本命選びを徹底する!

 

こんにちは、はしくれです。

皆さんは、競馬予想というものを

どのようにお考えですか。

 

儲けの手段でしょうか、それとも、暇つぶし・・・?

競馬予想という言葉は良く使われる言葉ですが、

その言葉の正確な意味は、この言葉からは汲み取れません。

 

収支改善に役立つコラム

が当ブログの使命ですから、

ここではこの曖昧な言葉を

勝ち馬予想

と言い換えてお話させて頂きます。

 

では、勝ち馬予想とは何でしょうか?

皆さんはお分かりですか。

 

そう、勝ち馬予想とはずばり、

「勝つ馬を予想する事」です。

 

なあんだ、そんな事当たり前じゃん

とお思いの方もいらっしゃると思いますが、

実はこれを徹底的にやっている人は少ない

というのがはしくれの実感です。

 

ここでもう一つ質問です、

では、馬券の正式名称はなんでしょう?

 

 

むむむ・・・なんだっけ?

とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

 

広く知れ渡っているこの「馬券」ですが、

これの正式名称は

「勝ち馬投票券」

と呼びます。

 

おお、そうだった。

いやいや、これくらいすぐ出てくるよ。

ふうん、知らなかった・・・。

 

様々な反応が窺えますが、

肝心なのは、ここでまた

「勝ち馬」という言葉が出てきた事です。

 

そこで、「勝ち馬の予想」とは何かと考えたとき、

具体的に何を指しているのかと言えば、

1着に入る馬

単勝が取れる馬

を予想する事であると分かります。

 

つまり、勝ち馬予想というのは

1着馬を予想する

事が基本中の基本なのです。

 

 

これは一見誰もがやっているようですが、

実は多くの予想家が、この事実を忘れています。

 

ですので、ここではしくれが声を大にして言いたいのは、

競馬新聞や競馬界の常識にとらわれて

競馬の本来の目的を忘れてはいけない

という事です。

 

皆さんもご存知かと思いますが、

競馬新聞には

「多くの印が多くの馬についている」

のが常識になっています。

 

これは、三連単など難度の高い馬券

が発売される前から既にあった風習です。

 

印の意味は

◎本命・・・1着に来ると思う馬・もしくは1番手の馬。

○対抗・・・本命を負かす可能性の有る馬・もしくは2番手の馬。

▲単穴(たんあな)・・・1着に入る可能性を持った穴馬・もしくは3番手の馬。

△連下(れんか)・・・1着は無理でも、2着なら来そうな馬・もしくは4番手以下の馬。

 

ですが、

ご覧の通り、

「勝ち馬の予想」と言えるのは

基本的には▲までと分かります。

 

それなのに、何頭も何頭も印を付け、買い目も沢山になる新聞。

それは果たして有意義でしょうか?

 

もし、天気予報士が

「明日は雨。そして曇りです。晴れて日差しが強く、雪が降るでしょう。

竜巻と雷と虹が出て、ひょうに注意が必要です」

なんて言ったら、何が何やら分かりません。

 

沢山の印を付ける予想というのは

実際はしくれには、こんな風に見えます。

それに、結局沢山の印をつけるという事は

はっきり言って選び切れていないのです。

 

こういう予想をしていては、

例え的中を得られたとしても、

買った分に配当が全く及ばなかったり、

一度に多くの金額を失う危険にさらされます。

 

つまり、

実際の馬券の的中や、

勝利からはどんどん遠ざかってしまう

という事です。

 

なのに殆どの新聞は、平気でこれをやります。

印は多いし、買い目も多い。

△の他にもまた△、果ては☆だの「注」だのと、やりたい放題です。

 

これで△注○で的中!なんて言われても、

正直意味が分かりません。

 

ですから、収支を改善していく上で、まず大切にして欲しい事は

本命馬を全力で選び抜く事

に有ります。

選び抜いた本命馬で、勝負を賭けるのです。

この方が予想の上達は格段に早いですし、

負けても復習が容易になります。

 

 

まとめると、

まずは本命馬選びを徹底する。

競馬予想とは、勝ち馬を予想する事である。

馬券を買うという事は、勝ち馬に投票するという事である。

という事です。

 

買い目にしても、

最初から三連単を買う、などと決めつける必要はありません。

選び切れた本命の質に応じて、馬券を選択していけば良いだけです。

具体的には、

1番手は間違いないけど3着以内なら・・・

と思うなら複勝にし、

これは自信がある、というなら単勝にするという具合です。

 

このように、

勝ち馬の予想には、順序があります。

まずは本命選びを徹底する。

それから初めて買い目です。

この姿勢を、大事にしてください。

 

そして、見事本命を選び抜いて

買い目も正確に選び抜き、

皆さんがレース後に的中馬券を手にしている事を

はしくれは切に願っています。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

競馬を一生続けるために

 

