競馬新聞と競馬ブログ当たるのはどっち?





こんにちは、はしくれです。

競馬について情報を得ようとする時、

そこには様々な情報手段があります。

競馬新聞に競馬ブログ、

競馬情報屋にパドック・・・。

皆さんはどの手段を使っていますか?

 

今回はしくれがお話したいのは、

この中から特に二つ、

自分で予想する時に特に参考になる、

競馬新聞と競馬ブログの違い

についてお話したいと思います。

 

早速ですが

競馬新聞と競馬ブログ、当たるのはどちらでしょうか?

難しい質問ですが、

これは統計を取ったことが無いので分からない

としかお答えできません。

というよりも、統計の取りようが無いのです。

 

なぜなら、

特定の競馬記者や競馬ライターにスポットを当てたところで、

その優劣の見極めが正確に出来るとは思えないからです。

競馬は長い目で見ない事には、

その実力は分からないものですし、

そもそもどの人をピックアップして検証すれば良いのかが分かりません。

 

その為、この質問には、明確な答えはありません。

ですが、それぞれが持つ利点についてはお話できますので、

今回はそれをお話して

どの部分が役に立つかをお伝えしたいと思います。

 

 

ではまず、競馬新聞の良いところですが

これは生情報にあります。

厩舎のコメントや追い切り取材

騎手の感触など、その場で取材をした人にしか

分からない要素があります。

この部分は個人の競馬ライターには不可能だと言わざるを得ません。

認定を受けた人のみが出入りできる場所ですから

この情報は新聞独自の情報と言えます。

 

では、競馬ブログの方はというと

独自の情報は少ないですが、

枠順が確定してから予想が開始できる

という利点が有ります。

 

これは締め切りの問題です。

競馬新聞が発行される際、

新聞記者は締め切りに追われています。

競馬新聞の記者達は、

土曜日の確定版ともなれば

遅くとも金曜日の午前中には記事を書き上げなければなりません。

ですが、枠順が発表されるのは、

その金曜日の午前10時。

これでは枠の有利不利という、的中に不可欠な要素を

全く無視した予想にならざるを得ません。

その点、競馬ブログのライターは確実に枠順を見る事が出来ます。

これは大きな利点です。

 

では、予想に関してはどうでしょうか。

個人の予想力はさておいて、

競馬ブログのライターの方が、直前まで情報を収集できる

という点では有利です。

これは、様々な予想の中から、自分の予想を決められる

という事でもあり、

他の予想家の予想の中から、一番信頼できそうな予想を見つける・・・。

というような事も可能です。

 

もちろん、はしくれは集約した情報を独自に分析していますが、

この方法は実は一番読者の方に近い方法です。

予想をお伝えすると同時に、集約された情報をお伝えし、

読者の方に代わって、なるべく正確な予想をお伝えする・・・。

それが競馬ブログライターの使命と言えましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

専門職の強い競馬新聞の記者情報ですが、

予想力は別物であり、枠順を選べない不利が有ります。

対して競馬ブログライターは、

専門的な情報が少ない代わりに、

枠順を含めて予想し、情報の集約ができます。

 

一概にどちらが当たるとは言えませんが、

それぞれに利点がある事は確かです。

これらを踏まえて競馬新聞では、

厩舎情報や追い切りの感想などを重点的に見てみて下さい。

独自のネタはここにあります。

競馬ブログのライターならば、

集約された情報の論理性に目を向けて下さい。

矛盾が多い予想というのは、外れやすいものです。

 

今回は競馬新聞と競馬ブログの違いについてお話ししてきました。

どちらも有効に活用して、

ぜひ皆さんの予想を、磨かれた結晶へと高めて下さい。

皆さんの的中が増えます事を、はしくれは切に願っています。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です