2017京都新聞杯予想結果・激走したのは?

こんにちは、はしくれです。

今日は先週土曜日に行われた

GⅡ京都新聞杯の予想結果について

お伝えしたいと思います。

それではまず、はしくれの予想から見て参りましょう。

 

<2017京都新聞杯 印&買い目>

◎インヴィクタ(鞍上ルメール騎手も好感)

○サトノリュウガ(京都2戦2勝)

▲メルヴィンカズマ(前走は前が開かず)

買い目・・・◎単勝200円、◎~▲ワイドボックス各100円、馬連◎ー○100円、計600円です。

 

はしくれの予想は当たったのでしょうか・・・?

激走したのは・・・?

それでは、着順をご覧下さい。

 

<2017京都新聞杯 着順>

 

はしくれ・・・惨敗です!

予想を信じて下さった皆さん、大変ご迷惑をお掛けしました(><)。

ただ、今回の京都新聞杯には、今後の予想を占う上で

かなり得るものが有ったと思います。

不的中は変えられませんが、

これからの予想スタンスは変えられます。

まずは、レースの回顧から見ていく事にしましょう。

 

 

この画像は、はしくれの本命インヴィクタが出遅れた際の画像です。

スタート直後、各馬が一斉に位置取りを決めようとする中

一頭明らかに出遅れた同馬は、

仕方なく後方を追走するスタンスを取ります。

折り合い自体に問題はなかったのですが、

はしくれはこの時点で、敗戦を意識しました。

 

当日は雨の影響も少なく、

前目の馬が有利なのも分かっていた状態でしたが、

こうなるともう身動きが取れません。

圧倒的な末脚を持つタイプではない為、

ルメール騎手の位置取りと、

インで脚を溜める展開に期待していました。

しかしこれがあっさり裏切られる出来事がここで起こります。

それは・・・。

 

単騎で逃げたウインベラシアスが、

スローペースを刻んでいた

という事実が判明したのです。

1000mの通過タイムは1分2秒台。

一見、後続との差を離してスピードに乗っているようですが、

その実はあまりスタミナを消費しない、ゆったりとした走りです。

こういう展開では、最後の直線で切れるタイプがとにかく強いものです。

はしくれはこのペースがもっと上がると踏んでいましたので、

これでは予想の前提からして間違っていたことになります。

そして、最後の直線を迎えます。

 

 

丸がインヴィクタ、矢印が勝ち馬プラチナムバレットです。

一見、後ろで同じような位置に居ますが、

出遅れた上、インから大外に切り替えたロスと、

一瞬で切れる脚の無いインヴィクタにとっては

もう突き抜けていくほどの余力は残されていませんでした。

 

それに引き換えプラチナムバレットは、

じっくりと脚を溜め、自慢の末脚を引き出すことに成功します。

こうなると、結果は明らかです。

末脚が切れに切れたプラチナムバレットが、

他馬を大外からごぼう抜きにして快勝

ダービーへの切符を見事手中に収めました。

驚くなかれその末脚、上がり33秒6!

優勝するに相応しい激走でした。

 

 

では、はしくれは今回のレースで何を得たのか。

それは、予想した時点での上がりタイム最速2騎が、

そのままワンツーフィニッシュを決めた、

という事実です。

今回、スローペースになる事さえ読めていたら・・・

このワンツーは予測できたと思います。

 

実際にどういうデータだったかというと、

戦前のデータでは

プラチナムバレット→(阪神500万下)上がり33秒3=出走馬中1位、

サトノクロニクル→(水仙賞)上がり33秒7=出走馬中2位、

です。

今回のレースでは、位置取りの差から上がりタイムに差が有りますが、

この2頭は末脚が活きる展開になれば強いのは明白でした。

 

やはり人気馬が逃げる展開でない限り、

中距離戦ではペースは中々上がってきません。

更に、前年スマートオーディンが33秒台で追い込んだばかりなのに

そのデータを軽視してしまった事は失敗でした。

最終オッズが2番人気→1番人気の決着。

予期できていた方が多かった証拠です。

はしくれは残念でしたが、当たった方の為にもここで

払い戻し金を掲示しておきたいと思います。

 

 

さて、見事激走したのは、プラチナムバレットという事になりました。

皆さんにとっては、どんな一戦でしたか?

はしくれもこれから益々精進して参りますので、

これからもどうぞお付き合い下さいます様、

よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたプラチナムバレットの関係者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です