予想印が競馬スタイルを決める!

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

パドックでも新聞でも、

予想が終わっていざ印を打とうとする時、

一体どれくらい印を付けるべきか

で、悩んだ事は有りませんか?

 

実は5年ほど前までのはしくれは、

この予想印が、競馬で勝つために一体どれくらい必要なのか

分からないまま買い目を決めていました。

 

競馬新聞でも競馬ブログでも、

いわゆる「ヒモ」と呼ばれる連下(れんか)・△以下の印は

勝てないまでも連馬券には絡む馬

という意味合いのために、

しばしば何個も使用される傾向にあります。

 

競馬予想というと、

大体の方が新聞をメインに予想されていますので、

知らず知らずの内にそれを真似て、

いつの間にか沢山の馬に印をつけてしまうクセ

が付いてしまいます。

 

そこで今回は19年、競馬をやってきたはしくれが、

特に気をつけているこの予想印の数について

お話したいと思います。

 

まず、結論からお話しますと

はしくれが予想する際、気をつけている印の数は

「4つまで」

であります。

 

 

これはプロとしてはかなり少ない数ですが、

なぜこの数なのかというと、

大きく分けて三つの理由が有るからです。

 

まず一つ目ですが、

印を選び抜こうとすれば、予想の精度が上がるから

です。

 

これは言わずもがなですが、

逆に言えば、予想が外れた時、

ちょっとでも印がついていた馬が上位に来たとき、

印は付いていたんだから、良い線を行っていた

などと、結果に対する言い訳をしない為にも必要です。

 

以前のはしくれはこのような慰めを、

自身に対して随分やっていました。

もうちょっとお金があれば印的には買えていた、とか

印は付いているんだから次はもっと上手く行くはず、とか・・・。

外れたことの言い訳を、印に求めていた

のです。

 

 

これまでもお話してきましたが、

競馬は単複でもきっちり当たれば勝ちです。

ですが、

当たらなければ収支の上ではマイナスでしかありません。

 

外れを直視できない為に、

これまで随分上達が遅れて来たと思います。

 

これは極端な例ですが、

もし、あなたが100万円を1点で賭けなくてはならないとしたら、

三連単で勝負しますか?

本気で予想をする時には、そんなに印は要らないものです。

 

そして二つ目ですが、

予想印が多いと、買い目が上達しないから

です。

 

これは先ほどもお伝えしたとおり、

単複でも競馬は勝てる

ものなのに、

印が沢山付いていると、

単複が頭の外に追いやられてしまいます

 

 

なぜなら、多くの馬に印が付いていると、

オッズの低い単複では、利益を出しづらくなるから

です。

 

こうなると必然的に、狙いが連馬券ばかりになり、

勝ち馬を当てる

という、競馬本来の目的からは遠ざかってしまいます。

 

そして、こうして競馬が複雑化すると、

いよいよ買い目も難しくなり、

レースごとに柔軟に買い目を対応させていく

という事が、どんどん難しくなっていきます。

 

そして負け分を取り返そうと

穴馬ばかりに目が行くようになったり、

無謀な買い目を選択したりと、

悪循環に陥っては、後悔するはめになるのです。

 

買い目を選ぶ技術は簡単には身につきませんが、

買い目は必要なときに必要な式別で

対処できなければなりません。

それが単複であるのなら、単複を選ぶべきなのです。

 

そして最後の三つ目の理由は、

購入資金が多額になるから

です。

 

チリも積もれば山となる、とは良く言いますが、

三連単などの買い目は、

その1点の破壊力が凄まじい為に、

気がついたらあれもこれもと、何点も購入していた

ということが、よく起こります。

 

こういった配当は、

少点数でものにしてこそ意味のあるもの

なのですが、

せっかく的中しても購入金を差っ引いたら、

なんだ、2倍の複勝を買ったのと同じか。

と言う事が、意外なほど多いものです。

 

こうして買い目が膨らんで、

毎回大きな額が必要になってしまうと、

実生活からかけ離れた金銭感覚で競馬をするようになり、

果てはギャンブル依存症にもなりかねません。

 

これが如何に平和な暮らしを奪ってしまうか。

ここでお話をしなくとも、

実際に苦しんでいる方の多くが、

多方面でその記録を残しています。

 

 

以前お伝えしたとおり、

はしくれの競馬は

「競馬を一生続けるための競馬」

です。

 

競馬の高みを目指し、競馬の楽しみを知り、競馬を探求する。

利益を追い求めて行く中で、

自身と向き合いながら予想に取り組む事が大切です。

 

予想印の数を決めるという事は、

競馬のスタイルを決めるという事です。

皆さんはどんなふうに、競馬と付き合って行きたいですか?

