そもそも本命が選び切れているなら、

その馬だけで勝負をかければ良いだけです。

 

とはいえ、競馬に絶対は有りませんし、

選び切れたと思っても、2着になる事はしばしばあります。

ですから、長く続けていく上でも、

複勝で回収できるという事は、次に繋げていく上で重要です。

不的中が重なると、精神の安定がはかれずに、

自滅してしまうのは良くある話です。

 

 

今回の表題は、

「単複を笑うものは単複に泣く」でした。

応援馬券の凄いところは、

3着以内に応援した馬が来さえすれば、50%以上の回収が約束される

事にあります。

 

もちろんこの論理なら複勝だけを買い続けるのも手です。

ですがこれは、「勝ち馬を予想する」

という競馬本来の在り方ではありませんし、

何よりも予想力の低下が懸念されます。

 

1着を狙い続けるからこそ、当たる論理が築かれていく

とはしくれは信じています。

 

ですから、複雑な馬券ですっからかんになるよりも、

回収しながら上が目指せる、応援馬券や単勝・複勝の存在

皆さんにもっと身近に感じて頂けたら幸いです。

 

単複を笑うものは単複に泣く。

買い目に迷ったとき、

あくまで単複が競馬の基本である事を、

皆さんが思い出して下さる事を願って。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