競馬をやめたい

競馬が分からない

何のために競馬をやっているのだろう

 

プロの競馬ライターであるはしくれにも、

何度もこういう葛藤の時期がありました。

競馬をやり続けていく中で、

競馬をやる事の意義や喜びは、

各人が自分で見つけるものです。

 

目標を失った状態で競馬をするのは、

無謀でしかありません。

もし今、競馬をやめたいと思っている方がご覧であれば

どうぞ躊躇無くおやめになって下さい。

競馬の他にもあなたの目を輝かせるものは、

必ずどこかにあります。

 

今回、こんな事をお話するのも、

表題の通り「競馬を一生続けるために」

はしくれが肝に銘じているいくつかのお話をしたいからです。

もし、あなたが競馬をやめたいと思っているなら、

全く無関係な話ですから、すぐさまページを閉じてください。

これは競馬を一生続けたい人に向けてするお話になります。

 

 

それでは競馬を本当に続けて行きたい、

という方に向けて、ここからは本気でお話していきたいと思います。

 

 

まず、皆さんに質問ですが、

競馬を一生続けていく気がありますか?

 

はしくれはYESです。

これは即答できなければなりません。

というのも、競馬は考えてやるようなものではないからです。

 

こういうと語弊があるかも知れませんが、

これは予想の事ではなくて、

競馬をやるかやらないかにおいてです。

 

競馬は、なんとなくやる、なんて

曖昧な精神で勝てるものではありません

 

現在のはしくれは、

馬券が買えるようになってから15年の歳月が経ちましたが、

馬券が買えずに応援していただけの未成年時代も含めると、

かれこれ競馬を見始めて、

早19年の歳月が経過している事になります。

 

競馬歴19年。

その中で戦ってきたレース数、およそ2万戦。

少なめに見てこの数字ですが、

未だに通算回収率は100%を超えてきません。

 

もちろん、はしくれは凡才ですから、

そうでない頭脳や特殊な才能をお持ちの方なら、

とっくに勝てているのかも知れません。

 

それでも凡才ながらに競馬をここまでやってきて、

今はっきりと言える事は、

回収率が100%を超えるのは非常に難しい事と、

競馬をやって当たり前という状況でなくては、

勝つ為に考えることも、

その為の算段も、

全て中途半端なまま、その気持ちが馬券に現れる

危険な状況に陥ってしまう、という事です。

 

ですから、最初に皆さんに質問させて頂きましたが、

 

本当に収支を改善させたいと思うなら

まずは競馬を一生やり続ける気が有るのかを、自分自身に問うて下さい。

それが済んでいないのならば、「競馬のいろは」も無意味です。

一生続けていく覚悟があればこそ、改善の道も本気になれます。

 

 

ところで皆さんは、馬券の収支を付けていますか?

もしまだやっていないという方は、是非そこから始めてください。

だって、勝っているか負けているかも分からない状況では、

収支をどう改善すべきかも分からないですから・・・。

 

また、使っている額が家計にどれだけ影響を及ぼしているかも、

きちんと計算しなくてはなりません。

はしくれは実際に家計簿に記録していますが、

馬券で外れたお金で何が買えたはずだとか、

そういう計算も何度もしてきました。

 

競馬に使うお金だけが家計と切り離されているなんて事、

庶民生活の範囲内では絶対にありません。

地に足の着いたお金でなければ、

勝ったとしてもまたなくなるのがオチでしょう。

 

とはいえ、かく言うはしくれも最初の頃は、

全く収支を付けていませんでした。

それは完全に遊びの域を出なかったからなのですが

やはりこの頃は競馬の知識も中途半端で、

ただ好き嫌いの問題のみが頭を支配していました。

 

この好き嫌いは競馬をやる上で非常に重要な要素ですが、

それだけでは競馬は当たるようにはなりません。

その事に意識が向いた時から、勝率が上がるようになりました。

そして勝率が上がった時、ふと思ったのです。

 

もっと本気で競馬に取り組んでいれば、

もっと負けずに済んだのに

と。

 

競馬からはしくれは、今まで沢山の事を学んできました。

勝つための考え方や、負けないための考え方、

お金というものの存在や、

競馬という存在そのものについて・・・。

 

皆さんは、競馬を一生続けていく気がありますか?