 

このコラムをきっかけに、

皆さんが予想印の数を見直し

少しでも、馬券の収支改善を果たして下されば幸いです。





2017目黒記念結果・優勝馬に乗っていたのは・・・




こんにちは、はしくれです。

今日は昨日の最終レースに開催された、

GⅡ目黒記念の結果についてお伝えしたいと思います。

 

ダービーでは涙を呑んだはしくれですが、

一矢報いることができたのでしょうか?

それでは早速、はしくれの予想から復習して参りましょう。

 

<2017 目黒記念予想 印&買い目>

◎ハッピーモーメント(重馬場OK、スロー歓迎の先行馬)

○ヴォルシェーブ(東京3-1-1-0のコース巧者)

▲クリプトグラム(前年は宝塚記念馬、マリアライトを破って優勝)

買い目・・・◎単複(応援馬券)各100円、馬連ボックス◎~▲各100円、ワイド◎ー▲100円。計600円。

 

ダービーでは馬場状態を読み切れていただけに、

展開が気になるところでしたが・・・

結果はこちらです。

 

<2017 目黒記念 全着順>

 

・・・・・・やりました、はしくれ、的中です!!

週の半ばでは当コラムにて、

「複勝の重要性」を語ったばかりでしたが、

なんとか本命の13番人気、

◎ハッピーモーメントが3着に粘り切ってくれました。

 

ダービーでも馬場が読めていただけに、

展開さえ上手く読めれば・・・と悔しい思いをしていましたが、

今回はドンピシャの展開ではまってくれました。

 

それではその目黒記念の復習と参りましょう。

 

まずは、レースの展開ですが、

予想したとおりにメイショウカドマツがハナを切って逃げました。

後続を10馬身程離す大逃げで、

これも予想通りの展開となりましたね。

 

高速馬場で2番手以下はミドル~スローでしたから、

先行馬には程よいペースで逃げてくれたと思います。

正直、4コーナーを回ったところで、

勝てるかも・・・?とドキドキしました。

 

 

これはゴール手前150m地点の画像です。

9番ハッピーモーメントが先頭を切って走っています。

はしくれも目一杯応援しましたが、

ここから最後は外を通った2頭に交わされてしまいます。

それが、○ヴォルシェーブと

勝ち馬フェイムゲームです。

 

必死に応援していたはしくれ、

正直ハッピーモーメントばかり見ていたのですが、

ゴールを過ぎて冷静になると、すぐある事に気がつきました。

それは・・・

 

あれ?・・・勝ったのってもしかして、またルメール騎手・・・・・・??(汗)

 

と。

 

そうです、勝ったのは

先ほど日本ダービーを勝ったばかりの、

あのルメール騎手ではありませんか!!

 

 

うそでしょ・・・???

 

はしくれは震えました。

なんと、ダービーDAYの重賞を二つとも、

ルメール騎手が攫って行ってしまったのです。

それも今度は8番人気。

いったいこの人、どうなってるんだろう?

と、はしくれは震撼しました。

 

今までも馬場状態を読めている騎手が、

その日何勝もするのを見た事がありますが、

まさかダービーDAYに両重賞を攫って行くとは・・・

勝ち運とかそんなんじゃなくて、

単純にルメール騎手の手腕には驚かされます。

 

この日はルメール騎手のファンにとって、

忘れられない一日となった事でしょう。

おめでとうございます!!

 

はしくれもオークスではお世話になりましたが、

これほどまでに凄いとは・・・

今週も気になりますね。

 

 

それから今回の反省点ですが、

これは買い目に有ります。

◎ハッピーモーメントが穴馬だったので、

馬連ボックスはワイドボックスにすべきでしたね。

ちょっと欲を出しすぎました。

 

その上で◎ー○を馬連で狙う

というのが上策だったと思います。

敢えて高めの◎ー▲を、

印の順列を無視して買ったのは頂けません。

これは2着に頑張ってくれたヴォルシェーブに、

申し訳ない気持ちです。

次は修正します、ごめんなさい。

 

それでは最後に払戻金をお伝えしましょう。

 

<2017 目黒記念 払戻金>

 

ハッピーモーメントの複勝が、

ばっちり890円ついてくれました。

今回はきっちりプラスですね。

 

ところで、

皆さんのダービーDAYはいかがでしたか?

はしくれは存分に楽しむことが出来ました。

幸い、目黒記念でも、ハッピーな気分を味わえましたし・・・。

 

東京競馬場の春のGⅠ開催も次で最後、

今週はマイル王決定戦

GⅠ安田記念が開催されます。

果たしてルメール騎手のGⅠ4連勝はなるでしょうか?

