2017京都新聞杯予想、激走するのはこの馬!

こんにちは、はしくれです。

今日は、6日(土)京都競馬場で開催される

GⅡ京都新聞杯の予想をお送り致します。

 

難解極まりないこのレース、

激走するのは果たしてどの馬になるでしょうか。

まずは出走馬を見て行きましょう。

 

<2017京都新聞杯 出馬表>

 

ご覧の通り、今年は12頭の出走と頭数は手頃ですが、

冒頭でお伝えしたとおり、今回はかなり難解な一戦となりました。

というのも、突出したデータを探し出す

いつものはしくれの予想スタイルですが、

突出したデータが少なく、絞込みに苦労しました。

 

とは言え、全く無いよりは良いです。

まずは、唯一と言っていい突出したデータである

「脚質」をご覧下さい。

 

 

ここで圧倒的なのは、差し馬の複勝(3着以内)率です。

これは右の占有率でも66.7%、

逃げ馬0%という数字からも、

いかに最後の直線勝負かが窺い知れます。

 

そこで京都新聞杯の過去5年の勝ち馬のレース振りや、

最後の直線の爆発力を量る、

「上がり3ハロンのタイム」を見ていきますと・・・。

以外にも、爆発力の指針となる「上がり33秒台」を計時したのは、

昨年の勝ち馬、スマートオーディンだけでした。

 

レース振りを見てみると、ダービー馬に輝いたキズナなどは

かなり速い脚で追い込んでいるように見えるのですが、

その末脚は34秒5と、最速では有りますが、

そこまで速い脚を要求された訳では有りません。

ペースや馬場状態によってもこの数字は変わってきますが、

過去5年の勝ち馬で、スマートオーディンのみが33秒台という事を考えると・・・。

差し馬有利と言っても、

そこまでの爆発力は必要ないのかもしれません。

 

更に馬場状態の面では、今年は例年と違い、

少し時計がかかりやすくなる懸念も有ります。

それは、この天気予報から推測できる事です。

 

<2017京都新聞杯 天気予報>

 

これを見ると、レースの時刻に合わせたかのように、雨予報となっています。

ただ、予想降水量を見る限り、

1時間に1mm程度と微量の降雨であります。

これをどう見るかによって、展開の予想はかなり違ってきてしまいます。

悩みましたが、はしくれの馬場状態の結論は・・・。

 

「良馬場だけど、雨を含んでやや上滑りしやすい芝状態」

です。

 

こうなると、末脚自慢というタイプよりは、

「長く良い脚が使えるタイプ」の方が向いた展開となりそうです。

いきなりダッシュを利かせる走りでは、

滑りやすくてギアが入りにくい、という予想です。

これに合う差し馬はと言うと・・・。

 

居ました、4番の◎インヴィクタです。

今回は同馬を本命で行きたいと思います。

似たようなキャラクターは他にも居そうではありますが、

同馬にはもう一つ、有利な点があります。

それは・・・

馬場の4分どころを通れそうだということです。

 

これは昨年のスマートオーディン(2番)が優勝した際の通り道なのですが、

過去の優勝馬は大体、この4分どころを伸びてきました。

直線勝負になる事が多く、

最後は馬場の良いところを通った方が伸びるのです。

これなら、4番枠に入った事で、

ここを通って激走するのではないかという、はしくれの思惑です。

 

それでは、印と馬券の買い目をまとめていきましょう。

 

<2017京都新聞杯 印&買い目>

◎インヴィクタ(鞍上ルメール騎手も好感)

○サトノリュウガ(京都2戦2勝)

▲メルヴィンカズマ(前走は前が開かず)

買い目・・・◎単勝200円、◎~▲ワイドボックス各100円、馬連◎ー○100円、計600円。

 

以上になります。

果たしてインヴィクタの激走は有るでしょうか!?

楽しみな一戦です!



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です