もしそうなら、勝ち逃げなんて死ぬまで出来ない事はお分かり頂けると思います。

ですから、勝ち続ける事が出来なくても

負けない競馬をしていく事ができなければなりません。

 

はしくれの競馬とは、そういう競馬です。

ギャンブルとも、投資とも形の違う競馬・・・。

「競馬を一生続けるための競馬」なんです。

 

ですから、これからも当ブログをお読み下さる皆さんには、

こういった観点ではしくれが実践してきた事を

事実に基づいて紹介している、

という事を念頭においてお読み下されば幸いです。

 

それでは今回のコラムの最後に、

はしくれの競馬観に最も近い言葉として

作家の寺山修司さんの残した言葉を紹介したいと思います。

 

「競馬が人生の比喩なのではない。人生が競馬の比喩なんだ」

 

今週のダービー、寺山さんならどの馬を選んだのでしょうか。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ

2017平安ステークス予想結果・ダートの新星誕生!

こんにちは、はしくれです。

今日は、20日の土曜日に京都競馬場で行われた、

GⅢ平安ステークスの結果を公開したいと思います。

 

実績馬グレンツェントの走りは?

はしくれの予想は如何に?

それでは、はしくれの予想と買い目をまずは見ていきましょう。

 

<2017 平安ステークス予想 印&買い目>

◎グレイトパール(先行、得意舞台、ハンデ有利)

○クリノスターオー(先行、得意舞台、ハンデ有利)

▲ケイティブレイブ(先行、ハンデ克服済み、好調)

△タガノエスプレッソ(末脚強烈、前走はスタートで後手)

買い目・・・◎~△ワイドボックス各100円で、計600円。

 

それでは、早速平安ステークスの結果を見ていきましょう。

 

<2017 平安ステークス 全着順>

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

本命のグレイトパールが見事に優勝を果たしてくれましたが、

ワイドのボックス買いだった為、馬券を外してしまいました。

このあたり、買い目の未熟さを露呈する結果となってしまいました・・・。

 

非常に残念な敗戦ですが、

泣き言ばかり言ってはいられません。

前に進む為にもここで、きっちりと復習していきましょう。

 

 

まず、グレイトパールですが、

これは素晴らしい走りでした。

中団追走から、前が崩れると見るや、

川田騎手がすかさずまくりの手に出て先団を追走、

次々に交わしにかかると、

最後は前を行くケイティブレイブをあっさり捉えて

後続を突き放しての余裕のゴール。

 

タイムも優秀で、

やはりこのコースで挙げてきた実績がモノを言ったなと思います。

オッズが2,5倍と比較的ついた為、

単勝馬券を上手く組み込めなかった事が非常に悔やまれます。

 

そして、2着のクリソライトですが、

これはまた猛然と外を回って追い込んできました。

この走りは△タガノエスプレッソに期待していたものでしたが、

選ぶ馬が違ったというか、

普段先行するクリソライトが最初から下げて競馬をするとは、

正直予想だにしない結果でした。

 

天才・武豊騎手の引き出しの多さ、

前が早くなるのを見越したポジショニングと、

その冷静な判断力には完全に脱帽です。

同騎手が騎乗した事をもう少し重視できたら良かったですね。

 

この点、休養明けの○クリノスターオーを狙っていった為に

同型乱立の中買い辛かったというのが本音ですが、

騎手の腕も素晴らしかったですし、

馬自体の仕上がりもかなり良かったので、

この結果は当然と言えます。

 

さてはて、最後は大穴を空けた3着マイネルバイカですが・・・。

これは正直、2度やっても買えないと思います。

調教でもあまり好調とは伝えられていませんでしたし、

最内枠に強い岩田騎手の腕もモノを言ったと思います。

復習としては、「買えない馬だった」これで良いと思います。

 

時々競馬では現時点での分析力では、

次に繋げられない事もあります。

肝心なのは、気持ちの切り替えです。

これは素直にマイネルバイカの好走を称え、

今後できる事に目を向けましょう。

 

 

そうなるとやはり、単勝を買わなかったのが問題ですね。

競馬の基本は単複にありますから、

このところを肝に銘じて、再度チャレンジしていきたいと思います。

 

▲のケイティブレイブは、良く頑張ってくれました。

58kgと大外枠という不利がありながらも、

最後の最後まで粘っての5着。

正直、直線では馬券的中かもと一瞬気が緩んでしまいましたが、

これが競馬の厳しさです。

枠がもう少し内目の時に、再度狙って行きたいと思います。

 

△タガノエスプレッソは、少しペースアップしそうなレースで狙えそうですし、

○クリノスターオーは、今回休養明けがモロに響いた感じでしたので、

次走以降に期待したいです。

 

以上、不的中残念でしたが、

ダート界に楽しみな逸材が誕生したレースでありました。

これからのダート中距離路線は、グレイトパールが大いに盛り上げてくれそうです。

昨年のアウォーディーのような活躍が期待されますね。

 

今回は、波乱の結果となりましたが、

買い目に問題がありました。

この点を修正して、次回に臨みたいと思います。

優勝したグレイトパールの関係者の方々、

及び馬券的中者の皆さまに、心よりお祝い申し上げます。

 

それでは、今回はこの辺で。失礼致します。





にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