予想をするのが今から楽しみです。

 

それでは、今回はこの辺で。

ご精読下さいまして、誠にありがとうございました。





2017日本ダービー結果・優勝馬は・・・!

 

こんにちは、はしくれです。

今日は好天に恵まれて、

第84回日本ダービーが東京競馬場で開催されました。

 

予想した通りの外目有利の馬場状態で、

はしくれの期待も高まりましたが、

果たしてその結果は・・・?

 

それではまず、はしくれの予想からご覧頂きましょう。

 

<2017 日本ダービー予想 印&買い目>

◎アドミラブル(青葉賞レコード勝ち。大外枠が追い風に。ディープインパクト産駒)

○サトノアーサー(上がり32秒台を持つ末脚が脅威的。こちらもディープインパクト産駒)

▲アルアイン(皐月賞レコード勝ち。良馬場では無敗のディープインパクト産駒)

買い目・・・◎単勝200円、馬連&ワイド流し◎ー○▲各100円、計600円。

 

それでは早速、結果をご覧頂きましょう。

栄光のダービー馬に輝いたのは・・・!!

 

<2017 日本ダービー 全着順>

 

なんと、2週連続の藤沢和雄調教師の管理馬、

レイデオロでした!

はしくれ・・・完敗です(><)

予想を参考にしてくださった皆さん、誠に申し訳ございませんでした!!

 

日本ダービーというサラブレッドの檜舞台で、

馬券が的中できなかった事は非常に残念です・・・。

アドミラブルも良く頑張ってくれましたが、

3着が精一杯でした。

残念極まりない一戦ですが、

今回もこれにめげずに復習をして参りましょう。

 

 

まずは勝者のレイデオロですが・・・。

東スポの館林記者の仰るとおり、

自在性を発揮しての優勝となりました。

 

この馬の操縦性の高さには脱帽のはしくれですが、

それより更に神がかっていたのは、

ルメール騎手の騎乗です。

 

逃げ馬クリンチャーが控えた事もあって、

今日のダービーは1000m通過1分3秒を上回る超スローペースに。

各馬それが分かっていても、末脚温存で動けない中、

人気馬でありながら、

果敢に向う正面でポジションを押し上げにかかったルメール騎手とレイデオロ。

 

「気分良く走っていた」

というレイデオロの手応えを信じて、

ルメール騎手が押し上げにかかって唯一頭先団へ取り付くと、

直線では早めに抜け出して後続を完封。

上がりも33秒8とギアチェンジも成功させて

見事に日本ダービー優勝をもぎ取りました。

 

 

赤丸は3着に入線したはしくれの本命・アドミラブルですが、

如何に外が有利な馬場でも、

後方からの一気はさすがにこのスローペースでは厳しかったと思います。

正直馬場は読めていても、

はしくれには、

ここまでのスロー展開は読み切れていませんでした。

 

それでもアドミラブルは上がり最速の33秒3。

その走りは同馬の持つ素晴らしい能力を、

存分に発揮してくれた結果だったと思います。

 

ルメール騎手はこれでGⅠを3連勝。

今の東京の芝状態を一番把握している騎手と言って良いでしょう。

それにしても、同騎手の心臓の強さには驚かされます。

 

日本ダービーという大舞台で果敢に動いていき、

しかも上がり33秒台を計時した事の無かったレイデオロのギアを入れ、

直線ではスタンドの声援を心地よく受け止めながら

末脚を温存していた各馬を防ぎきってのゴール。

 

これは一言で言うなら・・・「神騎乗」と言って良いでしょう。

 

 

「来週ももうひとつGⅠがあります」

と最後に発言したルメール騎手。

安田記念でも同騎手の判断は、

他の騎手の脅威になりそうです。

 

それでは、ここで日本ダービーの払戻金をお伝え致します。

 

<2017 日本ダービー 払戻金>

 

今回のダービーの1~3着馬は、東京競馬場で勝利経験が有る

という、共通点もありました。

この点、はしくれの○サトノアーサーと、

▲アルアインには厳しかったかと思います。

 

そしてこれからの中央競馬は、

また来年のダービーを目指した戦いが始まります。

はしくれも来年に向けて、

日々研鑽を積んでいきますので

これからもどうぞ末永くお付き合い下さいますよう、

皆様によろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたレイデオロの関係者の方々、

及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。

また、悲願の日本ダービー制覇を達成された藤沢厩舎の方々、

大変おめでとうございました。素晴らしい感動をありがとうございました。